機翼戦記

作者 鉄機 装撃郎

66

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 長きに渡る戦乱が終わり、世界は平和になるはずだった。だが、終戦後に発生したクーデターは日を追うごとに激しさを増し、この宇宙に戦いの匂いを振りまいていく。

 そんな激動の渦中――「隊長」は特殊任務を遂行する中で、深き因縁を持つ仇敵と対峙する。その決着の果てに待つ、結末とは。
 圧倒的な熱量と筆力、そして文脈から漂う鋼鉄の匂いで駆け抜ける、SFロボットアクションです。

★★ Very Good!!

荒削りながらも確かな熱意を感じる筆致の理由については、ぜひ本作の「小説概要」にある「拙作『機翼戦記』について、ちょいと語らせて頂きます!」をご覧下さい!

とにかく作者の好きだという気持ちと、それを形にして伝えようという想いがぎゅっと凝縮された本作は、これからロボ小説を書こうという方の背中も押してくれるのではないかと思います!

激しい戦闘シーンもさることながら、ラストを飾る一文にこそ作者のロボ愛が現れているのではないかと、私は思います!

★★★ Excellent!!!

映画のラストシーンを見た直後のような読後感に浸りながらこのレビューを書いています。

シチュエーション自体は王道のそれをなぞりながらも、本作はそれが非常に繊細な描写でドラマチックに描かれております。良い意味で、王道が王道たる所以を思い知らされました。
軍人として、父親として、そして何より男としてのプライドから命をかける決断をした隊長の姿は、とても心に響くものがあります。

ロボットもの特有の『熱さ』が彩る最高の『儚い』エンディングを、是非一度ご覧あれ!

★★★ Excellent!!!

ガンダムなどの宇宙空間兵器は数あれど、それを文章に起こすのは非常に難しい。
格闘戦においては特にそうです。
スラスタの噴射、メインバーニア、そしてビーム兵器。
それらの兵装を描写しつつ、機体の様子を描く。
これは挑戦なのだと思います。
熱い闘いをぜひご堪能あれ。

★★★ Excellent!!!

なんか一篇の詩みたいな作品です。
それは物語性がないという意味ではなくて、熱くも哀しいロボものを限界まで濾過した結果、男たちの矜持も、郷愁も、戦闘も、専門用語もみんな自然と輝きを得たような、そんな感じです(すいません勝手なこと書いて)。
他の方のレビューにもありましたが、細部まで重厚に書かれた戦闘シーンは見事なものです。戦術も、駆け引きもあります。
そして美しいラスト。
これは削り出しの逸品。
オススメというより、これはもうマストかも。


★★★ Excellent!!!

(話の規模としての)ボリューム、宇宙戦闘による疾走感、言葉の節々から感じられる重厚感。

それなのに。
それなのに、文量は7000文字以下。

目を疑った。まるで中編、いや長編作品を読み終わったかのような読後感。

戦闘時の不測の事態、混乱、駆け引き、そして命の儚さ。
その全てが、この約7000文字に詰まっている。

とやかくは言わない。
ただただ、読んで欲しい。

『鉄機節』がふんだんに盛り込まれた、星の瞬きが如く『瞬刻の戦い』。

是非とも、読んでいただきたい。

★★ Very Good!!

採用されなかった化物試作機を止めに行く隊長。この時点で燃えてくる。ミリタリー感満載だが、用語に押し潰されることなく自然と頭に入ってくる精巧な戦闘描写も読んでいて気持ち良い。何が言いたいかというと、処女作とは思えない程凄まじい出来だということです。10分以内で読める本格短編ロボノベル。オススメです!!

★★★ Excellent!!!

 作者様の処女作とのことで、以前読ませて頂いたのを再び読み返しました。この頃から、ロボモノファンのツボを抑えた、ロボモノファンが共感できて楽しみを共有できる描写に長けてますね。
 そして、これが後の作品になると、シチュエーションという点での良さが、それを繋ぐドラマの線での上手さに昇華してます。合わせて読むと、一段と面白い作品ですね。
 あと、過去の作品をお蔵出しするというのは、結構書き手的に恥ずかしい時もあります。こうして出してくれたことにも敬意を評したいと思いまっす!

★★★ Excellent!!!

宇宙空間で繰り広げられる体力と金属と命の消耗戦。部隊を全滅へと導くバケモノはあの日の機体。隊を率いる隊長は少尉に命じた。あれを狩れるのは俺だけだと。
軍人としてのプライドをメカニカルな描写に包んで小気味よく楽しめるSF作品。