ラノベ学科の劣等生

作者 @Rui_tukiyo

137

62人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 背景、及び人物描写を極力しないことによって、ストーリーのみがスッと頭に入ってくる。ウェブという媒体を考えれば十分にアリだ。
 ちなみに主人公以外の登場人物に共感を覚えるのは、私だけではないはずだ。特に講師の言っていることは言いえて妙。普通ライトノベル書くだけで食っていこうとは思わない。全うな人間は兼業でやるものだ。ずっと一人で生きていくというのであれば、別だろうが。

Good!

――

ここまで失礼な主人公なかなかいない!wナルシシストな彼が今後どんな挫折と成長をするのか期待です。納得できる部分もありつつ失礼だろと思うこの作品。主人公の独特な性格と特定サイトを独断と偏見で語っている部分があるため人を選ぶかも。

ただひとつ気になったのは誤字ですかね…

★★ Very Good!!

――

ひょっとしたら、ずっと「俺TUEEEE」でいってしまうのではと危惧していましたが、そうでないとわかったので、★入れました。これから、面白くなりそうです。自家中毒っぽい方向に行ったら更に面白いのですが。。。

★★ Very Good!!

――

好意であれ、敵意であれ「無視できない」と思ってしまった時点で、小説としての掴みは成功していると言わざるを得ないのです。
そう、実際に私は挑戦的な大言壮語に踊らされて、読んでしまった。

全方位に向かって喧嘩を売るロックさは、ほとばしるエネルギーの表れと言えなくもない。

きちんとした実力があって、それを評価できる「本物」がいて、自分はそうした本物とめぐり合う事が出来る。
若く、才能にあふれた主人公はそう思っているし、実際、そうなっていくのだろう。

現実は、そうではない。そのようにはいかない。
しかし、天才の主人公だけは違う。
彼が見下す「偽物」たちが、現実を雄弁に物語っているにも関わらず、だ。

だからこそ、勝利の確定した物語に、羨望と嫉妬を抱かざるを得ない。
この夢物語に、幸いあれ。

★★ Very Good!!

――


商業に対する痛烈な批判は、かつて芸大の門を叩いた自分に。
なろう作家の周囲への配慮は、今や全てに打ち破れた自分に。
それぞれ幾分かずつの共感が。



果たしてタカフミは自身の掲げた正論を貫徹出来るのか。
それとも星夜の様になろうの色に染まる事で人気作家にのし上がるのか。

これからどういう方法で主人公が成功への道を切り開いていくのかが楽しみです。

実在のサイト名を出してしまった以上、あまりに現実と剥離した結果は描けないでしょうし、6話移行の展開が真の評価の分かれ目になってくるのでは無いでしょうか。

今は期待を込めての☆2とさせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

――

 四話まで読みました。
 はじめてレビュー書きます。
 率直な感想を述べますと、非常に衝撃を受けました。
 なぜなら、こんなに生意気で応援したくないなと思えるほどの主人公、なかなかいないと思ったからです。
 しかし、主人公の尖った考え方の全てを肯定はできないけど、ある部分では自分にもあてはまるかもな~と思わせる、不思議な作品です。 

 この物語の主人公は、承認欲求が強く、とても自尊心が高い少年です。
 まだ小説を一度も書いたことがないけど自分には特別な才能があると、根拠のない自信を振りかざします。そして、売れないプロ、地道に努力しているワナビ、なろう作家等々に対して、次々と論破していきます。
 一見、この人たちの方が正論を言ってるんじゃ……なんて思えるやり取りも、主人公はなんだかんだと言い負かしてしまいます。
 この部分が他の作品にない個性なのではと思います。
 
 これは私の考えですが、
 創作の全ては「なんでもできる」から始まっていくのではないでしょうか。
 そして、いろいろと自分の足で経験を積んでいくうちに、自分のできること、できないことがわかってきて、自分は意外と思ってたよりもできないぞ、と感じる。そういう経験をいくつか重ねていくうちに、やがて人に対して謙虚に接することができるんだと思っています。
 この主人公は、そんな「全能感」むき出しの、非常に強い個性を持ったキャラクターだと思います。
 私としては、この先の展開でも、この尖った考えを貫いてほしいですね(笑)

★★ Very Good!!

――

最新話(4/12現在)まで読みました。某所にたいして結構な口ぶりで大丈夫かな?という印象です。文章は比較的少なめだと思います。
主人公はタイトル通り最初から天才的なナニかを持っている模様です。

ルビなども丁寧に付けられていて読みやすかったですが、最新話の方で誤字があったり、キャラの台詞文章が詰め込み過ぎてちょっと読みづらい印象でした。

★★★ Excellent!!!

――

著者の月夜涙先生は『エルフ転生からのチート建国記』でデビューしたプロ作家。
ツイートによると、全寮制男子校を卒業後、一部上場企業に就職。社内では出世し、印税と合わせて年収は一〇〇〇万円を超えているとか。

大企業就職者は文化資本が高いことで有名ね。
家族が医者や弁護士や管理職といったエリートだったり、趣味の腕前がプロレベルだったりと、一般人とは育った環境が大違い。
はてな匿名ダイアリーに投稿された「私だけ文化資本が貧しすぎる」は、その文化資本格差を生々しく描写してるわね。

上級国民である月夜涙先生の見事な分析眼が、『ラノベ学科の劣等生』を傑作に仕立て上げてるわ。

作家デビュー者の家庭環境を調べると、「物心ついた時には本を貪るように読んでた」「両親が読書家だった」「母親が大卒だった(Highest SESでさえ、母親の大学進学率は五割未満、二番目に豊かなUpper middle SESだと一割未満というくらい低い!)」なんて情報がボロボロ。どれだけ多くの石を投げても一般人には当たらないのが現実。ノー文化資本・ノーデビューな業界構造。
一方、本作の主人公はワナビに典型的な「俺はこれまでの人生で何も成し遂げてこなかった、プライドだけは誰よりも高いダメ人間だ。けれど、ラノベ作家になって一発逆転してやる! 印税ウハウハ、有名になって承認欲求もウハウハ!」タイプ。

リアルに物語を構築してたら、宇宙の年齢より多くの時間を費やしても、主人公がプロになるなんて不可能。
そこで、月夜涙先生は『魔法科高校の劣等生』メソッドを持ち込んだわ。主人公の言動を、無条件に世界が肯定するようにしたのよ。一流のエリートを育てた両親が、子供に無条件の愛を注いだのと同じように。

執筆経験がなかろうが、売れてる作品の良さが分からなかろうが、教師に反抗しようが、主人公は正しい。
全てが主人公にとって都合よく…続きを読む