第5話 異形の少女5

 神沢勇には最初、何が起こったのか分からなかった。


 ただ、全身に無数の衝撃があり、次の瞬間には彼女の身体は宙を舞っていたのだ。


 勇は独特の投げ技で身体を宙に浮かされ、さらに無数の高速の蹴りをその身体に叩き込まれていた。


 最後に、空に向かって駆け抜けた最強の蹴りが勇の身体をとらえた時、彼女の身体はほとんど天井近くまで舞い上がっていた。


 この技のおそろしいところは、むしろ、その後だった。


 自由落下してゆく勇は、いつのまにか両手両足を極められ、背中からマットに向かって猛烈な勢いで叩きつけられようとしていた。




 その技は、今まさに神沢勇の身体を粉々に砕こうとしていた。


 勇の意識は不思議とクリアーだった。


 人は死ぬ間際になるとそれまでの人生を走馬灯のように思い返すという。


 そのたった数秒の間に、勇はプロテストのことを思い出していた。




 その時、勇は自分のもつすべての力を解放した、最高のジャーマンスープレックスホールドを放っていた。


 疲労の頂点にあった彼女の身体は、最後の力をふり絞って、その技を繰り出していた。


 その技の後には、彼女の力は一滴も残っていなかった。


 最高の充実感と快感が彼女の身体を熱く包んでいた。


 身体の力を最後の一滴まで、ぎりぎりとふり絞るような闘いがしたい。


 自分のもつ最高の技を出しても、それでもなお、かなわない相手と彼女は闘いたかった。


 たったそれだけ、シンプルな意志だけが彼女の中に生まれていた。


 だが、彼女はその技で、プロテストの相手の身体を壊してしまったのだ。


 それ以来、恐怖が彼女を呪縛して、その技を出せなくなっていった。



 いつも手加減ばかりしている自分が嫌だった。


 だが、彼女の前にいる、この少女は何のためらいもなく、すべての秘技とパワーを勇の身体に叩き込んでくる。


 勇はまだ、それに答えていない。


 力を出しきっていない。


 そうだ。


 あの時のような最高のジャーマンを出すのだ。


 そう思った時、彼女の身体は自然に動いていた。


 驚異的な力が彼女に宿っていた。


 空中で両手の関節技を外した。


 その直後、彼女の肩はマットに叩きつけられていた。


 かろうじて勇は受け身を取っていた。



 普段の勇なら全く動けなかったかもしれなかった。


 だが、勇の身体は凄まじい潜在能力を発揮しつつあった。


 技が決まった時、誰もが油断する。


 秋月玲奈といえども例外ではなかった。


 しかし、たとえ分っていてもかわせるものではなかった。


 おそるべき加速が勇の身体に生まれていた。


 気づいた時には、勇は玲奈の背後に回り込んでいた。


 玲奈の腰を両手でがっちりとロックする。


 次の瞬間、そのまま背後に投げていた。


 勇の身体はきれいな弧を描いて、玲奈の肩をマットに沈めていた。




 ジャーマンスープレックスホールド。




 その打撃音は会場中に響き渡った。


 すさまじい衝撃がリングを震わせた。


 おそらく、まったくの不意を突かれた攻撃の衝撃で玲奈の脳は揺さぶられ、意識は一瞬にしてどこかに飛んでしまっているに違いなかった。


 が、玲奈もまた尋常な身体ではなかった。


 一瞬にして、腰をつかんでいた勇の腕を振り払ったかと思うと、驚異的な回復力で、すぐさま起き上がったのだ。


 逆に、態勢をを整えようとした勇に襲いかかっていた。




 蹴りと正拳の打ち合いととなった。


 嬉しかった。


 勇の前には、力の限り闘える強敵ともがいた。


 ただ、嬉しかった。


 玲奈といっしょに、いつまでも闘っていたかった。


 遠くで、ゴングが激しく打ち鳴らされているのが聞こえる。


 もはや、ふたりの闘いをそんなもので止めることはできなかった。


 ふたりは、ただ闘うだけの二匹の獣であった。


 何か熱いものが勇の身体を満たしていた。


 次の瞬間。


 勇の身体に歓喜が湧き上がった。


 




 < 第一章  完 >




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます