正義

果たして私は、

本当に正しいのだろうか。

もしかしたら、

間違っているのかもしれない。


貴方はどうですか?

確かに自分を信じる事が

出来なければ、

何も出来ないのかもしれない。


でも、現実を見る限り、

正義に正義があるとは思えない。

正義は時に人を傷付ける。

正義は時に命を奪う。


そして、私の手から、

正義がこぼれ落ち、

果て無き旅路への

扉が開かれる。


私はそのまま、

何かに導かれるように、

扉の向こうへと、

歩を進める。


私が向かう先に

答えはあるのだろうか。

もしかしたら、

間違えてしまったのかもしれない。


それでも私は、

進むしかないのだろう。

例え答えが無かろうとも、

探し続けなければならないのかもしれない。


Do You Have an Answer?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!