遠いミライと同じユメ

作者 雪野由沙

28

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

筆者の雪野由沙さんは絵も描く。
だからなのか、文章がどことなく絵を意識しているように見える。
綺麗な絵が好きな人はこの小説もおそらくは好きになれるだろう。

また、ストーリー中で解決しなければならない課題は、絵のようには綺麗にはいかないように見える。
私個人はこれを読みながら「私ならばどう対応する?」を考えながら読んだ。
そういった読み方をしても面白いかもしれない。

★★★ Excellent!!!

国が滅びる夢を見るブリュエットと、未来から恋人の死を阻止しに来たオスラルが、協力して国の滅亡と恋人の死を防ごうと奮闘するファンタジー作品。予知夢と時間逆行という超常めいた現象によって未来を知る二人が、どうその未来の運命を変えるかに注目される。
癖が少なく読みやすさを感じると共に、キャラクターを活き活きと表現しているのが特徴の文章で、感情移入や共感をしやすい文体であると思われる。台詞にも個性があって、それぞれの性格を読者へ容易に想像させてくれている。
王道的とはいえないが、それゆえに少し変わったファンタジー作品を読みたい人には薦めたい作品だと思う。果たしてどんな結末を迎えるのか、作者の腕に是非期待して欲しいところである。