梔子姫は夜歩く

作者 おいげん

41

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

シーンのほとんどが廃病院のホラー作品。
途中途中で背筋の凍るような醜形の霊たち、ヒロイン兄の容赦ない幽霊への攻撃の描写が登場します。
また、随所にオカルト的、宗教的な説話が絡んできており、物語に厚みを増します。
ストールーもさることながら、文章力も巧みで、恐怖心をそそる描写もありながら、一方で砺音のおどけた言動のギャップもおもしろく、楽しく読ませて頂きました。

★★ Very Good!!

古今東西のオカルトネタを随所に散りばめた秀作である。
その手のジャンルが好きな方にはぜひ読んでいただきたい。
ヒロイン樹里のクールビューティな魅力は勿論のこと、個人的には彼女の兄である司のドSっぷりを推したい。

完結に向けてラストスパート。乞うご期待。

★★ Very Good!!

未熟な妹とチートな兄が織り成す怪異譚かと思いきや、最後の大どんでん返しにはビックリしました。

また、幽霊をただ倒すだけなく、仲間にするというアイディアも良かったと思います。

キャラクターの中では、幽霊看護婦さんが一番お気に入りですね。バカっぽいながらも健気に尽くす辺りがいいですね。

★★★ Excellent!!!

まず、その世界に引き込んでページをめくらせる描写力。
そして、読者を感情移入させる血の通ったキャラクター。
さらに、謎と答えを提示するタイミングがとても良く、読者を飽きさせません。
Bravo!