青い花

幸せになりたいってずっとずっとおもっていた

青い鳥はいつまで経っても姿を見せない

いつまでも待っていたわたし



湖のほとりに咲こうとする花を

窓から毎日眺めていた


晴れの日は空高く伸び

雨の日もその痛みを吸収しようと

やがてつぼみは青くなって


それがわたしの探していたものだって

はじめて気がついた



小鳥はさえずり

木々は揺れ

こうして世界は華やいだ


けれど私の部屋は

いつまでたっても散らかっていて



それからしばらくして

誰かが窓の外を走るのを見て

その近さを知った

外に出ることなんて考えもしなかったから


下駄箱から靴を取り出して


まず

見にいこう

あの青い花を

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます