041 なみだ



 修二はどうにか事態を飲み込むと、ふらつく頭を抑えた。


 夏希を取り巻く運命は、修二を打ちのめしてなお重い。

 イスカの連れた宿業は、修二を突き放してなお深い。


 ともすれば世界中全てが彼女の敵になるかもしれなくて。

 修二みたいな極普通の一般人が立ち入れる隙間は、やっぱりない。


 それでも、覚悟は決まっている。

 大丈夫。今なら言える。行かねばならない。


「姉さんは知ってて、黙ってたのか」

「そうです。余計なことを知る必要はないし、隠蔽すべき事柄だからって」

「夏希も狙われる立場なのか」

「今はまだ。姉さんと僕と瞳さんと、数名の偉い人しか知りません。当の本人が目指すは世界とか言ってますから、いつかはバレるでしょう」

「それでいいのか?」

「隔離病棟にいる姉さんを見ているよりは、百万倍マシです」


 真冬は静かに断言した。

 彼も同じだ。夏希や、セレネや、瞳と同じく、ちゃんと言える人間だ。


「たとえ何があろうと関係ありません。僕と瞳さんで、姉さんを守る。――まぁ、姉さんを守るなんてのも烏滸がましい話ですが」

「……それを、俺に話してどうするんだ?」

「どうもしません。けれど巻き込まれてしまった修二さんは、知らなければいけないことです」


 それと、と真冬は言った。


「イスカさんは登録上はただのオートマトンですから、電熱放射を私的に使わなければ、公的権力に寄ってどうこうとはなりません」

「……V.E.S.S.は?」

「忘れられがちですけど、V.E.S.S.は分類上国が主導する軍事分野の範疇です。勿論、軍事兵器の使用も問題ありません……ヒトに向けなければ」


 アリーナは遥か上空。イスカが何をしようと、それが観客を傷つけることはない。

 事実上、好きに使えと言われたようなものだ。


「軍用を表すタグは丁寧に削除してありますし、ナノマシン圧縮式の電熱放射兵装はイスカさんのオーナーである貴方を守るために、許可を得て与えられています。だから、あまり細かいことは気にせずに、好きに突っ走って下さい」


 そこまで言って、彼は立ち上がった。


「――さて、そろそろ時間です」

「は?」


 修二はそんな彼を呆然と見上げていた。


「もう分かってるんでしょう、しなきゃいけないことは」

「……ああ」

「じゃ、長話に時間を使うのも野暮でしょう」


 そう言いながら、真冬は修二の背中をぐいぐいと押して行く。

 小柄な体に反して存外に強い膂力に、気が付くと修二はエレベーターの中に押し込まれていた。


「ちょ、まっ」

「二階の行き当たりの扉をあけてください。ノックはせず、静かに入ること。それじゃあ、頑張ってくださいね?」


 語尾に音符だか星だかを散らしながら、真冬は厭味ったらしく、それでいてコケティッシュに手を振ってエレベーターの向こう側に消えた。


 その仕草はどう見ても瞳と夏希からモロに影響を受けていて、加えて言えば男のやる仕草ではなかった。

 似合っているのが恐ろしい。彼もまた修二とは遠い世界にいるようだ。


 ……いや、それは冗談ではない。

 雛森真冬もまた、類まれなるマルチタスク能力を持った凄腕のサイバーエンジニアだ。

 彼は謙遜していたようだけど、イスカの強化アームド鎧骨格エグゾスケルトンダンタリオンの笛しんそうび、恐らくは瞳のワンショット・ワンキルも、更には夏希のアポローンのマニューバまで担当しているのだ。その出来栄えを見る通り、その実力は会社が起こせるレベルだと修二は思う。

 なるほど、だからこそ七篠なんて電子産業の大御所に籍を置けているわけか、と納得した。


 不思議と劣等感はなかった。彼の持つ雰囲気だろうか。

 降り積もったばかりの雪のように透明で、柔らかく受け入れつつも押せば固まる。彼の一番の才能はその人となりだ。


 嫌に凝り固まっていた自分を自覚させられて、苦笑する。

 今までは冷静ではなかった。頭が冷えた。


 狭い箱の中を、ゆっくりと歩いて回る。

 地上までそれほど距離はないはずなのに、嫌に時間がかかっている気がした。


 一歩ずつ歩く度に、百歩前の自分を反省する。


 馬鹿らしい。分かっている。

 下らない。分かっている。

 惨めだ。分かっている――。


 一歩踏み出して、修二は大きく息を吸った。

 もう戻れない。


 色んな事を知りすぎたし、元々からして戻れる場所などなかったのだ。

 甘えていただけだ。与えられた普通の光景に。


 エレベーターの開く先を真っ直ぐ進む。シンプルなカーペットの敷き詰められた廊下。目指すべき応接室のドアには、立ち入り禁止のタグが投影されていた。

 そしてそのドアの前には、腕を組んで佇む彼の姉がいた。


「姉さん」


 声をかけると、瞳は少しだけ目を見開いて、淡く微笑んだ。


「お帰り、というのはおかしいかな。……もういいのかい、修二」

「……あぁ。姉さんこそ、大丈夫かよ」


 瞳はぺろりとシャツを捲ってみせた。その肌はさわさわと波打ち、傷は何処にもなかった。


「この通りさ」

「……よかった」

「まぁまだ入院してなきゃいけないんだけど、ぶっちゃけタルいし脱走してきた」

「……あのさぁ」


 気にすることはない、と首を振る瞳の目の前に、修二はきちんと立って向かい合った。

 瞳も、壁から背を離した。


「キツい話を聞かされたと思うけど」

「うん。大丈夫だ」

「黙っていたことについては、謝る」

「どっちも、いいよ。心配かけたくなかったんだろうし、イスカとの関係も気にしてくれたんだろ。それに、イスカのことを周りから隠してくれてたんだから」


 修二の言葉に、瞳は目を丸くして、肩の荷が下りたというように脱力した。

 考えてみれば当たり前だった。イスカと修二は結構な頻度でアリーナに出ていたのだから、気付かれてもおかしくはない。

 今まで平穏にいられたのは、姉のおかげなのだ。


 全部そうだ。

 鷲崎修二という個人は、いつだって誰かに助けられてここまで来た。


「……なんだか、懐かしいなぁ」

「何が?」

「昔の修二はさ、私の考えをなんでもぽんぽん見透かして……姉の立場がなくてさ。それでなんだぞ、私が心理学とか哲学とかに手を出したのは」

「だったら、あんまり変わってないよ。姉さんは考えてることが顔に出るからな」


 瞳は目を丸くして、それからくすくすと笑った。


「そうみたいだ。けれど修二は変わったね。いや、戻ったのかな……」

「さぁ。でも、やるって決めたよ」

「そうか。……私は、先に帰るよ」


 瞳は頷いた。修二も頷いた。

 瞳は修二の脇を抜け、振り返らずに歩き出した。

 修二も、振り返らずに声をかけた。


「姉さんは、姉さんだよ」


 止まりそうになる足を必死に動かして、瞳は歩き続けた。


「だから、泣かないでくれ」


 漏れそうになる声を必死に抑えて、瞳は歩き続けた。ポタポタと、小さな足跡をその瞳から溢しながら、歩き続けた。

 エレベーターのドアが閉じる音を聞いて、修二は呟いた。


 その涙の理由は、修二には分からなかったけれど――彼女の願いは知っている。

 鷲崎瞳はいつだって、弟の勝利ことを願ってくれていたんだから。


「その願い、今度はちゃんと叶えるから」


 そして修二は、応接室のドアを押し開けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます