四章 そして戦いの鐘が鳴る

  000 ふたり




「――おかえり、修二くん」

「ああ。ただいま、夏希」


 そうして少年と少女は向かい合った。


 日差しはとうに傾いて、世界は真っ赤に染まっていた。

 三重立体交差点は変わらずの交通量で車両を仕分けしている。


 夏希は身を預けていた歩道の欄干からひょいと跳ねると、くるりとポニーテールで弧を引きながら微笑んだ。

 修二はそんな彼女の姿にしばらく見惚れてしまっていた。


「そんなに見られると、恥ずかしいよ」

「ああ、ごめん。綺麗だったから」


 二人の後ろには、それぞれ従者が声もなく控えている。

 セレネは何かを言いたげに。イスカは全てを主に預けて。


「夏希」

「うん」


 言わねばならないことを言う。

 やらねばならないことをしよう。


 修二はとっくに、覚悟を決めている。


 壁は高く、敵は強大で、勝ち目はどこまでも薄いけれど。

 だからどうしたと、運命に反抗しなければならない。



「――勝負をしよう」



 きっと夏希も、その言葉を待っていた。

 目を輝かせた彼女は、まるで告白でも受けたかのように胸を手で押さえて、その言葉を何度も反芻するように目を閉じた。


 修二は、勝たねばならなかった。

 それだけが、夏希の隣に並び立つ唯一の方法だった。


 この先どんな強敵が来ようとも、それが夏希を超えることはない。

 分かっている。敵はそれほどまでに強大だ。


 だからどうした。


 これは理屈じゃあない。

 修二は夏希に勝たねばならない。そうでなければ納得出来ない。釣り合わない。


 夏希を打ち負かさなければ、修二は二度と立ち上がれない。



「――いいよ、やろう」



 そうして、自然と突き出した拳を、二人でぶつけあった。


「さいっこうの勝負をしよう。全力で君を打倒する。君がどんなに覚悟しようが、私たちは負けない」

「そうだな。夏希は強い。セレネもだ。――それでも、勝つのはこっちだ」


 修二は胸を張って答えた。

 そう答えられた。


「俺とイスカなら、誰にも負けない。夏希にだって負けるもんかよ」


 修二の目に宿る情熱は、太陽の如くに燃え盛る。

 それは夏希がかつて見たもの。己と同じ勝者の本質。


「一度も負けたことのないやつに、負けてられるか」


 だからどうした、そう言えること。


 ああやっぱり間違っていなかったと夏希は笑った。

 鷲崎修二は、誰よりも勝利を信奉している。それはもう、夏希ですら怖くなるくらいに心酔している。

 普通の少年のはずなのに、勝利への感情だけは人一倍だ。

 ずっと、それを感じていた。


 だから敗北の度に悔しくなって、彼は心を折られかけていた。

 修二は心が強いわけではない。普通の少年だ。神を見るかのような目で全てを捧げたものに無碍にあしらわれて、心が折れないわけがない。


 それも――もう過去の話だ。

 もう修二は、普通の少年ではない。気が狂ったと言えば、その通りだろう。

 夏希と同じ、ケダモノだ。


 それがなければ生きていけない、麻薬のようにそれに依存した、勝利の求道者、探求者。

 その生命の全てを賭けて勝利の栄光を求める大馬鹿者。


 夏希がその時得た直感は、生涯で味わったことのない、畏怖と敗北感と克己心の綯い交ぜにした期待だった。


 さいっこうだ――さいっこうに最高だ。

 夏希は今すぐ彼にぎゅっと抱きついて、顔をうずめて、キスをして、好きだと百万回連呼したいキモチをぐっと堪えた。


 それは後だ。

 彼を完膚なきまでに叩きのめしたその後に、勝者の権利として、彼をわやくちゃにしてやろう。

 ぎゅっとして、ちゅってして、そのままずっと離さない。次の勝負の時までは。


 鷲崎修二が、まだ弱い少年が、空を目指しているとしても。

 勝利のためにそれを叩き潰す事に、否やはない。


 それで愛する男がどうなろうとも、雛森夏希は止まれない。

 それはもう、あちらだって分かっているはずだ。

 病に侵されたこの私に、あろうことか勝負を挑むというのだから。


 私がぶっ倒れるとか、彼が心に傷を負うとか、そういうのは関係なくて。

 純粋に、勝ちたいから戦うのだ。


「望む所だよ、修二くん。君に、勝者の視点を見せてあげる」

「言ってろ、夏希。お前に、敗北の苦しみを教えてやる」


 それだけ言い残して、二人は背を向けて歩き去った。


 戦いは一週間後。

 アリーナはトライアーム。


 あの日、初めて出会った場所で、少年少女は雌雄を決する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます