Act.0040:そこまで驚かなくても!?

「まさか、12本中1本しか命中しないとは恐れいったな……」


 名月めいげつは、率直に感心した。


 20畳程度の個室のコーナーでは、ランタンが揺らめき、薄暗いながら中の様子を浮かびあがらせている。

 中央には木製の大きなテーブルがあり、その周りに多くの魔生機甲レムロイドに関する資料などが置いてあった。

 そのテーブルのある床下には、魔消石という魔力を吸いとる石が敷いてある。

 床上には、散らばった小刀と切り刻まれた網。

 そして斑点を残す血痕が、床に染みこみつつあった。


 その様子に、名月は肩をすくめた。

 20代半ばの真っ白な肌と金髪碧眼、高い鼻が特徴的な男だった。

 地域的に、このエリアでは珍しい純潔の白人である。


「オレの目に狂いはなかった……と喜ぶべきなのかな?」


 鼻を鳴らしながら、苦笑を漏らす。

 彼は、どうせ使うなら安い道具よりも、値がはってもいい道具を使う主義だった。

 たとえ、簡単なことで利用する道具であるとしても、かならずいい道具を選ぶ。

 だから、今回もいい道具を選び、成果ははたして優秀だった。

 しかし、反面で優秀な道具は使い方が難しい。


 優秀だからこそ、知らなくていいことまで知ってしまう。

 優秀だからこそ、最後まで仕事の責任を持とうとする。


 だからこそ、念のために保険をかけていた。

 そう。あくまで保険であり、使うことはないだろうと思っていたのだ。

 なぜなら、情報漏洩対策に自信があったからなのだが、間に入った道具もなかなか優秀だったようだ。


「ここは、すなおに反省すべきか……」


 黒いジャケットの襟を正し、緩んでいた黒いネクタイを締めなおす。

 そして、おもむろにジャケットのポケットから煙草をとりだして、口にくわえた。


――シュボッ!


 それをまるで待っていたように、横から人差し指が伸びてきて、その先に小さな火がともる。


「アリガト、さくちゃん」


 名月は、それに煙草の先端を近づけて火を移す。

 吸って吐いて、そして思い切り肺まで吸いこむと、その暖かい煙を吐きだした。

 おかげで、少し心が落ちつく。


「……ゴト屋、見失ったみたい」


 まるで、そのタイミングを狙っていたかのように、朔と呼ばれた女性は紫の唇を動かした。

 やはり真っ白な肌に金髪だが、彼女の目許は前髪に隠れてよく見えない。

 青眼かどうかもわからないし、それどころか表情も少々読み取りにくいものだった。


「じゃあ、適当に追撃に行った奴らを戻して。相手は、あの怪盗だ。見失ったら見つけるのは無理でしょ」


「……いいの?」


「まあ、いいんじゃないかな。コピーはもうとれてるし、ここはお払い箱だし。量産にも入り始めているから、情報を持ってきた弦月げんげつさんと玉兎ぎょくとさんの面目も立つでしょ。それに下手に騒ぎになっても逆にまずいじゃない?」


「……わかったわ」


「まあ、あのオリジナルの魔生機甲レムロイド、もったいなかったけどね。あれはビルドして一度、乗りたかったよ」


「……素材の調達が間にあわなかったわね」


「まあ、急な話だから仕方ないさ。それにコピーでも十分面白いと思うよ。この国の奴らをこの国の力で苦しめられる……楽しいねぇ」


 名月はその口角をグイッと耳元近くまであげて嗤うのだった。



   ◆



 彼女は、魔法の扱いが常人よりも優れていた。

 それは才能とかではなく、この13~4才で成長が止った体と同じく、理由があることなのだが、今はとりあえずおいておく。

 とにかく、魔法を駆使することにより、彼女は多くの不可能を今まで可能にしてきたのだ。


 特に彼女の優れた部分は、魔力の感知能力だった。

 人は誰しも、多かれ少なかれ魔力を持っている。

 だから、彼女は魔力の感知範囲を広げることで、視界に頼らずに人の動きを感知することができた。

 しかも、自分の魔力を放射せずに隠蔽することもできる。

 月明かりもない完全に寝静まった夜。

 さらに、建物が多く建ち並ぶ街の中。

 この状態で敵が彼女を見つけることは、かなり困難なはずである。


「はぁ……はぁ……」


 彼女は荒がる息をなんとか抑えこみながら、とある建物の隙間に身をはさみ、壁によりかかる。

 伸縮性の優れた素材で作られた飾り気のない、黒い全身を包むスーツごしに、石の壁の冷たい感触が伝わってくる。

 土の湿気と、錆びた鉄の香り。

 いや。本当にそんな香りがしているのか怪しい。

 自分でそう思い込んでいるだけではないかと、腰に手を当ててみる。

 やはりまたじんわりと濡れてきており、その周辺がジンジンという痛みに包まれている。


(また血が……)


 魔法で止血を少しだけ行った。

 敵に感知される可能性があるため、長く魔力を使うわけにはいかなかったのだ。

 しかし、止血程度では激しく歩き回ると、やはりすぐに傷口が開いてしまう。


(もう少しのはず……)


 彼女は、また周囲を探る。

 動く者と言えば、彼女にとってほぼ敵だ。

 たとえ、傷で朦朧としようとも、この地の利がある街で捕まらない自信はあった。

 だが、それも体が保てばの話だ。

 このままでは、見つからなくても力尽きて倒れてしまう。

 彼女は小さな体に鞭を打って目的地まで歩ませる。

 幸い、敵の気配は遠のいた。

 あきらめたのか、たまたまなのか。

 とにかく、盗んだ魔生機甲設計書ビルモアを返したら、治癒魔法をかけよう。

 役目さえ終えれば、あとは見つかってもかまわない。

 彼女はそう考えながら、やっとの想いで目的の家の裏にたどりついた。


 【あずまや工房】の裏口にある木戸。

 そこから続く工房の様子を探る。

 人の魔力気配は、3つ・・あるが、どれも金庫があった部屋とは別の部屋である。


(あの部屋に、人はいない。想定内ね)


 盗む時に入ったように、裏口のドアの鍵を外す。

 そこは廊下になっており、少し進むと工房の作業部屋がある。

 なぜか作業机の上に、明かりがともっている大きめのランタンが一つある。

 だが、やはり魔力探査で人の気配はない。


(消し忘れか。危ないね……)


 中に入り、そのランタンがともる作業机の上に、盗んだ魔生機甲設計書ビルモアをそっと置く。

 そしてあらかじめ記載していたカードを添える。


――ポリシーにより、お宝はお返し致します。

――怪盗・魔法少女


(よし。任務完了ね)


 彼女は一安心し、その場を去ろうとした。


 ――まさに、その時だった。


「……誰?」


 背後から声がした。


「――なっ!?」


 彼女は、慌ててふりむく。

 すると、ランタンが灯す薄闇の中、すぐ近くのソファで起き上がる人影。


(人!? なんでそんなところに!? 魔力探査に引っかからない!? 想定外ね!?)


 気がつかないうちに、彼女はここまでの接近を許したことがない。

 そのため、完全にパニックに陥る。

 そして、その精神の揺らぎは、なんとか気力で抑えていた腹部の痛みを増幅する。


「――くっ!」


 急激な痛み、そして任務を完了した安心感も後押しし、意識を保っていられなくなる。


(な……なんと無様ね。これが、怪盗・魔法少女の最後。想定外ね……)


 糸の切れた操り人形のように、彼女はその場で膝から崩れ落ちた。


「――お、おい! そこまで驚かなくても!?」


 意識を失う寸前に聞こえたのは、そんな勘違いした魔力反応がない・・・・・・・男の声だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!