蒼き太陽の詩

作者 SHASHA

小説の累計PV数

54,876 PV

エピソードごとの累計PV数

第1話 王都陥落の日――地下道にて 50 1,479 PV
第2話 王都陥落の日――街角にて 37 786 PV
第3話 王都陥落の日――自宅にて 34 663 PV
第1話 帝国の狗の狗 33 839 PV
第2話 それは日輪に似た輝きの 27 604 PV
第3話 エスファーナは世界の半分 25 579 PV
第4話 宮殿の南東の庭には小さな家が建っていて 24 524 PV
第5話 十神剣がすぐに集合すると思ったら大間違い 24 513 PV
第6話 第二王子フェイフュー 25 498 PV
第7話 ユングヴィには話が難しすぎる 23 463 PV
第8話 こちらはこちらでいろいろあるのだ 22 489 PV
第9話 エスファーナの狭い裏路地で 1 20 436 PV
第10話 エスファーナの狭い裏路地で 2 20 420 PV
第11話 根性だけじゃどうにもならない 19 416 PV
第12話 属国になるということ 20 397 PV
第13話 史上最高の蒼き太陽伝説の始まり 24 427 PV
第14話 一触即発 18 407 PV
第15話 王になるための条件 20 435 PV
第1話 紫の剣が好みにうるさいという話 18 426 PV
第2話 アルヤの貴族は猫を飼う 18 366 PV
第3話 本を読む猫と金色の王子様の邂逅 21 315 PV
第4話 図書館での逢瀬 20 295 PV
第5話 酒姫《サーキイ》になった理由《わけ》 19 293 PV
第6話 酒姫《サーキイ》ってなあに? 19 262 PV
第7話 フェイフューがいつまでもおとなしいと思うなよ 18 274 PV
第8話 運命の日の裏側、宮殿の外にて 17 253 PV
第9話 ウマルおじさんと双子ちゃん 17 261 PV
第10話 旅立たされの日 15 239 PV
第11話 路地裏の英雄《ヒーロー》 16 243 PV
第12話 謎の戦乙女で神秘の女忍者? 16 253 PV
第13話 臣従の誓い 18 247 PV
第14話 紫の剣は太陽に彼の猫を連れてこさせる 22 254 PV
第15話 将軍が誕生する瞬間 17 247 PV
第16話 十神剣の愉快な仲間たち 20 299 PV
第1話 黒将軍サヴァシュ 18 366 PV
第2話 チュルカ人ってなあに? 17 326 PV
第3話 涙についてサヴァシュ先生のありがたいお言葉 17 305 PV
第4話 サヴァシュ先生の剣術の稽古 15 283 PV
第5話 ぶれない、折れない、ゆるぎない 16 302 PV
第6話 宮殿に赤い噴水が上がった 14 279 PV
第7話 戦士の魂 14 288 PV
第8話 女としての価値 15 354 PV
第9話 初花《はつはな》 15 359 PV
第10話 ちょっと仲良くなった 14 316 PV
第11話 サヴァシュVSユングヴィ 13 305 PV
第12話 最強の戦士VS最強の剣士 15 306 PV
第13話 アルヤ紳士による評価 15 303 PV
第14話 私が十二の時 19 317 PV
第15話 男と男の約束 19 303 PV
第16話 総督ウマルの思い描いた未来 17 320 PV
第1話 桜将軍の掟 15 327 PV
第2話 日々失われていくエルナーズの栄光 16 278 PV
第3話 バカの定義 16 247 PV
第4話 太陽が出れば影もできる 16 248 PV
第5話 焼け落ちる 15 218 PV
第6話 どこにも居場所なんてない 14 231 PV
第7話 美容と色恋と下ネタは心を元気にする薬 14 255 PV
第8話 作戦会議みたいな難しい話はちょっとね 15 237 PV
第9話 あんたもブス! 13 235 PV
第10話 違う文化を背負って生きるということ 14 265 PV
第11話 魔法の呪文 17 259 PV
第12話 戦う理由 17 232 PV
第13話 ラームテイン少年の推理 15 229 PV
第14話 赤軍兵士たちのお姫様 15 229 PV
第15話 かっこ悪いことはしたくない 15 231 PV
第16話 英雄《ヒーロー》は遅れてやってくる 18 285 PV
第17話 サータム帝国とアルヤ王国のはざま 17 237 PV
第1話 この世の楽園は風呂場にある 15 247 PV
第2話 甘いひととき 16 238 PV
第3話 事件発生 16 220 PV
第4話 詩人たちの政治 14 203 PV
第5話 フェイフューは大きくなりました 16 216 PV
第6話 髪を見るのはすけべなことだ 16 219 PV
第7話 ヤクプ族 16 205 PV
第8話 いいぞやれやれ! 17 195 PV
第9話 チュルカの戦士と白軍兵士 15 204 PV
第10話 手紙が来ない 14 193 PV
第11話 エスファーナで生きる 17 189 PV
第12話 神は彼らに慈悲を与えたまうか 16 190 PV
第13話 ソウェイルがいない 18 189 PV
第14話 白将軍のなす善 17 203 PV
第15話 優先順位 16 244 PV
第1話 俺に会えて嬉しいんだろ 13 283 PV
第2話 ここにいて、私に触って 17 265 PV
第3話 なんだかんだ言ってお前もいい奴なんだな 16 236 PV
第4話 ベルカナ姐さんのお説教 17 237 PV
第5話 消えてしまいたい 14 235 PV
第6話 みんな優しくしてくれればいいのに 16 232 PV
第7話 サヴァシュはだいたいこんな感じの扱い 19 252 PV
第8話 寂しいだろ 15 243 PV
第9話 腐ってもお姫様 1 14 235 PV
第10話 腐ってもお姫様 2 15 244 PV
第11話 生きるために意地汚くなるということ 14 226 PV
第12話 ナーヒドは正しい 13 228 PV
第13話 少年兵への教育 1 12 203 PV
第14話 少年兵への教育 2 14 207 PV
第15話 ウルミーヤの会戦 1 12 200 PV
第16話 ウルミーヤの会戦 2 13 209 PV
第17話 ウルミーヤの会戦 3 13 187 PV
第18話 なんだかんだ言って元気です 13 198 PV
第19話 膝を屈する勇気 12 187 PV
第20話 祈りは届く? 14 181 PV
第21話 手紙を書こう 13 183 PV
第22話 戦場のド真ん中で接吻《キス》 14 196 PV
第23話 タウリス防衛戦 1 13 174 PV
第24話 タウリス防衛戦 2 13 177 PV
第25話 子供たちを守るため 13 204 PV
第26話 正義と信仰を守るため 14 198 PV
第27話 和平交渉 12 210 PV
第28話 そしてまた春が来た 12 242 PV
第29話 しかしこちらはまだ冬 14 246 PV
第1話 総督イブラヒムの善政 13 218 PV
第2話 忠臣たちの暗中模索 13 181 PV
第3話 エスファーナ大学西洋政治哲学研究室 14 166 PV
第4話 宮殿にこども部屋ができました 13 168 PV
第5話 ソウェイルにだって面白くないこともある 13 192 PV
第6話 新しい先生 14 156 PV
第7話 ユングヴィに何を教わるのか 13 159 PV
第8話 フェイフューにとっては屈辱である 13 167 PV
第9話 初めての買い食い 15 166 PV
第10話 眠っていた記憶 14 156 PV
第11話 だいじょうぶ、だいじょうぶ 13 163 PV
第12話 幼かった頃を思い出して 13 167 PV
第13話 失望しました 11 165 PV
第14話 もうここにはいられない 12 174 PV
第15話 強い国、正しい国 12 187 PV
第1話 本を読む猫の主な生息地 13 172 PV
第2話 カノの観察眼 12 147 PV
第3話 空将軍エルナーズ 13 141 PV
第4話 友達はいいな 14 143 PV
第5話 本を読む猫と古都の蝶は仲がいい? 13 140 PV
第6話 双子はまだ知らない 13 168 PV
第7話 成人式 1 13 144 PV
第8話 成人式 2 12 156 PV
第9話 成人式 3 15 164 PV
第10話 理屈と感情の交錯 14 169 PV
第11話 たおられた花のその後 13 183 PV
第12話 浪漫の夜の約束 1 12 146 PV
第13話 浪漫の夜の約束 2 14 153 PV
第14話 独立と対立の違い 14 168 PV
第15話 ぬかりなく 13 178 PV
第1話 あたしたち親友だよね 14 160 PV
第2話 花嫁養成所 13 157 PV
第3話 くるみ饅頭と蒼き太陽 1 13 150 PV
第4話 くるみ饅頭と蒼き太陽 2 13 146 PV
第5話 普通の女の子から見た王子様 13 146 PV
第6話 ユングヴィの本音 1 13 165 PV
第7話 ユングヴィの本音 2 14 167 PV
第8話 母親の責任 13 163 PV
第9話 気がつかないのは本人だけ 14 150 PV
第10話 蒼い髪の着せ替え人形 14 156 PV
第11話 女の子の学問、男の子の学問 14 158 PV
第12話 シャフラ姫の戦い 1 14 190 PV
第13話 シャフラ姫の戦い 2 13 181 PV
第14話 この狭い世界で 14 185 PV
第15話 憂国の娘 14 180 PV
第16話 黒髪の姫君VS日輪の御子 1 14 176 PV
第17話 黒髪の姫君VS日輪の御子 2 12 163 PV
第18話 黒髪の姫君VS日輪の御子 3 14 171 PV
第19話 おめめぱっちり、唇ふっくら 17 199 PV
第20話 すべてはフォルザーニー家の栄華のために 15 208 PV
第1話 グルガンジュ王国の滅亡 16 201 PV
第2話 アルヤ王国の酒 14 165 PV
第3話 歓迎の晩餐 15 145 PV
第4話 満天の星空の下 16 150 PV
第5話 公衆浴場のおっさんたち 16 151 PV
第6話 サヴァシュ将軍の家 16 180 PV
第7話 世界で唯一の恋女房 15 171 PV
第8話 お父ちゃん何とかして 17 170 PV
第9話 武器を持って戦うことの是非 1 15 192 PV
第10話 武器を持って戦うことの是非 2 15 163 PV
第11話 武器を持って戦うことの是非 3 16 159 PV
第12話 人付き合いの仕方に問題がある 17 155 PV
第13話 みんなで囲むお昼ご飯 15 162 PV
第14話 友達に、なってほしい 17 148 PV
第15話 兄弟であることの意味 17 181 PV
第16話 自尊心《プライド》を守る 15 163 PV
第17話 死んで失う名誉は子々孫々のもの 16 156 PV
第18話 うちにいたらいいじゃん 17 183 PV
第19話 夜明けに見える星 17 225 PV
第1話 また一緒に飲もう 17 164 PV
第2話 ナーヒドの本音 17 151 PV
第3話 会話はそこで終わった 17 147 PV
第4話 月の美しい夜なので 17 148 PV
第5話 サヴァシュに頼まれると断れない 17 161 PV
第6話 おんまさんぱっかぱっか 17 150 PV
第7話 三人で市場を歩く 17 154 PV
第8話 アルヤ人男性とチュルカ人女性 18 150 PV
第9話 嘘偽りのない真心 17 174 PV
第10話 一方オルティはまた苦難にぶち当たった 18 161 PV
第11話 後を継ぐ者 17 174 PV
第12話 王都は発情期です 17 162 PV
第13話 取り上げる 17 143 PV
第14話 あなたは堕落した 17 192 PV
第1話 地獄の始まり 16 194 PV
第2話 不幸な事故でした 16 169 PV
第3話 秋分の日 16 171 PV
第4話 関係の崩壊 16 193 PV
第5話 きれいな世界 14 160 PV
第6話 どんな女性がお好み? 15 155 PV
第7話 ショマール門外の変 15 165 PV
第8話 あなたの顔を見ることができてよかった 18 170 PV
第9話 日輪の御子と橙の女鹿 1 16 136 PV
第10話 日輪の御子と橙の女鹿 2 16 147 PV
第11話 治安の悪化 14 146 PV
第12話 フォルザーニー邸にて 17 147 PV
第13話 最後の会議 16 141 PV
第14話 運命の日の決定 15 166 PV
第15話 世界で一番愛しています 1 13 155 PV
第16話 世界で一番愛しています 2 14 174 PV
第17話 譲れるもの、譲れないもの 16 170 PV
第18話 雨が降り始めた 15 214 PV
第19話 悪夢 16 196 PV
第20話 本当のお母さん 16 181 PV
第21話 完璧な道のりの反動 15 183 PV
第22話 もう、頑張れなかった 14 196 PV
第23話 最後の命令 17 204 PV
第24話 僕の正解 15 180 PV
第25話 アルヤ王国の長い冬が始まった 16 281 PV
第1話 執政イブラヒムの善政 1 14 142 PV
第2話 執政イブラヒムの善政 2 15 163 PV
第3話 狂っている方が楽だ 13 146 PV
第4話 優越感と劣等感 14 153 PV
第5話 被害者ヅラしてんじゃないよ 13 144 PV
第6話 王女アナーヒタ 1 13 137 PV
第7話 王女アナーヒタ 2 12 110 PV
第8話 強くなれなかった二人の 14 123 PV
第9話 囁く声は同じなのに掻き抱く腕が違う 14 129 PV
第10話 享楽の宮殿 12 130 PV
第11話 この上なく哀れでございます 15 122 PV
第12話 加密列《カモミール》の魔女との取引 13 126 PV
第13話 絶対ゆるさないからな 12 131 PV
第1話 男児はこんな感じで育つ 13 176 PV
第2話 二人で遠くに行こう 12 126 PV
第3話 オルティはいつもこういう役回りになる 12 113 PV
第4話 息子は雨の日に帰ってきた 11 130 PV
第5話 みんな知らないうちに成長している 11 111 PV
第6話 反抗期がいとおしい 14 130 PV
第7話 生きていてほしかった 12 113 PV
第8話 サヴァシュのお情けで貸し出されているんですよ 11 112 PV
第9話 台所でぼんやり過去回想するユングヴィ 13 112 PV
第10話 王様っていうのはどんなお仕事をしてますか? 11 107 PV
第11話 どんどん繁殖します 11 67 PV