ペナルティ・メイカー ~機巧魔術捜査官~

作者 ひざのうらはやお

フォロー 1話目から読む

機巧の中で廻り続けているうちに狂ってしまった歯車たちの物語 ひざのうらはやお

とある時代、とある大陸の覇権を握っていたギルハンス帝国は、木や鉄などの材料を加工し組み合わせた機械技術と、生きとし生けるものすべてに宿る力を利用した魔力技術を組み合わせ、「機巧魔術」を発展させていた。機巧魔術は文明を発展させる一方で、邪な者たちの力をも増長させる。帝国は、各地で機巧魔術による犯罪が増加していることを受け、「機巧魔術捜査課」を設立し、「機巧魔術捜査官」を誕生させた。この物語は、彼らの記録の一部である。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

ペナルティ・メイカー ~機巧魔術捜査官~

@hizanourahayao
執筆状況
連載中
エピソード
5話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
セルフレイティング
残酷描写有り
タグ
ファンタジー 機械
総文字数
28,426文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
1

アクセス数