月が堕ちた夜

作者 青貴空羽

悲しくないよ。だってみんな同じだから

  • ★★★ Excellent!!!

命のある理由

考えたこともなかった

ただ息をする
ぼーっと何かを見つめる
自然と眠りに落ちる

当たり前の延長

それがぼくらが今ここにいる理由

何を為しても
全て意味などないのかもしれない

だからぼくらは考えることを
やめたがるんだね

そんな言葉が出てくる
心暖まる小説

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

平里 マアさんの他のおすすめレビュー 13