◆Climax01◆四つの選択(2)

 最初に飛び出したのは、フジヤマだった。駆けだした彼女は、右翼のゴブリンの群れに突撃、《ウェポンクリエイト》で造り出した短剣で二刀とし、《ワイドアタック》を繰り出す。

 ダイス目はクリティカルだった。

 当然のように、攻撃は3グループすべてに命中し……フジヤマはそのダメージロールにおいてフェイト三点使用―――火力を底上げする。

 しかし、七つ振ったダイスのうち、四つが1!

 それぞれのゴブリンは、【HP】3で生き残った。


フジヤマ:あ、あと3か―――っ! ダイス目、ダイス目が―――っ!

クロウ:(配置を見ながら)……く(笑)。これで、次の行動選択が難しくなった。できれば、結城さんには無傷のゴブリンたちを攻撃してほしかったが……仕留め損ねると、6グループ全員から攻撃を受ける……。

菫:じゃあ、あと3点のゴブリンたちを《ワイドアタック》?

クロウ:それももったいないな……。


 次の一手を決めきれず、逡巡する四人。

 幾ばくかの相談に時を費やしてのち、ルインがひとつの提案をし……それが採用された。


クロウ:よし、やるか! 俺がまず動く! ムーブアクションでエンゲージを離れ、マイナーアクションはなし、メジャーアクションで結城さんに《エンチャントウェポン:地》!


 ここで四人は、ある種の賭けに出た。

 定石では、【HP】の減ったエネミーから攻撃し、敵の数を減らしていくべきだ。

 が、できることなら、無傷のゴブリンを菫の一撃で殲滅したい―――。

 その結果、《エンチャントウェポン:地》を菫にかけて、少しでもダメージを通りやすくしたのである。しかしこれは、アースエレメンタルへの攻撃を一手遅らせた上に、もし、菫がゴブリンを殲滅できない場合にはとんでもないビハインドとなる。


クロウ:たしかゴブリンの【HP】は28くらい。結城さんの火力だと、期待値を考えれば少し足りない。わずか数点だけど、《エンチャント》が効けば……。

GM:分の悪い賭けに出たな……(笑)。

クロウ:だが、賭けに勝てば得るものは大きい! いけ!

菫:全力でいくぞぉ! ムーブで移動、無傷のゴブリンたちに突撃します! マイナーはなし、メジャーで《ワイドアタック》!(ダイスを振る)8……! 合計で13です!

GM:それ、9以上でよけるな。三~四回に一回は回避する数字だ。

クロウ:振り直す……?

菫:(しばし悩んでから、力強く)……振りませんっ!!

GM:では、こちらは9以上で回避となる。いいね?

菫:……っ!(こくり、とうなずく)

GM:では2Dで9、10、11、12で回避成功、と。では……(と、ダイスを握る)。

菫:やっぱり振り直すっ!!(一同大爆笑)

クロウ:お前弱いなっ!?(爆笑)


 だが、この選択は正しかった。フェイトを使って振り直した結果、その達成値は17に跳ね上がり……すべてのゴブリンは回避に失敗した。


GM:では、ダメージロールどうぞ!

菫:では、いきま……。

クロウ:……あ! 結城さん、《ストレンジャー:召喚》を使おう!

菫:はい! 《ストレンジャー:召喚》を使って+2D、それから《ピアシングストライク》も使いますっ。フェイトも2点、使えるだけ使って……7Dにします。い、いけるかな。

クロウ:大丈夫、いける。

菫:うわ、すっごいどきどきする~! でも……えーいっ!!(ダイスを振る)あっ、ちょっと低いかも……! 22だから、31点の魔法ダメージですっ!!

GM:お? それは死なないかも……って、あぁっ!? しまった、《エンチャント:地》で【魔法防御力】になってるんだった!! ちょっきり0になってゴブリンは吹っ飛んだ!!

一同:うおおおおおお―――っ!!(拍手)

GM:すげぇ、《エンチャントウェポン》が生きた!

クロウ:よっしゃああ―――っ!!(ハイタッチ)

菫:気持ちいい! すっごく気持ちいいーっ! 「浅いかっ!」と思ったら、剣を包んでた光が強くなって、ずばばばっとゴブリンを斬った感じっ! TRPG楽しいっ!(笑)


挿絵↓(お手数ですが下記URLをコピーして、ブラウザに入力してください。イラストを閲覧できます)

http://www.fear.co.jp/kakuyomu_gazou/13illust04.jpg


 次の行動は、【HP】が3になったゴブリンたちだった。

 そのすべてがフジヤマに向けて攻撃を繰り出すものの、命中はひとつのみ。

 ルインの《プロテクション》をあわせ、ダメージは5点に抑え込まれた。


GM:くそ! ではアースエレメンタルが動くぞ! ムーブはなし。マイナーで《バッドステータス付与:スリップ》、メジャーアクションで《魔術攻撃:地》! 対象はPC番号順でランダムに決定するぞ。(ダイスを振る)4でルイン! まずはアコライトをつぶーす!


 放たれる必殺の攻撃―――ルインは思考の末に、フェイトを二点つぎ込んで判定、回避することに成功! 放たれた光はルインの頬をかすめて後方の壁に直撃、大爆発を巻き起こす。


菫:ひ―――っ、強そうっ!?

ルイン:では、私の番だ! さっきのイベントでダメージを受けていた結城くんに《ヒール》!(ダイスを振る)発動は成功。いい目が出て15点、20点回復してくれ。

菫:ありがとうございます! 

GM:では、クリンナッププロセスを経て、第2ラウンドへと移ろう……!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!