竜騎兵物語 ~ドラグーンクロニクル~

作者 AK

36

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一気に第1章を読了。重厚なファンタジーに没頭した後に確認した目次の青丸の位置が非常に嬉しい。あれだけ読んで、まだ続きがある!

巨大な搭乗型兵器に少年少女が乗り込み、絶望的なまでに強い人外と戦う様は、いつ見ても心躍るものがある。
年若く徒人ではない主人公、天性の才を持つ皇女、若者の無茶を見守る大人たち、願いを託す老兵、そして圧倒的な強さの竜と竜で作られた人類唯一の対抗策である竜騎兵。
一つ一つの構成物は王道でありながら、王道だからこその熱さがある。
この物語は一人二人の強者が居たからといって、あっという間に連戦連勝、大団円とはいかない。仲間は傷つき、新種の竜に苦戦し、一瞬の油断は天才をも殺しかねない、そんな世界に人々は生きている。

プロローグに示された未来に至るまで、そしてそこを越えた更に先の時まで、ユーリたちはどれほど凄惨な戦場を生き延び、戦い続けるのか。その果てに竜となるのか、人で在り続けるのか。
この先の「竜殺し」たちの戦いに期待。

★★★ Excellent!!!

 人類と竜種の果てしなき生存闘争。竜は、生物進化により人類を度々脅かす。人は、竜と戦う為にその骸を元に竜騎兵とその装備を作り出した。遂には、人そのものにまで手を加え・・・・・・

 抗わなければ生きていけない世界観、重厚な竜騎兵と鉄の質感や硝煙と血の香り、闘争に身を置く人々の魂が本作には描かれています。表すとすれば、これはヘビィ・ファンタジー。鉄血感が凄まじい!

 様々な事情から孤独感溢れる主人公。竜殺しの果てに人としての幸せが訪れるのを願ってやみません。

 ロボット、戦記、竜が好きな人にはたまらない作品です。アニメ化早く!

 

★★★ Excellent!!!

文字だけでロボットアクションを伝えるのは難しい。
だがこの作品ではそれが高いレベルで表現されている。作者さんの手元には、竜騎兵という搭乗兵器のディティールが明確に存在している事が伝わってきます。
また、登場人物たちの特徴や設定がきちんと考えられており、重厚なアクションに負けないストーリーを展開してくれています。

★★★ Excellent!!!

 闘争本能と運命とに導かれ、果てしない戦いに身を投じる主人公と、ヒロインとの、時を超えたボーイ・ミーツ・ガールに胸を打たれた。プロローグ部分だけをとってみても、構成の妙に感嘆。

 人型兵器「竜騎兵」の武器や、「竜」の生態などの設定も凝っていて、魅力ある世界観となっている。

 新章に突入し、さらに深まる謎。竜を狩り続けるユーリに安息の時は訪れるのか?

 分量はあるが、最終投稿分まで一気に読了した。文句なしの☆☆☆評価。バトル物、ロボ物が好きな読者には、特に薦められる作品である。次話の投稿が待ち望まれる。