死んだ魔王の話

作者 谷町悠之介

8

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

ある日突然、特別な力を授かった勇者が魔王を倒す。よくある物語に登場「させられた」魔王の視点から、ご都合主義の理不尽さ、薄っぺらにされてしまった存在意義の虚しさを描いた短編と感じました。

短いのでさらっと読めます。物書き諸氏は、読後に「自作のキャラクターたちも同じ事を思っていないだろうか?」と問い直してみると良いかもしれません。

Good!

――

たとえるなら、星新一の短編集の中の掌編としてあるような、どこか余韻を残す作品。
魔王という存在、それが勇者に倒され、死する時に感じた「違和感」。それをどう読み手が取るかによってごく互換が変わってくるのではないか、と思う作品です。是非一度読んでみる事をお勧めします。