第33話 誰

「誰が……プロットを書いたか……?」


 俺の言葉に、JKとアルチュールとアミューさんがハッとなる。

 対してヌルハチとアバラヤマは苦々しい顔をしている。


「ちょっと待ってよ、このプロットって編集さんが書いたんじゃないの?」

「JKはそう思うか?」

「……そういう事って、よくあるんじゃないの? あたしはこの業界よく知らないから分からないけど」

「まぁ、ない話じゃない」


 編集者がマンガ原作をするケースはよくある。

 さっきJKに言ったように、作家と一緒にネタ出しをするケースもある。

 そしてプロットを書いて渡すケースも、ある。


「というか、近いケースならあった。編集が用意したプロットの通りに書けってな。もちろんブチキレて突っぱねたけどよ」

「あー、それ俺もあったわ~……」


 ヌルハチも同意してくれる。


「そーゆーのがイヤだったから、ネット小説の世界に飛び込んだのさ。こっちは編集なんて必要ない、全部自分でできるから楽しいんだよ」

「……だからクオリティが下がるんだ、この下手クソめ」


 アバラヤマは反論する。


「編集者は作家と二人三脚する立場だ。時としてシナリオを考える事もある。だが自分で用意した話を押しつけるような編集はクソだ。そんな事は誰だって分かる。そんな一部の例を取り上げて、何がしたいんだ」

「まぁ待てよアバラヤマ。話は終わってない」


 俺はプロットの紙片を叩く。

 そう、編集が書いたプロットというなら、まだ納得はできるんだ。


「仮にこいつが編集が書いたものだとして――なぁお前ら。このクエストって今まで何回開催されたんだ?」

「っ!?」


 全員が驚愕する。

 そう、今まで複数回行われたクエスト。

 クエストの報酬が眠っているダンジョンも複数ある。

 その報酬が全てプロットだったとして、全てを編集者が書いてるのか?


「編集者ってのは、文字通り編集をする仕事だ。原稿を本にするために様々な仕事をしてくれている。その忙しさたるや作家の比じゃない」


 俺も苦労をかけている自覚はある。

 思い通りにいかない事を、思い通りにいくように色々なものをねじ曲げてもらった。

 腹は立つが、感謝もしている。


「仕事をしない作家などごまんといるが、仕事をしない編集者などすぐにクビだ。そんな忙しい編集者が、これだけたくさんのプロットを書けるわけがない」

「じゃあ、せんせーは誰が書いたって言いたいの?」

「誰かが書いたんだよ」

「……なにそれ?」

「書ける誰か――それはプロアマ問わず、誰でもいい。そのへんから拾ってきたスクラップを、使えるように修理した……そんなところだろう」

「スクラップって……」


 俺が言葉を続けようとした時だった。


「ホイ?」


 アミューさんが虚空を見て、なにか喋っている。


「え? あー、あー、イイヨ! ちょっと待って……ホイ、これで……」

「おいアミューさん、どうしたんだ?」

「んーとね、お話があるんだッテ」

「話? 誰が?」


 俺が尋ねるやいなや、アミューさんが急に倒れた。


「アミューさん!?」


 かと思うと、いきなりその場に座り込む。

 そうして俺を見ると――


「――おう」


いきなりガラが悪くなった。

 眉間に皺を寄せてガンを飛ばすそのツラは、どう見てもヤクザだ。


「……アミューさん?」

「ちげーよ、俺だよ、アリマだ」

「アリマさん!?」


 俺の担当編集ではないか。

 なんでアミューさんの身体で喋ってるんだよ。


「急いで伝えたい事があってな。アミューさんの端末を借りたんだ」

「……ああ、そういう事スか」


 なんでよりによってアミューさんを……。

 いや、それだけ切羽詰まっていたのだろう。大至急伝えたかったのだ。

 それにしたって、もうちょいマシな手段があったんじゃねぇのか!


「単刀直入に言うぜ。KADOKAWAはこの事を知らねぇ」

「……はぁ?」


 何言ってんだ、このヤクザは。

 KADOKAWAが作ったんだろ、このゲームは。


「お前らが作ったゲームだろ! イベント管理してんのもお前らじゃねーのか!?」

「“お前ら”って簡単に括るなよ。KADOKAWAが何人抱えてると思ってんだ。このゲームがテスト運用って事を忘れんなよ? 一部の開発者が実験的に運営してんだよ」

「じゃあ、テメーはその一部の開発者じゃねーのか? 俺に勧めたのもテメーだろうが!」

「……ああ、そうだ。勧めたのは俺だ。だけど信じてくれ、俺はプロットを巻き上げて他の作家に渡すような真似は……」

「巻き上げたぁ!?」


 今なんつった、このヤクザは。

 俺達がアミューさん――の姿をしたアリマに近づくと、彼は肩を落としてこう言った。


「俺じゃねぇんだ、マジで……俺は違うんだ。一部の編集の暴走を、社全体の悪口みてーに言わないでくれるか」

「てことは――やっぱりいるんだな」

「ああ」


 アリマは頷いた。


「ボツにしたプロットを奪い、横流しする編集がいる――いや、正確にはんだ」

「マジかよ」

「そいつは話題作りのためならなんでもやるヤツだった。作家の使い捨てなんて当然、名のあるライターに書かせるために汚い手を使ったり、逆に気に入らない作家を陥れるために噂をでっちあげたり――」

「そんな編集がいるのかよ」

んだよ。バレて速攻でクビになったんだ」

「じゃあ、KADOKAWAのゲームとは関係ないじゃねーか」

「俺もそう思ってたんだがなぁ……」


 アリマは頭を掻いて虚空を見る。


「どうもそいつの手口に似てんだわ。短い間だったとはいえ、同僚だ。そいつがどういう方法で原稿を手に入れるのか、なんとなくパターンが分かっちまう」


 作家の文章に癖があるように、編集のやり方にもそういうものがあるのだろう。

 だが、その編集がいないとなると、いったい――


「だから忠告しに来たんだ。そいつの言葉には乗るな。そのプロットも捨てろ。そんでもって、俺が――ぐ――――-っ――――」

「アリマさん?」

「――――――――ぉ――――」

「アリマさん!!」


 苦悶の表情を見せた直後、アリマ――アミューさんのアバターが動かなくなる。

 倒れたわけでも、消えたわけでもない。

 直立不動のまま、何もない空間をまっすぐ見ているだけ。

 明らかに誰も操作していないような、からっぽの状態。

 一体、どうなっちまったんだ……?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます