女王の化粧師

作者 千花鶏

ぐんぐん物語に引き込まれていく!ダイソン並みの吸引力!

  • ★★★ Excellent!!!

はじめに言っておくが、けっしてふざけているわけではない。
大真面目だ。
私の語彙力を持ってこの物語の魅力を語るには一番的確でわかりやすかったのがダイソンだった。
もちろん、この物語における吸引力はゴミを吸い込むためのもののことではない。読み手を引き込むものだ。
読書が好きな人間ならば、体験したことがあるのではないだろうか。ふと読み始めた一冊、おもしろくて楽しくてページをめくる手が止まらなくなること。食べることも眠ることもその物語を味わう前には無力で、ひたすらラストにたどり着くまでのめりこんだこと。きっと何度もあるだろう。
この物語はまさしくそれなのだ。
読むことをやめられない。冒頭で引き込まれ、読み進めれるほどにぐんぐん世界に引き込まれる。続きを渇望している。
これはまさしく、「女王の化粧師」の物語。きっと、あなたにとってのたまらない一作になるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

青柳朔さんの他のおすすめレビュー 24