2.「いてもいいと思いますよ」

 完全に日常化してしまった佐伯さんに起こされる朝模様からはじまり、彼女の手作りの朝食を経て――自室で登校の準備を整えてリビングに戻ってきてみると、そこに佐伯さんの姿はなかった。


「佐伯さん?」


 と、声をかけてみるが、返事はなし。まぁ、もとよりリビングダイニングに隠れられるような場所はないので、ここにいないことは一見して明らかだ。ただ、彼女の部屋に続くドアの向こうに人の気配がする。たぶんまだ登校の用意をしている最中なのだろう。


 僕は素早く決断し、ドア越しに声をかけた。


「佐伯さん。今日は僕が先に行きますので」

「うん。わかった」


 とのこと。


 なので僕は、後のことは佐伯さんに任せて、先に家を出ることにした。

 回れ右をしてリビングを出、短い廊下を歩いて玄関に至る。


「待って待って。わたしも一緒に行くー」


 学校指定の革靴に足を突っ込んだところで佐伯さんが飛び出してきた。


 有名デザイナがデザインしたとは言え、あくまでも制服の域を出ないはずのブレザーや赤いチェックのスカートを上手に着こなし、ちゃんと制鞄も持っている。


「用意ができてたなら言ってください。先に行ってもらったのに」


 一度履いた靴を脱ぐのは面倒だ……というか、佐伯さんの狙いはまさにそこで、僕が出ようというタイミングを見計らっていたのではなかろうか。こうなったら彼女には後五分ほど待ってもらうことにしよう。


「一緒に行こ、弓月くん」

「何を言ってるんですか。冗談じゃない」


 先日は一緒に登校してしまったおかげで……いや、まぁ、特に何もなかったか。


「いいじゃない。わたしだって、ほら、もう用意できちゃってるし」

「なら君が先に行ってください」


 僕は再び玄関を上がろうとした。が、そこには行く手を阻むように佐伯さんが仁王立ちしている。所詮は2LDKのマンション。玄関はそう広くない。


「どいてください」

「ここを通りたかったら、わたしにぇろいことをしていけ」

「何をわけのわからないことを」


 そんな台詞、初めて聞いたわ。


 僕は嘆息ひとつ。


「わかりました。一緒に行きましょう」

「……そっちを選ばれると、それはそれでショックなんですけど」


 佐伯さんが半眼で睨み、つぶやく。いったいどうしてほしいんだ……とは、さすがに聞けない。恐ろしくて。


「ほら、おいていきますよ。用意してください」

「はぁーい」


 ひとまず僕が先にドアを出て、程なくして佐伯さんが靴を履いて出てきた。彼女の鍵で施錠し、ふたり縦に連なって階段を下りる。


「弓月くんと一緒に行くの初めて」

「そうですね」


 普段、この付近のこの時間帯に水の森の生徒を見かけたことはないのだが、今日に限って会うのではないかとひやひやする。マンションから一緒に出てくるところを見られでもしたら、いったい何を思われるやら。


 幸いにしてそういうことはなく、僕らは並んで歩き出した。


 どうにも落ちつかない気分だ。今歩いているこの道は、春からこちら毎日のように通っている。佐伯さんと肩を並べて歩くことは、ほとんど休日のたびにやっていることだ。どちらも別段変わった行動ではない。にも拘らず、僕はまったく知らない道を歩いている気分だった。


「こんなところ人に見られたくないですね」

「そう?」


 僕の複雑な胸のうちは露ほども知らない様子で、佐伯さんは首を傾げる。


「でも、学校前の道まで行ったら、いやでも見られると思う」

「まぁ、そうですね」


 このまま進み、大きな道路に出たところで左に折れる。そうすればやがて水の森高校と学園都市駅の間にある交差点に出る。そこまでいけば僕らはどうあっても水の森の生徒に見られることになるだろう。


「どうなっても知りませんよ」

「それ、前にも聞いた。大丈夫、そのときは……」


 と、そこで彼女は一拍おく。


「どうにもならないかも」

「……」


 どうにかなる、とでも言うのかと思えば、すでに諦めているらしい。潔いことだ。


 すぐに大きな道路に出て、そこに沿って幅の広い歩道を歩く。程なく正面に交差点が見えてきた。直行する道は左に行けば学園都市の駅に、右に行けば水の森高校に通じている。


 交差点の信号に引っかかり、青になるのを待つ僕らの前を、左から右に水の森の生徒が流れている。その多くが僕と佐伯さんをちらちら見つつ、通り過ぎていった。さてさて、何を思っているのだろうか。


 と、そのとき、


「あ」


 佐伯さんが何やら声を上げた。


「矢神さーん」


 そして、前方の生徒の流れに手を振る。


 見れば確かに矢神の姿があった。周りにいる生徒は何ごとかと佐伯さんを見、続けて矢神へと視線を移す。かわいそうに。思いがけず注目を浴びることになった彼は、困ったような顔をしていた。


 信号が変わるのを待って向こう側に渡り、矢神と合流する。


「おはようございます、矢神さん」

「お、おはよう」


 気弱な矢神は、元気な下級生の勢いに圧倒されつつ応える。僕の方は、何となく挨拶のタイミングを逃してしまっていた。


 ひとり増えて、3人で歩き出す。


「あ、そうだ。矢神さんに謝ろうと思ってたんです」


 唐突に佐伯さんが切り出した。当然のように猫かぶりモードだ。


「クラブ勧誘会のとき、文芸部のところに寄ったのに入部しなかったから、結局ひやかしただけになっちゃって……」

「あ、いや、いいんだ。もともとそういうイベントだしね」


 矢神は佐伯さんに謝られる前に、先回りして言った。彼の言う通りクラブ勧誘会は、要するにマッチングのイベントなのだから、いちいち気にすることはない。それでも謝ろうとするあたりは、彼女の性格のよさの表れなのだろう。


「それにちゃんと新入部員も入ってきたんだ」

「そうなんですか。よかったです。矢神さんとしても一安心ですね」

「そうだね」


 面白いものだ。矢神はその性格のせいか、決してよく話す方ではない。コミュニケーション能力に問題があるわけではないが、話すときはいつも遠慮がちになる。特に異性に対してはその傾向が顕著だ。その彼が佐伯さん相手だと、ごく普通に会話をしている。これも佐伯さんに備わった能力なのかもしれない。


「滝沢君から聞いたんだけど、弓月君と佐伯さんって家が近いって本当?」

「本当ですね」


 答えたのは僕。


「ああ、だからだったんだ」


 矢神はひとり納得したようにうなずいた。


「何がですか?」

「僕、ゴールデンウィークに弓月君と佐伯さんが一緒にいるのを見かけたんだ。一ノ宮で」

「……」


 ちょっと待てと言いたい。いったいどこで見かけたというのだ? 一ノ宮なのはわかっている。問題はそのどこか、だ。ただ歩いているだけの場面ならいい。一緒に昼食を食べているところもよしとしよう。しかし、僕は人に見られたらあらぬ誤解をされそうな場所に踏み入っている。


「あ、じゃあ、あれってやっぱり矢神さんだったんですね」


 迂闊に聞き返せば墓穴を掘りそうで躊躇っていると、佐伯さんがそんなことを言った。


「佐伯さん、知ってたんですか?」

「て言っても、遠目だったし、もしかしたら? 程度でしたから」


 猫かぶりのまま彼女は僕に告げる。……できればそのときに言ってほしかった。


「いい機会だったので、彼女を案内してたんですよ」


 気を取り直し、矢神に説明する。彼がどの場面を目撃したか、もう聞くのはやめておこう。


 そうこうしているうちに学校へと到着した。


「じゃあ、失礼します」


 一年と二年では下駄箱の位置が離れているので、昇降口の入り口で佐伯さんとは別れる。僕と矢神は自分の下駄箱へと向かった。


「弓月君と佐伯さんって、こっそりつき合ってるのかと思ってた」

「怖いこと言わないでください」


 なるほど、これで疑問は氷解した。

 ゴールデンウィーク真っ只中の平日、今日のように登校途中で会った矢神は、そわそわした様子で僕から逃げていった。たぶん見てはいけない場面を見てしまった、僕の秘密を知ってしまったと思って、戸惑っていたのだろう。


 上靴を取り出し、履き替える。


「僕はお似合いだと思うけどな」

「……だから怖いことを言わないでくださいって」


 とは言え、何が怖いのか自分でもよくわかっていないのだが。





 それを目撃したのは昼休みのこと。


「あの、困りますっ」


 僕が目を向けるきっかけとなったのは、そんな声だった。


 弁当を食べ終え、学生食堂に飲みものでも買いに行こうと廊下を歩いて、ちょうど階段に差し掛かったとき、先のような声が上から聞こえてきたのだ。見上げてみれば、踊り場からやや下辺りにふたりの生徒がいた。男子と女子、ひとりずつ。男子生徒が上段に立ち、女子生徒の前に立ちはだかっている構図だ。


 そして、こちらに背を向けている女子生徒は、グラデーションのような天然の濃淡のついた茶髪――佐伯さんだった。


 僕は立ち止まり、気配を殺して様子を窺う。


「俺さ、クラス替えで仲のいいやつと離れちゃって寂しいんだよね。よかったら友達になってよ?」


 男子生徒は軽い口調で佐伯さんに話しかける。


 大丈夫だ。わざわざ他学年の佐伯さんを狙って声をかけるアグレッシブなやつが、友達がいないはずがない。だいたいもう五月だぞ。


「あれ? もしかしてケータイ、黒? もっと女の子らしい方が似合うのに」


 佐伯さんは今、どうやら手に携帯電話を持っていたらしい。男子生徒はそれを見てとったのだろう。


 これにむっとしたのは佐伯さんだ。


「ほっといてください。わたしの好みですから」

「ま、それもそうか。ちょうどいいや。ケータイのアドレス交換しない?」

「少し考えさせてください」


 もちろん、それは言葉通りの意味ではなく、丁重なお断りだ。


 言うと同時に佐伯さんは、足を踏み出した。上階に行きたいのだろう、男子生徒の横をすり抜けようとする。だが、相手は体を横にスライドさせ、その行く手を阻んだ。継いで、にっと笑う。


 僕のほうからは佐伯さんの表情は見えなかったが、彼女の困った顔が目に浮かぶようだった。


 やれやれ――と、ため息ひとつ。


「佐伯さん、どうしたんですか?」


 僕が白々しく声をかけると、ふたりが同時にこちらを向いた。男子生徒の方は邪魔をされたせいか、あからさまに不機嫌そうな顔だった。


「あ、弓月くん」


 佐伯さんは僕を認めると、そのまま階段を駆け下りて、寄ってきた。


「何をやってたんですか?」

「ううん。なんでもない。行こ。……それじゃあ、失礼します」


 最後の言葉は例の男子生徒に向けられたものだ。僕らは並んで歩き出す。去り際、彼が舌打ちしたのが聞こえた。


「ごめん、弓月くん。助かっちゃった。あの人、しつこくってさー……」


 佐伯さんは頬を膨らませる。


「別に。僕はただ、君がいたから声をかけただけですよ」

「嘘ばっかり」

「……」


 もとより信じてもらえるとは思っていなかったが。だいたい学校では声をかけるなと言い出した僕から声をかけているのだから、この上ない矛盾だ。にしても、その約束もここ最近、特に加速度をつけて崩壊に向かいつつあるようだ。


 僕らは並んで廊下を行く。


 昼休みなので行き交う生徒や教室の前で喋っている生徒も多い。そのほとんどが一度は佐伯さんに目を向けた。ここは二年生の教室が集まる階だ。噂の新入生の話を耳にはしていても、実際に目にしたことはない生徒も多いのだろう。


 そして、一緒に歩く僕も、やはり見られる。あまり居心地はよろしくない。


「佐伯さん、教室に戻るんじゃないんですか?」


 僕は耐えかねて、そう彼女に尋ねた。


「うん、そうなんだけどね。せっかく会ったんだし、どこか案内してよ。誰も知らない穴場とかないの?」

「知りませんよ、そんなところ」


 だいたいなぜ僕が?


「男子だけが知ってる、女の子のスカートの中が覗けるスポットとかは?」

「ああ、ありますね」

「あるんだっ」


 あるかと尋ねておいて、あると聞いたら驚くとはどういう了見なのだろうな。


「とは言え、男だけが知ってるなんてのは幻想みたいですけどね」


 男子の間で代々それが継承されているように、女子の間でも危険地帯として伝わっているようだ。


「一年が行くようなところではないし、いずれ耳に入ると思いますから、君も重々注意してください」

「わかった。……じゃあ、さっそくそこに――」


 そこがどこかわからないはずなのに、とりあえず行進するような歩き方でそこを目指そうとする佐伯さん。


 僕は慌てて彼女を呼び止める。


「何しに行くつもりですか」

「いや、弓月くんがどうしてもって言うんなら、そこを歩いてあげてもいいかなぁって。大丈夫。図らずも今日は、弓月くんに見られても恥ずかしくない大人っぽいやつです」

「言いませんよ、そんなこと」


 佐伯さんの言動を見ていると、恥ずかしい恥ずかしくないの基準も人それぞれだと思い知らされる。


「じゃー、見られてるのに気づいて、『もー、エッチ』って言いながら舌を出した後、スカートをちょっと上げてみせるサービス付きで」

「いりません」


 改めてきっぱりと断る。

 サービスしすぎだ。


「……もう解散しませんか?」


 僕の精神衛生上、そのほうがいいような気がしてきた。それに、それが佐伯さんのためでもある。評判のすこぶるよくない僕と一緒にいてもいいことなどないのだから。


「むー。どこでもいいからつれていってくれないと、授業中に居眠りしたとき、弓月くんの名前を出しながら誤解されそうな寝言を言うぞ」

「寝言がコントロールできるならやってみなさい」

「甘いなぁ。そんなの寝言っぽく言えばいいだけじゃない。『あぁん、弓月くんが……――」

「とりあえず中庭でも行きますか」


 僕は佐伯さんの言葉を遮って提案した。まったくもって洒落になっていない。


「中庭に何かあるの?」

「いえ、何もありません。ただほかに思い浮かばなかっただけです。……やめておきますか?」

「ううん。そこでいい。行こ」


 佐伯さんの足取りが弾むようなものに変わった。


 僕らは昇降口まで下り、そこで靴を履き替えてから中庭に回った。


 中庭はふたつの校舎に挟まれたスペースだ。真ん中を舗装された小道が貫き、左右はきれいに手入れされた芝生に覆われている。その芝生の上にはいくつかのベンチやテーブルが置かれていて、天気のいい日にはここで弁当を食べる生徒も多い。が、今日は生憎の曇天。五月晴れはどこへやら。人の姿はあまりない。


 ふたつの校舎を結ぶ連絡通路に設置された自動販売機でミルクティを買い、僕らは空いているベンチに腰を下ろした。木製のやさしいデザインのベンチだが、背もたれがないのが難点だ。


「弓月くんとわたしって、こうやってたらつき合ってるように見えるかな?」


 ミルクティに口をつけ、人心地ついてから佐伯さんがそんなことを言い出す。


「観測する側によります。何をすればそう見えるという条件がありませんから」

「……面白くない答え」


 言葉通り不満げに漏らす。


 だが、一拍おき、


「でも、弓月くんらしい答え」


 今度は少しだけ笑いながら、そう言った。


「……僕らしいですか?」

「うん」

「……」


 なんと、まぁ、あっさりと言ってくれる。僕と最もつき合いの長い僕ですら、何が僕らしいのか把握していないというのに。


 何となく空を見上げた。

 今にも降り出しそうというわけではないが、厚い雲に覆われて太陽は遠い。


「これで天気さえよければ最高なのですが」


 午後の穏やかな陽射しの下でのティータイムは、きっと贅沢な時間に違いない。


「天気さえ?」


 隣で佐伯さんが問うてくる。


「そうですね」

「じゃ、そこにわたしもいていい?」


 そして、それが彼女の真の問いらしい。


 確かに僕は、この状況を差して「天気さえ」と言った。天気にのみ唯一の不満を持ち、佐伯さんが横にいることには触れていない。


 想像してみる。


 彼女のいる風景と、彼女のいない風景。

 彼女と一緒に過ごす時間と、ひとりで過ごす時間。


「……まぁ、」


 と、僕はタイミングをはかるように発音した。


「いてもいいと思いますよ」

「そっか」


 対する佐伯さんの答えは短く、それだけだった。


 そう言えばこのごろ、急にひとりになりたくなることが少なくなったな、と思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます