女王の化粧師

作者 千花鶏

487

166人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

pixivでの漫画から原作にたどり着きました。
徹夜で読んでしまった上に、作者様のサイトまで行って読んできました…。掌篇集たいへん楽しませていただきました。

この作品は出てくる人物全員がそれぞれ色々抱えていて、その人間的な魅力が大好きです!

ダイとヒースの関係や、ダイとマリアージュの信頼関係、それぞれの関係性がしっかり描かれていてどんどん引き込まれました。

読んでいくうちにマリアージュの成長ぶりに感激しました(笑)

この世界観で描かれた他のお話も大変面白かったです!

書籍版も購入させていただきましたが、見所がここから!!という所で終わってしまったので続刊を期待して待っております。

最後になりましたがこれからも更新楽しみにお待ちしてます!どうぞご自愛くださいませ(*^^*)

★★★ Excellent!!!

誰もが憧れる美貌のその人も、ただの人間で。
登場人物すべてに感情があって、立ち位置があって、わがままに振る舞うことができない理性が、背景が、切ない、って言葉の意味をダイレクトに心臓にねじ込んでくる作品です。

現在最速公開されているサイトですべてを読みきりました。
無料で公開してていいんでしょうか?早くすべてを書籍化して課金させてほしい。。
それほどにしっかりと練られたストーリーと登場人物、設定です。
文章力がとにかくすごく、登場人物の心情があますところなく伝わってきます。
どうして彼が好き?彼女じゃなきゃだめなの?と疑問を覚える作品は多いですが、もう、わかりすぎて辛い。抱える苦悩もそれに付随する問題もわかりすぎて切ない。現状を打破する一手が読者も思い浮かばなくて、登場人物と一緒に苦悩する。
そして、少しの幸せの時間に一緒になって微笑んでしまう。
ここまで、登場人物を愛しいと思わせる作品はなかなかないです。

とにかく上手いです。
そしてとても丁寧です。

女王の化粧師、ぜひみなさんに読んでもらいたいです。

★★★ Excellent!!!

たまたま、見かけた漫画版から、凄く気になって訪れました。

最近、よくあるサクセスストーリーかな?
読んでいて楽しいよね✨と読み進めていたら、、、

いい意味で、単純じゃなかった❗

骨太だった!

伏線もマメに回収してるし、次々と事件は、起こるし❗
それなりに、主人公ラブや、主従ラブが、いい感じで入っています。
主人公と共に成長する、主も大好きなキャラクターに育ち、わくわくがとまりません。久々に目がいたくても止まらなかった~😆幸せ~✨

池上永一さんの「テンペスト」上巻を書籍で買って、あまりの面白さに寝食削り、次の日に慌てて下巻を買いに行った日が懐かしいくらい、、。仕事中、眠いのに、待ちきれんかったなあ。すごいボリュームな書籍で、辞書みたいな本を一晩中読んだわ~。

で、今では、Amazonでポチリできちゃうので、買いました。書籍。
もう、最初の欠片しか話がなくて、こっからが見物なのに~😳もったいない❗

やはり、デジタルは、目にやさしくないから、書籍で、お願いします!

是非、是非書棚に並べさせてくださいませ~。

作者様、更新すっごく楽しみにしてます。


★★★ Excellent!!!

久々に、面白い作品に出会い
引きこもって読んでます。
とにかく面白い
ボキャブラリー少なくて申し訳ないけど、面白い作品は、それだけでいいと思ってます。
この作品を産み出したあなたが素晴らしい‼️今後も楽しみに、そして完走まで是非是非お願いします。
お体ご自愛くださいね。

★★★ Excellent!!!

面白い!!!
とにかく、面白い!!!

何人もの方が、睡眠を削って一気読みした、と書いてあるのがよ~くわかります。
物語は相当ざ~っくり書くと、題名の通り、女王の化粧師である主人公を始め、その主人である女王や登場人物が、苦闘しつつ自分の手で自分の居場所、自分の立ち位置を獲得していく話。

無駄のない構成、繊細な心理描写、研ぎ澄まされた表現力、重厚な世界観。どれをとっても秀逸です。理性と感情の間で揺れ動く切ない恋心。過去が一つ一つ明らかにされるたびに、浮かび上がる真実。登場人物一人一人がそれぞれ個性豊かに丁寧に描き分けられていて、とても魅力的です。

もうもうもう、のっけからぐいぐい物語に引きこまれて、気が付いたらすべきことも、寝ることも横へ押しやって一気に読みふけってしまいました。
各所に張り巡らされた伏線。ちりばめられた謎がまた、読み返すとばっちりはまって「なるほど~!!」とまた面白い。2度でも3度でも楽しめる物語。

面白い!!!
とにかく面白い!!!
力を込めて、おすすめです!!!

★★★ Excellent!!!

なかなか入り組んでいて、かつどんでんもあります。また、化粧の凄さを実感します。自分の成人式の前撮りでも実感しましたが…。あと、少しだけ、化粧を真面目にする気になります。

ハッピーエンドかは個人的には謎ですが、非常に引き込まれます。キャラクターも個性的で魅力的です。嬉しいけど困ったことに、ここ数日の寝不足の一因です。

ただ、ここまで一気に読んで、きになるところで続きがまだ、は生殺しです(泣)ごめんなさい、お願いしますから続きください。

★★★ Excellent!!!

切なさや喜びや時に笑いがいっぱいつまった作品で、読むのをやめられませんでした。
登場人物も、それぞれ魅力的で始まりの一節はなんのことを言っているのだろう…と考えながら読むのもまた楽しかったです。
今後の展開も気になってしかたがないです。更新を楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

睡眠時間を削りに削って二日で読みました。こちらに掲載されている分だけでなく、未掲載の分までサイトにお伺いして番外編まで余すところなく拝読しました。
家事をしてても続きがきになって仕方がない。
これほどの長さがあるのに、全く気にならないほどぐいぐいと読めてしまう。
ストーリーの緻密さ、人間関係の複雑さ、惹き付けてやまないキャラクターたち。
色鮮やかで、けれど光と影を幾重にも重ねて描き出される物語は、主人公のダイが描き出す化粧ともよく似ていると思います。

というかすみません。
もう語彙力皆無で言います。
面白くて困る!!!

★★★ Excellent!!!

 物語は主人公が化粧の腕を買われ、貴族の青年に請われて花街を出て、女王候補の少女に仕えるところから始まります。
 最初の舞台は没落から逃れようと足掻く貴族の館、一国内の話です。その中での人間関係や女王選出戦で出会う人々との関わりを通して主人公たちは成長していきます。その結果、主人公たちが得たもの、そして主人公の手からすり抜けて行ってしまったものは……は、本編を読んでお確かめいただくとして。
 けれど、序幕の最後、主人公たちが勝ち得たものの背後には、大陸全土に吹き荒れる動乱の嵐がすぐそこまで迫っています。ここからが本当の始まりです。一幕から舞台は多くの国々を巻き込んだ大きなものへと移っていきます。それとともに、魅力的な登場人物たちも当然ながら増えていきます。

 読み始めたが最後引き込まれ、泣き、笑い、怒り、迷い……気付けば登場人物たちとともに激動の時代に翻弄される楽しさ。その合間に挟まれる、世界の美しさ、登場人物たちに感じ始める愛おしさ。
 単純な成り上がり物語ではありません。主人公を始めとする登場人物たちは皆、人間的な弱さから間違ったり、迷ったり、互いの育ってきた環境から来る齟齬や曲げられない信念のぶつかり合いと自身の感情の間で苦しんだりもします。その過程で傷ついたり命を落としたりする者も出てきます。
 そういった、美しいだけでも甘いだけでもないシビアな物語ではありますが、恋愛的なときめくシーンも、一癖も二癖もある人物たちによる自国の生き残りを背に負った政治的駆け引きシーンも、緊迫感迫力とも素晴らしく手に汗握る戦闘シーンも、是非全編通してお読みいただき、たっぷりと浸っていただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

ハマりました。本を読むように、(あとどれくらいかな…もっと読みたいな…)と思いながら読みました。まだおしまいになっていませんが、星をつけさせていただきます。なんで星みっつしかつけられないんでしょうね???それくらい好きです。

主人公の魅力、周りを固めるキャラの魅力、何よりしっかりした世界観が素晴らしいです。本当にありそうな国や地域!書き込み方がすごい。だけでなく、恋愛シーンが床のたうち回って悶えるくらいキます。呼吸困難になるくらいときめきたい方、こちらへどうぞ。

★★★ Excellent!!!

登場人物のキャラクター、予想を裏切っていく展開がとても魅力的な作品。話数が多く、文章も若干難しめなので読むのには決心が必要かもしれないが、それだけの価値がある。

各々の女王候補や国が抱える事情、国による宗教観の差異、難民の受け入れ問題など、現代社会に繋がるような問題も、世界観を壊さずに詳細に描かれており、一度読むとひきこまれる作品だ。

主人公の恋心の描き方が個人的にはこの話で一番好きな部分。ある時は情熱的である時は切なくある時はとことん甘くある時は背徳的に。癖になるくらい目が離せない展開となっている。

★★★ Excellent!!!

しつこいぐらいに甘い物語とは違います

主人公と彼や彼女ら周りの
時には胸がキュンとなるような
ワクワクするような甘さもあります

また
主人公に対して
辛く悲しい現実が多く襲いかかり
胸がザワザワしたり
胸が締め付けられるような
泣きたくなるような苦さもあります

私は読んでいてここまで喜怒哀楽
感情を揺さぶられた物語はないと思います!

甘くて苦いビターチョコのような読み飽きない物語をありがとうございます!!

★★★ Excellent!!!

はじめに言っておくが、けっしてふざけているわけではない。
大真面目だ。
私の語彙力を持ってこの物語の魅力を語るには一番的確でわかりやすかったのがダイソンだった。
もちろん、この物語における吸引力はゴミを吸い込むためのもののことではない。読み手を引き込むものだ。
読書が好きな人間ならば、体験したことがあるのではないだろうか。ふと読み始めた一冊、おもしろくて楽しくてページをめくる手が止まらなくなること。食べることも眠ることもその物語を味わう前には無力で、ひたすらラストにたどり着くまでのめりこんだこと。きっと何度もあるだろう。
この物語はまさしくそれなのだ。
読むことをやめられない。冒頭で引き込まれ、読み進めれるほどにぐんぐん世界に引き込まれる。続きを渇望している。
これはまさしく、「女王の化粧師」の物語。きっと、あなたにとってのたまらない一作になるだろう。