2.「……してません」

 朝。

 部屋のドアがノックされた。


「グッモーニンッ」


 と同時に佐伯さんが飛び込んでくる。元気があり余っているのがありありとわかる声だ。


「朝だよ、起きて」


 ギシ、とベッドのスプリングが軋む。佐伯さんがベッドの上に手をついたのだ。きっと僕の顔を覗き込んでいるのだろう。


 そこで僕は返事ができないことに気がついた。どうやら眠りが深いらしい。意識で外部からの刺激を認識しているわりには、体が自由に動かないから反応ができないのだ。


「むー?」


 佐伯さんがうなった。普段ならこのあたりで返事のひとつも返している僕が、何の反応も示さないからだろう。


「せっかくこの前買った水着、着てるのに」

「ッ!?」


 起きた。


 それはもう一瞬で起きた。

 起きて、そして、逃げた。上半身を起こし、ベッドの端、壁際まで後退した。


 可能な限りの距離をおいて佐伯さんを見てみる。


 と、彼女はいつも通りのスタイルだった。制服の赤いチェックのスカートに、ブラウスをラフに着ている。リボンタイはなし。


「あ、やっと起きた」


 何ごともなかったかのようににっこり笑う佐伯さん。


「朝ごはんできてるから早くきてね」


 そして、そう言い残して部屋を出ていった。


 しばし呆然としてから、僕は再びベッドの上に倒れ込んだ。


「気分悪い……」


 眠りの深いところから一気に目が覚めたのだ。体だってこんな酷な労働を強いられたら、不機嫌にもなるだろう。


 そこで再びドアが開き、佐伯さんがひょっこり顔を出した。


「期待した?」


 ちょっと意地の悪そうな笑みで問うてくる。


「……してません」

「なぁんだ。期待してるんだったら、今度本当にやってあげようかなって思ったのに?」


 まるで僕の反応を試すような疑問形。


「……」

「……」


 僕は黙って部屋の外へと指さした。Get out、である。


 佐伯さんは肩をすくめてから、踵を返した。





 朝食。


「今日はサンドウィッチにしてみました」


 得意げに胸を張る佐伯さん。


 確かに二人用のダイニングテーブルの中央には、大皿の上に山積みのサンドウィッチが乗っていた。


「実はお昼もサンドウィッチなの」

「別にかまいませんよ」


 作ってもらっている身で注文をつけるつもりはない。


 さっそく淹れたばかりのコーヒーとともに食べはじめる。サンドウィッチの中身は、ツナマヨネーズ、ハムレタス、タマゴなどなど。これはこれで手間がかかっている。


「ゴールデンウィークの合間の平日って、いやになるよね」


 佐伯さんが最初のひと口を食べ、その出来栄えに自ら納得した後で、そう切り出した。


 彼女の言う通り、今日はゴールデンウィーク真っ只中の平日。連休中にぽっかりと一日だけあいた谷間だった。佐伯さんが弁当に手を抜きたくなるのもむりはない。


「そう言ってるわりには、朝から元気ですよね」

「わたし、朝は強い方だから」


 とは言うが、あれは強いなんてものを超えた元気に見える。むしろハイテンションだ。


「いやなら休めばいいじゃないですか」


 少し突き放したような言い方になってしまった気がする。


「僕たちはお金を払って通ってるんですから」

「休むのも権利?」

「というよりは、自己責任でしょうね。勝手に休んだ日の授業はフォローしてくれませんから。……因みに、僕は休みたいからという理由で休んだことがあります」

「うわ。ツワモノ」


 佐伯さんがおかしそうに笑顔を見せる。


「でも、まぁ、やっぱり行く。なんだかんだ言って、学校は好きだから」

「それはいいことです」


 僕なんか学校に対しては、特に好きだとか嫌いだといった気持ちはない。きっとそれだからこそ、休みたいからという理由だけで休んでしまえるのだろう。


「変な上級生もいるしね」

「それは初耳です」

「なに言ってんだか。弓月くんに決まってるじゃない」


 ……まぁ、たぶんそうだろうとは思ったが。





 学校へと向かう。


 学園都市の駅と水の森高校を結ぶルートに合流すると、同じ制服の生徒の流れの中に見知った猫背を見つけた。矢神だ。


「おはようございます、矢神」

「え、あ、弓月君!? ……お、おはよう」


 後ろから追いつき声をかけると、彼は気を抜いていたのだろうか、非常に驚いた様子だった。ひとまず挨拶を返してくるが、なぜか気まずそうに目を逸らしながらだった。


 その後も言葉を発さず、ちらちらと眼鏡越しに僕の顔を窺っているようだった。


「どうかしましたか?」

「え? い、いや、何でもない。あの、僕、先に行ってるから」


 慌てて誤魔化しつつ、矢神は早足で逃げるように先に行ってしまった。


 後に残された僕は、さっぱりわけがわからなかった。顔に何かついているのだろうか。周りを見回しても、僕のことなど誰も気にした様子はない。ますますわからなくなった。


 程なく学校に着き、昇降口では滝沢と会った。


「おはようございます、滝沢。矢神、通っていきましたか?」

「うん? ああ、何か急いでるみたいだったな」


 すでに靴を履き替えている滝沢は、横で僕を待ってくれていた。


「逃げてるみたいですよ」

「お前か。何をやったんだ?」

「何もやってませんよ。僕のほうが聞きたいくらいです」


 僕も靴を履き替え、滝沢と並んで教室に向かいながら続きを話す。


 ふと比較的重要なことを思い出した。


「休み中、妹がそっちに行ったんじゃないですか?」

「ああ、きたな。いきなり呼び出されて、喫茶店で奢らされたよ」

「すみません。もの静かなわりには、強引な性格をしているもので。きっと僕のことを、あることないこといろいろしゃべったんじゃないでしょうか」


 僕はそれとなく探りを入れてみる。


 連休の初日、いきなり訪れた妹のゆーみに佐伯さんを見られてしまった。うちにきた後に滝沢のほうにも行ったはずなのだが、佐伯さんのことを彼に話したかが問題だ。もし話しているとしたら、どのように伝わっているのだろうか。


「お前に彼女ができたらしいな」

「……」


 話したらしい。


「具体的には何と?」

「一年の佐伯くんか」

「そんなことまで言ったんですか!?」


 最悪だ。


「いや、言ってない。俺が少しカマをかけてみただけだ」

「……」


 ……最悪だ。


「何かあるとは思っていたが、やっぱりそうだったか」


 ふむ、とひとり納得してる。


「滝沢……」

「安心しろ。誰かに言うつもりはないよ。これ以上お前の信頼を損ねたくないからな」

「いや、そうじゃなくて、たぶん大きな誤解があるような気が……」


 だいたいにして前提条件からして間違っているのだ。僕たちは彼氏彼女といった関係ではない。


「でも、まぁ、いいです。誰にも言わないのなら」


 必死になって否定しても泥沼だろう。


 諦め気味の僕の行く手に教室が見えてきた。滝沢とともにドアをくぐる。


 朝のショートホームルームまでにはまだ時間があった。登校するには早くもなく遅くもない。故に教室にいる生徒は全体の半数以下。特筆すべき光景としては、宝龍さんの席に彼女と雀さんともうひとりクラスメイトが、集まってしゃべっていることくらいだろうか。


 僕はそれを見て、おや――と思った。


 宝龍さんが教室に入ってきた僕に気づき、ちらとこちらを見たが、すぐにまた視線をもとに戻した。


 僕は滝沢と別れ、自分の席についた。制鞄を机の横の床の上に置く。


 と――、


「おはよう、恭嗣」


 宝龍美ゆきだった。


「あぁ、おはようございます」


 さっきまで席でしゃべっていた宝龍さんが、それを切り上げて僕のところにくるとは思っていなくて――不意を突かれた。


「どうだった?」


 あいていた前の席のイスをこちらに向け、腰を下ろしながら問う。


「何がですか?」

「彼女とのデート」

「別に。いたって普通でしたよ。それと、あれはデートなんてものではありませんから」

「ふうん。そう」


 彼女は笑みを含ませて相づちを打った。


「あの子が言ってたあれ、選んであげたの?」

「まさか。そんなわけないでしょう」


 嘆息ひとつ。

 確か彼女だって本気にしていないと言っていなかっただろうか。


「そう、残念。恭嗣ってそういうとき、きちんと選んであげるのかそれとも慌てるのか、それを想像したら少し楽しかったわ」

「楽しまないでください、そんなことで」


 因みに後者だったが。


「ところで、何か気がつかない?」


 そう言って宝龍さんは、机に両肘を突き、組んだ指の上に顎を乗せた構造で、僕を正面から見据えた。


「髪型を変えたことですか?」


 ボリュームをつけたハーフアップの髪。まるでファッション雑誌から抜け出してきたみたいだ。ここまで様になる高校生もそうはいないだろう。


「気づいていたのなら何か言ってくれてもよかったんじゃない? ……それで感想は?」

「よく似合ってますよ」

「嬉しいわ。でも、ありきたりね」


 宝龍さんは僕を睨んだ。たぶんそのつもりはないのだろうが、目つきがきついので自然とそう見えてしまう。


「それとね、少しずつ部活にも出るつもり」

「部活? 文芸部ですか?」


 そう言えば、彼女は文芸部員の名簿に名を連ねているが、まったくと言っていいほど何もしていないことを思い出した。


「それはいいことだと思います」

「そういう女って、どう?」

「どう、とは?」


 質問の意味するところが理解できず、僕は思わず聞き返してしまった。


「見た目も悪くない、自分をコーディネイトすることも怠らない、成績もそこそこいい、加えて高校生らしくクラブにも出る。そういう女を恭嗣はどう思うのかしら、という意味よ」

「……」


 ずいぶんと控えめな表現を選んだものだ。水の森で知らないものはないというクールビューティとは誰あろう目の前の彼女だし、成績は常にトップ。滝沢が万年二位だと嘆いていた。


 それは兎も角。


「……普通、でしょうか」


 僕の口から出る感想はそれしかなかった。


「普通? そう、これでやっと普通なのね。いったい何が足りないのかしら? 一緒にいる時間?

 同じクラスなんだから、同棲してるあの子とだってそう変わらないはず――」


「ちょっと待ってください」


 かたちのよい顎を指でつまみ、視線を落として何やら考えはじめた宝龍さん。それがどうにも望まない方向に向かっている気がして、僕はそれを遮った。


「ひとつ確認させてください。……あなたは僕に興味などない」


 そして、僕も彼女の興味を持ったことなど一度もない。


「そうね。でも、それも過去形かもしれないわ」


 冗談を言っているふうではない――が、彼女の場合、目つきのせいで冗談を言っても、そう聞こえないことが多々ある。――そう言い聞かせて、今は判断を保留にしておこう。


「いっそのこと、私も恭嗣に下着でも選んでもらおうかしら?」

「ッ!?」


 これにはぎょっとした。


「冗談じゃない。勘弁してください」


 この前の佐伯さんのときに酷い目に遭ったばかりだというのに、また同じような目に遭わされてはたまったものではない。しかも宝龍さんだって? 確実に僕は死ぬ。


 悲鳴にも似た嘆願。


 すると、宝龍さんは突然くすくすと笑い出した。


「今わかった気がするわ。私が恭嗣を揺らすのに足りないのは、きっとこういう部分ね」


 そう言ってまたおかしそうに笑う。


 対する僕は、不貞腐れたように頬杖をつき、投げやりな気持ちで彼女を見ていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます