第37話 反撃の準備

 酒場のメシは異世界風だった。

 俺達の世界でもあるような鶏肉やパンの他に、虫の丸焼きやスライムの刺身なんてものもある。このゲームのプレイヤーにはわりと人気があるようで、普段から異世界に足を運ばない作家が美味そうに食べている。

 俺は甘い物が食べたかったので、パフェを注文し、二杯食ったところで胸焼けがした。そういう身体の防衛機構もちゃんと働くようだ。さすが脳。


「せんせー。これからどうするの?」

「決まってる。ナミオカさんに一発カマしてやる。俺達を見下して、作家をモノのように扱った報いを受けさせてやる」


 俺は拳を握って宣言する。


「……嫌なら参加しなくていいぞ、JK。お前は若いし、KADOKAWAにこれからも世話になるだろうから」

「ううん、あたしもせんせーと同じ気持ち。端から聞いてて、どう考えてもあのナミオカさんって人が悪いよ。そんな人に担当されたくないし」


 一般論の話である。

 誰だって性格の悪い人間と仕事なんかしたくない。

 好き嫌いの問題だ。


「でも、イザとなったらせんせーに脅されたって事にするから」

「……ああ、それでいいよ」

「あれ、ツッコミが入らない」

「いや、本当にそれでいい。お前はまだ先があるんだから、出版社に悪印象を持たれるような事はするな」

「やめてよせんせー……なんか、嫌だよ。自爆するみたい」

「ハハッ、俺も仕事は続けたいからな。業界と心中するつもりはねーよ」


 編集の失態をネットにでも暴露するか?

 そんなのは悪手だ。ネット住民が騒ぐだけで、誰も得をしない。


「ナミオカさんは『売り上げで勝負しろ』と言った。だから俺はそうする。金の匂いを嗅がせれば、あの女は喜んで尻尾を振るさ」

「そんな方法、あるの? ゲーム内で?」

「まーな」


 ただし正攻法とはいえない。

 確実にKADOKAWAに敵対する行為だ。

 仕事――なくならねーよな、マジで?


「アミューさんも無関係って事でいいよな?」

「んー、私、本当は取り締まる側なんだけどナ」


 困った顔のアミューさん。

 あれから彼女は普通にアバターに戻り、こうして俺と一緒に行動している。


「でもね、ナミオカさんが言ってた。もしもセンセーがふざけた事をしたら、私に――」

「な、なんだ? アミューさんをクビにするっていうのか?」


 人質ってわけかよ。

 ゲーム部門の責任者だからって、やっていい事と悪い事があるだろ!

 こんな優秀なガイドを――


「センセーのデビュー時代の恥ずかしい話を聞かせるッテ」

「ナミオカーーーーーーーッッ!!」


 あの女、どこまで外道なんだ。

 やっていい事と悪い事があるだろ!

 そりゃ俺の反逆のせいで、有能ガイドをクビにする利点なんかないわ!


「くそっ、あの女絶対に許さねぇ! 必ず吠え面かかせてやる!」

「それはいいんだけどさ~。具体的にどうすんのさ」


 尋ねたのは俺の正面でステーキを食っているヌルハチ。

 太らないのをいい事に、奴の周囲には皿がうず高く積まれている。


「ヌルハチ。アバラヤマ。お前らが国を作った理由が少し分かったわ。お前ら――みんなをナミオカさんから守ってたんだな」

「ふん、守っていた自覚はない。ただ、危機を伝える事はしたがな」


 眼鏡を押さえるアバラヤマ。大食いのヌルハチとは違い、彼はコーヒーしか飲んでいない。神経質そうな顔をしているが、あれで照れているんだ。


「俺の国に来るのは、ロートル作家が多い。時代についていけず、編集から見捨てられた作家ばかりだ。そんな奴らが必死に考えたストーリーを流用されていると知った時、自衛の手段が必要だと感じた」

「俺も同じだよ~。若手の作家がいっぱい搾取されててさ~。だから最近の編集はクソなんだよ。もう編集者なんていらなくね~?」


 ヌルハチも頷く。

 アバラヤマは古い作家を、ヌルハチは新しい作家を守っていたのだ。

 自分達の手で、自分達だけの小説を書かせるために。

 作家のオリジナリティを守ろうとしていたんだ。


「ま、クソ編集よりもクソ作家の割合の方が多いんだけどな。どんな業界にも悪い奴はいるさ。ヌルハチ、お前も人の事が言えるか? ツイッターで『旧来の書き方が忘れられず、ネット小説やらない作家はクソだ』とか書いて炎上してたろ」

「本当の事書いて何が悪いんだよ~? 別に俺、炎上なんて怖くないし~」


 なんて強がってるが、そう言う奴に限ってビビッてんだよな。

 それも芸風のひとつ、か。


「ふん、ちょっと売れたくらいでそのやり方が正義だと信じる愚か者め」

「なんだとアバラヤマ~。お前なんか二〇一〇年くらいで時が止まってんだろ~」

「俺の時が二〇一〇年で止まっているのだとしたら、お前は二〇一七年で止まっているだけだ。その先の変化についていけず、またツイッターで泣き言を言う生活に戻るさ」

「ツイッターツイッターって、うるさいな~! このゲーム内じゃツイッターなんてないんだから、いいだろ~!」

「あー、お前ら。ケンカはやめろ」


 掴みかかりそうになる二大クランのボスを止める。

 いい大人がみっともない。

 まぁ、ラノベ作家がいい大人になれるわけがないんだが。


「お前らには仲良くしてもらわないと困るんだ」


 俺がそう言うと、二人はケンカを止めて俺を見る。


「……俺達が仲良く~? それがお前の作戦~?」

「ああ。ま、別にケンカしててもいいぜ。代わりはいくらでもいる。もろちんお前らの国の連中にも話はするがな。ロックさんとかノリノリでやってくれるぜ」

「なんだと~?」

「聞き捨てならないな。話せ」


 二人が俺に注目する。

 話を聞いてくれる気になったところで、俺は作戦を説明した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます