第12話 シュマール王国


 巨大な城壁の向こう側は、やはり巨大な城壁だった。

 四方を壁に囲まれているので、中に入ればどこからでも壁が見える。

 さしずめ、山に囲まれた盆地のようだ。


「おー……ここが……」


 噂の巨大クランの王国。

 あまり奇抜な感想が出てこない。

 トンネルを抜けると雪国みたいな急激な変化でもあれば別だが、草原から農地に変わったところで「おー」以外の言葉なんて出てくるわけがない。


「まずは王城に参りましょう。歓迎してくれるはずです」

「アルチュールさん、ここから城までは遠いのか?」

「いえ、すぐですよ。ほら、あそこに見えるでしょう?」


 目を凝らして前を見ると、あー、確かに小さな城っぽい建物がある。

 その周囲に城下町があって……ん、なんだあれ?

 町の近くに、豆腐みたいな白くて四角い建物がある。

 城と同じくらい大きな建物だ。


「あの白い建物は?」

「あそこは居住区です」

「居住区って、あの町じゃないの?」

「町はNPCが住んでいます。プレイヤーの方はあちらのアパートで暮らしております。なんでも、狭い方が過ごしやすいと……」

「あー、なるほど……」


 一人暮らしならワンルームあれば事足りるからな。

 逆に異世界、というか中世の暮らしが窮屈に感じる人も多いだろう。

 俺もマンション暮らしだからよく分かる。


「そういえばアミューさんは日本の暮らしは慣れたのか?」

「ウン! 狭い部屋でも平気だヨ! 分からない事はセンセーとJKが教えてくれるシ、コッチのマナーも、だいぶ分かってきたヨ!」

「アミューさんの適応力ってすごいよな……パソコンとかも使ってるし」

「ガイドだからネ! どこでも暮らせるようにならないとネ!」


 異世界の住人だったアミューさんは、今はこちらの世界で異世界ガイドをしている。ひいては二つの世界の架け橋になればいいと考えているが、あまり利用されすぎるのも考えものだ。

 まぁ、俺だけじゃなく編集部でも全力で守ってるから平気か。

 アミューさん、編集部からすごく人気あるんだよな。外見や性格だけじゃなく、仕事に対する評価もあるんだよな。


「あたしも一人暮らししようかなー」


 そんな事を呟くJK。


「一人暮らしは一度経験しとくといいぞ。親のありがたみが分かる」

「それ、よく言われる。けど、親のありがたみはもう分かってるよ」

「おう、二度と迷惑かけんなよ」


 一度転生した経験のあるJK。

 あの後、親に泣かれて反省したらしい。

 いくら面白い作品を書くためとはいえ、家族に迷惑をかけちゃいかん。

 ……とは言うものの。


「このゲームに閉じ込められた作家の大半は家族いるんだよな」

「会社にいっぱい抗議きてるヨ」

「大丈夫なのかKADOKAWA? 訴えられないだろうな? むしろ訴えられちまえよ」

「このゲームやる前に、誓約書にサインしたでショ?」

「あー、あれか!」


 長ったらしい契約条項を読み飛ばしてサインした記憶がある。

 ゲーム前の契約なんてほとんど確認しないぞアレ。

 だからこそ騙されたわけだが。

 出版契約とゲームの契約はちゃんと目を通そう!


「ですが王国に住むプレイヤーの方々は幸せそうですよ。少なくとも皆さん、意欲的な活動をしておられます」

「まぁ、そうだろうな。言ってみれば作家の互助会みたいなもんだし」


 執筆に限らず、集団の中にいれば仕事の能率は上がる。

 互いが互いを監視することによって、心理的な缶詰を作るのだ。

 もちろん全員のモチベーションが高くないと成り立たないが、俺達は他は不真面目でも執筆だけは真面目にやるんだ。


「クランっつーか、作家の集まりだよな」


 呟く俺だが、そんな事は分かりきっている。

 問題は「どういう集まりか」だ。


                     ※


「ようこそ先生! よくいらっしゃいました!」


 シュマール王国の城下町から城にまっすぐ行く。

 そこで若い集団に囲まれた。

 彼らの中には、先ほどキメラを倒した奴もいる。


「あ……どうも」


  頭を掻いて会釈するが、なんか変な気分だ。

 普段は同年代か少し若い作家と遊ぶ事が多いが、ここまで若いと気後れしてしまう。

 もちろん若くない奴もいる。俺より年上の人もいる。

 けど、全員よく知らない。


「俺、先生の作品読んでました! 小学生の頃!」

「しょ……! そうかー、そういう世代かー」


 そう言う彼は二十歳くらいだろうか。

 なんというか、若いなぁ……。


「なぁJK、俺、若者に対する耐性が弱くなってきてんのかな……」

「なんでそれを最年少のあたしに言うんだよ……」

「あ、あなたアレだ! 女子高生ラノべ作家! ネットでニュースになってましたよ! 俺、デビュー作買いました!」

「俺も俺も! 面白かったです! 若いのにすごいですね!」


 JKの姿を見た若手作家達が盛り上がる。

 しかし、若者といえどあまり馴れ馴れしい態度はとらないようだ。


「あ、どうも……」


 褒められるのに慣れていないJKは顔を赤くして目を背ける。

 初々しい態度だが、それがいつまで続くやら。


「あ、あの、あとでお二人のサインもらってもいいですか!?」

「え、ええっと」

「あ、ズルい! 俺もサイン欲しいのに!」

「すいません、なんかずうずうしくて!」


 楽しそうに笑う若手作家たち。

 なんだよ、イイ奴らじゃねーか。

 二大クランっていうから、てっきり荒くれ共がヒャッハーしてる集団だとばかり思ってたぜ。話してみれば、ただの若者だ。

 けど―—


「そうだ先生、ウチのリーダーが先生に会いたがってましたよ!」

「俺に?」

「リーダーも先生の大ファンなんだそうです」

「その人も作家なんだよな?」

「はい、ご存知ですか? サンダー・ウクレレって作家さんですけど」

「ウクレレ……? 知り合いにはいないな」

「『異世界でジェットコースター作ったらウハウハザブーン』って小説が有名ですけど」

「あ、それ読んだわ! 面白かった!」


 今流行りの異世界もので、しかし昔のラノべの表現方法も取り入れており、なかなか話に緩急があって読ませる作品だった。熟練の技を感じる。

 その作者が俺のファンなのか。


「よし、会いに行ってみるよ」


 若者達にひとまず別れを告げ、俺達は城を進む。

 といっても、門からまっすぐ歩けば謁見の間だ。

 そこにこの王国のリーダーがいるらしいが……。


「ようこそ、我が王国へ!」


 その男は謁見の間の最奥、玉座に座っていた。

 ジャケットにズボンという現代風の服装。

 大柄な身体を起こし、こちらに歩いてくる。

 自身に満ち溢れた表情は、顔全体が光っているかのよう。


「久しぶりだな!」


 確かに久しぶりだった。

 ウクレレとかいう知らない作者がここのリーダーのはずだったのに。


「せんせー、知り合い?」

「まぁな」


 俺は巨漢の前に立ち、小さく息を吐く。


「ヌルハチ。おめーこんなところで何やってんだコラ」

「その名前で呼ぶな。今はサンダー・ウクレレだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます