Act.0035:今、愛を感じました!

 豪勢な食事の後、長門は本題を話し始めた。


世代セダイ君。これは年長者からの助言だが、ぜひ魔生機甲設計者レムロイドビルダー協会に登録しなさい」


 それは、魔生機甲設計者レムロイドビルダーの権利と保護を行うことが目的の団体だった。

 魔生機甲レムロイドは言うまでもなく、軍事兵器こそが本来の存在価値でもある。

 その魔生機甲レムロイドを運用するのに必要な要素は、3つ。


 まずは、もちろん魔生機甲設計書ビルモア

 これを生みだすのは魔導師たちであり、その技術はすでに確立されている。

 ある一定の魔導師ならば、誰でも生みだすことができ、工場のような場所もあって常に生産はされていた。

 ただし、素材が高額な上、製作時間がかかるため、1冊の値段は非常に高くなることになる。


 それから、その魔生機甲設計書ビルモア魔生機甲レムロイドを描きだす魔生機甲設計者レムロイドビルダーの存在。

 魔導師とは別の能力が必要で、強いイメージ力と発想力が必要とされる。

 また、それを具現化する意志の力も強くなければならない。

 こればかりは、あまりにも抽象的すぎて、技術として確立できていないのが現状なのだ。


 そして最後は、魔生機甲レムロイドを操作するパイロットの存在だ。

 パイロットになるには、絶対に魔力が必要となる。

 魔生機甲レムロイドを具現化する構成ビルドという儀式の力も、具現化したあとの魔生機甲レムロイドのエネルギーも、すべて魔力であった。

 ただこの世界の人間は、すべて魔力を生まれ持って必ず持っている。

 多い少ないはあるものの、世の中の半数近くの人間は、レベル5ぐらいの魔生機甲レムロイドを最低限なら動かすことができるのだ。


 ちなみに、いちずが調べたかぎり、世代セダイには魔力が全くなかった。

 つまり、世代セダイは本来、魔生機甲レムロイドを操作することができないはずなのである。


 ともかく、この3つの要素の内、一番難しいのが、魔生機甲設計者レムロイドビルダーだった。

 逆に言えば、軍事力としての魔生機甲レムロイドをそろえるには、いかに優秀な魔生機甲設計者レムロイドビルダーを抱えこむかがキーになってくるのだ。


 当然、権力者の中には強引に魔生機甲設計者レムロイドビルダーを引き抜いたり、質が悪いと誘拐したりする者もでてきた。


 そこで魔生機甲設計者レムロイドビルダーたちは自分たちの身を守るため、互いに協力し合う組織を作った。


 それが協会である。


 協会に逆らえば、会員の魔生機甲設計者レムロイドビルダーの協力が一切仰げなくなる上、協力関係にある、魔生機甲設計書ビルモア製作をしている大手魔導師団体や、よりよい魔生機甲レムロイドが欲しくて協力するパイロットたちまでも敵に回すことになる。

 これは実際、大きな抑止力となり、魔生機甲設計者レムロイドビルダーを狙う事件は激減していた。


 もちろん、いちずの父親も協会員だった。


世代セダイ君には才能がある……いや、ありすぎる。そのままでは危険だ」


 それは、いちずも同意だった。

 有名になればなるほど、世代セダイの力を欲しがる者は多くでてくるだろう。

 今のうちに、手を打っておかなければならないとは思っていたところだった。


「わしは、協会の副会長をしている。わしの推薦ならば、何の問題もなく入会できるはずだよ」


 好好爺然とした笑顔で、長門が世代セダイに話しかけた。


 ところが、世代セダイは怪訝な顔をしている。


「……なぜ、ボクにかまうんですか?」


 世代セダイの言葉は、どこか失礼さを含んでいた。

 それはたぶん、根本に疑念があったからだ。

 だが、いちずも実は、同じ疑問を持っていた。


「後進を育てるのは、老兵、ましてや三大名工と呼ばれた者ならば義務。特に才能がある若者ならば、なおさらだと思っている……」


 そうかもしれない、というか、それしかないと、いちずも思っていた。

 しかし反面、それにしては肩入れしすぎている気もしていたのだ。


「……というのは、立て前だよ。わしは純粋に見たいんだ」


 長門の笑顔の質が変わった。

 いちずは上手くその変化を言い表せなかったが、長門の顔が急に子供のように見えていた。

 鼻の穴が大きく開き、興奮気味にさえ見える笑顔だ。


世代セダイ君、わしは君が生みだす……君が自由に生みだしていく魔生機甲レムロイドを見ていきたいのだ! だから、デザインしたら必ずわしにも、いち早く見せて欲しい! それが紹介の条件だよ!」


「……フッ」


 世代セダイが、長門を前に初めて破顔した。

 今まで無愛想な顔ばかりだったのに、口角をあげて双眸を輝かせ始めた。


「愛ですね……」


 ボソッとつぶやいた……かと思うと、世代セダイはバンッと手をテーブルについて立ちあがる。


「今、愛を感じました! あなたのロボットに対する愛を! やっと見つけた! あなたはボクの同志ですね!」


 興奮しているのか、世代セダイは「ロボット」という単語を使ったことにも気がつかず、言葉を続ける。


「その愛に偽りは感じられない! そしてロボットを愛する人に悪い人はいない! ええ、そのはずです! ……だから、納得しました!」


 そう言うと、世代セダイは背筋をピンッと伸ばしてから、ゆっくりと長門にお辞儀をする。


「協会の件、よろしくお願いいたします」


 いち早くミカが反応して立ちあがり、主に従うように頭をさげる。

 いちずと双葉も、それにつられるように立ちあがって、長門へ頭をさげた。


「……ふふ……あははは! 本当に面白いな、君は!」


 長門は、すっかり上機嫌だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!