アウロラ

 スケさんの迅速で的確な操作によりエアコンの温度は下げられた。


「おかしいわね、一時的な故障だったのかしら?」


 シュレムも、こぼれたミネラルウォーターを丁寧に拭いてくれる。

 僕は平常心を装って、植民惑星査察官らしい真面目な話題を彼女に振った。


「是非知っておきたいのだが、オーミモリヤマ市の学校教育はどうなっているんだ?」


「それは……私が説明しましょう」

 

 質問には、真後ろに座っているアディーが答えてくれた。カクさんは何と彼女に膝枕してもらっている。しかも背中をナデナデされて夢見心地。僕は運転しながら歯ぎしりをした。

 そいつには気を付けた方がいいのに! ……何されても知らないよ、赤ずきんちゃん。


「成人までは女子校で一貫教育ね。その後進学したり、働き口を見つけて就職したり……子育ては大半、A級奴隷に任せているから仕事のない女性はほとんどいません」


「では男は……AクラスやBクラスの奴隷達は?」


「A級・B級分け隔てなく、男は生まれながらにして全くの無学。最低限の読み書きは、寺子屋制度にて年長者から教わる伝統だけど。それ以上の勉強は反乱分子を育成しかねないので基本学問は禁止。まあ、隠れて勉強しても特にきつい罰則はありませんが」


「ひでえなぁ……天才的に賢い男や、特別屈強な男は出現しないのか?」


「男はかわいそうな生き物よ。今まで能力的に私と同格の男に出会った事はないわね。あ、S級奴隷は例外」

 

 いかにも優等生っぽいアディーが、自信満々に答えた。助手席のシュレムが続ける。


「地球人には分からないかなぁ。今こうして男である、あなたと同乗している事自体、私達の世界ではありえない」


 後ろの方からスケさんが訊いた。


「多少なりとも我慢しているの? オカダ君に」

 

「姿形は奴隷と全く同じなのでね……でも慣れてきたよ。地球人はやっぱり違うと思う。特別に認めてあげるわ」


「良かったね、オカダ君。一応リスペクトされているみたいよ」

 

 スケさんの言葉は、僕にとって慰めにもならないよ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます