第19話 孤独な女王7~冷たい月~

 冷たい月が姫子を見下ろしていた。


 窓の外はすっかり闇が支配していて、月の光が彼女の顔を照らし出していた。


 すでにそこには涙はなく、かすかに後が残っているだけだ。


 涙はすぐに枯れてしまった。


 ベッドに横たえられた体は、もうプロレスをできる身体ではなかった。


 当分は絶対安静と医師に堅く言われていた。


 右足と左手は完全に骨折していたし、肩の骨にいたっては完治は難しい粉砕骨折に限りなく近かった。




 枕元には楓がくれた花束が置かれていた。


 楓は見舞いに来たはいいが、泣いてばかりいた。


 姫子は仕方なく彼女を慰めるために、



「あなたのせいじゃないわ。私が望んだことよ」



 などと言ったりした。


 本心ではあった。


 しかし、悔しくもあった。 


 とにかく、自分は負けたのだと、ようやく納得した。



「まったく、楓も馬鹿だけど、あなたも馬鹿ね」



 と神沢恭子は憎らしいことを言った。


 当たっているから、何も反論できなかった。



 そんなことを想い返しているうちに、いつの間にか、窓際に男が立っていた。 


 精悍なシルエットを月明かりが浮かび上がらせる。


 中肉中背で一見、普通の人間に見える。


 しかし、ひとめ見れば、異質な雰囲気感じ取ることができるだろう。


  眼光はあくまで鋭く、口元には嘲笑としか思えない笑いが浮かんでいる。


 決して容姿が劣るわけではない。


 それなりに端正な顔つきではある。


 だけど、そのためにかえって冷たい印象を与えてもいた。


 そして、何よりも「邪悪」としか表現できない独特のオーラをまとった男でもあった。




「負けたようだな」



 低く端切れのいい声が響いた。



「見ての通り、無様なもんよ」



 姫子は敢えて強がってみせた。  



「確かに」



 小さく頷く。



「だが、お前の力不足だ。俺の教えた技の力を引き出せなかった」



「それは…」



 姫子は反論できなかった。


 それは真実だった。


 あの技『死音しおん』をこの男が使えば、どれほどの威力を持つか姫子が身をもって知っていたからだ。



「返す言葉もないか」



 冷たく言い放つ。




 男はそれだけ言うと、窓の外へと消えた。


 まるで重力というものを無視したような身のこなしだった。


 だが、地上7階の病室からどのようにして脱出するのか、そんな方法を姫子は知らない。


 ただ、彼が自殺するような人間でないことだけは確かだ。

 

 カーテンが風で揺れた。


 姫子はちょうど、右手が届くところにあるテーブルに何かが置かれているのに気づいた。



 それは一枚の紙であった。


 大きさはメモ帳ぐらいの小さなものである。


 菱形の紙に黒と白の月の紋章があしらわれていた。

 

 裏をめくると、文字が書かれてあった。



「沖縄で待つ」



 姫子は声に出して読んでみた。


 何度も何度も繰り返し反芻してみる。


 しだいに意味がつかめてくる。


 姫子の頬に熱いものが伝った。


 冷たい月の光はいつまでも姫子を包んでいた。







  


 < 第三章 第一部 完 >


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

少女格闘伝説 坂崎文明 @s_f

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画