絶頂のジェノサイダー

作者 十字架おんぶ

34

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

久々にこういう感覚を感じた
何年も感じてなかったドロドロ感
表現者として、人はこうまで素直にさらけ出せるものなのかなぁと
純粋に嫉妬した
これはきっと経験であって才能ではないと思う
才能であるなら、曝けだせてしまう素直さなのだろうと

今の世は、生きにくいだろうなぁ
だからこそ、この作品は意味のあるものだと思う

★★ Very Good!!

筆者のエッセイを読んだあとにこの作品を読んだので……なんというか、すごい。
偏った性癖を作品としてここまで昇華させられるのならばもう、人はあなたを変態ではなく聖人と呼ぶと思います。
キルラキル思い出した。なんというエンターテイメント。
拝啓フロイト叔父、私には彼の精神性を分析することなど到底できません。ただただ我々の原罪の重さに震えるだけです。

★★★ Excellent!!!

書きにくいこと、言いにくいことをネットを通じて公開してしまうという行為は大変勇気のいる行動だと思うし、それをやらかしてしまった作者に私は尊敬もしないし憧れもしない。
たが作者は何の忌憚もなくこの作品を公開した。
キャッチコピーを一目見た時、「この作者は天才でバカな変人だ」と思った。
気付いたら作品を読み終えていた。
この作品は面白いということをこれから読まれる全ての読者の方々に保証するつもりはないが、秀逸なキャッチコピーに惹かれたのなら一読される価値は十二分にあるだろう。
これからの更新に期待したい。