第72話 蒼の恐怖 その1




 

 ―――『蒼雷』。

 招来した轟雷をその身に纏い、己の力へと転化・利用する、非常に強力な戦闘魔術だ。

 近距離クロスレンジにあっては打撃に電撃を付与し、一合一合ごとに相手の体力と精神力とを、雷撃にてじわじわと容赦なく削る。遠距離ロングレンジにあっては、高電圧の雷光弾を放つ。それに加え、まさに疾風迅雷の如くき俊敏性を得ることが出来るなど、アークライト家の一族の武勇の根幹を成すといっても過言ではない、門外不出にして、秘伝の魔術である。

 その創始者、つまり魔術式の考案・開発者は、エドワード聖武王の軍師をつとめたエリオット=アークライト伯爵であることは周知の事実なのだが、逆を言えば、それくらいしか、世には明かされていない。秘伝の名は伊達ではないといったところか。

 魔術式が門外不出なら、現象を実際にこの目で見て構成式を解き明かそうという試みも行ってきたが、再現はまるで叶わなかった。

 これほど複雑怪奇に組まれた、さながら時代錯誤遺物オーパーツとでもいうべき超高度な構成式を、何故、魔術が普及してたかだか100年というような時代に開発できたのか。それに、エリオット=アークライト伯爵の魔術史における事績はこの『蒼雷』の開発くらいで、その他に特筆するべきものは皆無と言っていい。これほどの魔術式を開発できる能力があるにもかかわらず、だ。

 誰か、他者からの入れ知恵があったのか。

 だとすれば、それは一体何者なのか。

 そもそも、果たしてそれは人間なのか―――。

 この間、書店で立ち読んだ三文小説をふと思い出す。タイトルは忘れたが、歴史物、いわゆる暗黒期物だった。歴史考察はしているようだが、語彙は稚拙、何より魔術を使った際の描写が非常にお粗末なのが鼻につき、序盤から読む気を削がれた。

 なんでもその小説は、エドワード聖武王を庇護したという史実上の謎の女性・エルフィオーネ婦人が、実は『第二次討魔大戦』を終結に導いたとされる大英雄・与え姫であったという。そんな荒唐無稽な設定のもとで描かれていた。これも失笑ものだった。

 一応、斜め読みでパラパラと最後まで読んではみたが、あの調子では、エルフィオーネ婦人こと「与え姫」は、軍中でもただの置物では終わらないだろう。エリオット伯に師事・策に口出しをしてくる展開も大いに考え得るだろう。それなら、エリオット伯に『蒼雷』を伝授したのは、他ならぬ「与え姫」であったという理屈も、あの作内では成立してしまうというわけだ。馬鹿馬鹿しい話ではあるが。

 そも、アークライト家の一族であるアリシアと接点こうゆうを持とうとしたのは、この『蒼雷』の魔術を解明するため、という目的が第一にあった。

 寧ろその目的がなくば、隣に居られると些か明るさと賑わしさに過ぎるあの人柄とは、面と向かっては相対しきれない。性格が真逆すぎて、内に籠りがちのクラウディアには、些か眩しすぎる―――一言で言うと、正直、苦手な部類ですらある。

 そんな、ベクトルの違う努力を無理に行ってまで解明しようとして、結局惨敗に終わった、この『蒼雷』の魔術を―――なぜ、たかだか行きずりの魔術師が扱えるというのか。



 この魔術師、一体何者なのか。

 名前をそういえば聞いていなかったが―――。



「どうした。小娘。撃ってこないのか? 睨み合ってばかりでは、暇で仕方がないぞ。まさか、早々に怖気づいたのか? ならば御先祖様がそうしたように、さっさと降伏いのちごいしたらどうだ? うん?」

 先の控えた態度は服と共に脱ぎ捨てたのか、いちいち癪に障る煽りを連発してくる。ここまでの人間の豹変ぶりは、そう見れるものではない。だが、憤慨で驚愕を吹き飛ばすには丁度いい。怒りを闘志に換える。兄に教わったやり方だ。

 なぜ『蒼雷』を扱えるのか。いや、そもそもアレは本当に『蒼雷』なのか。

 もしかすると、見た目だけが似ている、見せ掛けだけのハッタリの可能性だってある。寧ろよくよく考えてみれば、その線が一番尤もらしい。何しろ大前提として、アークライト家の者しか知らない、扱えないという絶対条件があるのだから。

 それに、対戦は「まだ」したことがないが、アリシアの試合は、今までに何度も見てきた。実際に戦った場合にはどう動き、どう対応するかのシミュレーションも、既に頭に出来ている。

 結論。万が一本物の『蒼雷』だったとしても、恐るるに足らない、ということだ。

「挑発と煽りが上手いのはわかった。お望み通り、乗るよ」 

 クラウディアは、たん、と爪先で地面を叩いた。合図にするように、周囲に燃え盛る火球が幾数も浮かび上がる。

「行け」

 射出!

 目標はもちろん、未だ動こうとしないエルフィオーネに一直線。そしてもう一つ。目に見える正兵に対する「奇兵アンブッシュ」を、見えないところに潜ませてある。




 ―――逆に屈服させ、持ちうる魔術のカラクリ、その全てを吐かせてやる。




 怒り、好奇、期待。

 クラウディアは内に、様々な炎を激しくも静かに灯して驚愕を燃やし去り、それすら燃料にするように、一気に闘志へと換えた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る