真田くん、まだ時間ある?

 




 その霊は真田にしばらく見えていて、やがて、すうっと消えたようだった。


 晶生が見たとき、その女の霊が黙って刺された男を見下ろしていたと聞いた真田は、

「可哀想にな。

 刺された男の恋人とか、関係者なのかな?」

と同情気味に言い出した。


 ……これはヤバイ、と晶生は思う。


 やはり、普段見えない人間に、突然、こういう世界が見え始めるのは危険なことのようだ。


 女の霊は真田に姿を見せるだけで、特に接触して来てはいないようだから、今すぐに引っ張られるということはないかもしれないが――。


「もう~、仕方ないなあ」

と呟いた晶生は、食べ終わってすぐ、立ち上がる。


 真田がもう女の居ない道をまだ見ていたからだ。


「ちょっと今から、堀田さんと連絡とるから。

 一緒に刺された人のところに行こう」


 そう真田を見下ろし言うと、

「なんでだ?」

とこちらを見上げ、言ってくる。


 いや……、と言いかけ、晶生は言葉を止めた。


 貴方が霊に引っ張られそうだから、早く事件を解決したいんですよ、と晶生は思う。


 堺のようになんだかわからない霊を引き連れて歩いていても気にならない人間ならいいのだが、真田はそうではないようだから。


「えー、もう帰っちゃうんですかー?」

と言う恵利にまた来ると約束して、店の外に出る。


 堀田に電話した。


「堀田さん、すみません。

 例の刺された人、まだ病院ですよね?」


『当たり前だろ、死にかけてるのに』


 なんの用だ、と素っ気なく堀田は言ってくる。


「真田くんがちょっと思い出したことがあるので、確認のため、刺された人の顔を見たいそうなんですが」


 そう言う横で、真田が、


 ええっ?

 俺、なにも思い出してないけどっ、という顔をしていた。


 ……電話でよかった、と思いながら、

『思い出したことがあるなら、俺に言えばいいだろ』

と言う堀田の言葉を聞く。


 ごもっともでございます……。


「いえ、刺された人の顔を見たら、思い出しそうなことがあるらしいんですよ」

と曖昧な感じに言いかえると、


『どんな言い訳だ、須藤晶生』

と言われてしまう。


「あのー、堀田さん。

 病院と部屋番号教えてくれたら、さりげなく、病室の前を通りかかったたフリをして覗きますから」


『駄目だ』


「近く通るだけでいいんですってば。

 カーテン閉まっててもいいですから」

と思わず言って、


『顔見たら、思い出すんじゃなかったのか……』

と言われてしまう。


 だが、少しの間の後、溜息をついた堀田は、

植正会しょくせいかい病院だ。

 下で待ってろ。


 俺も行く』

と言って電話を切った。


「堀田さんが来てくれるそうですよ」

と堺に言うと、


「なんだかんだで、あのジイさんもあんたに甘いわね」

と言ってきた。


 いや、ジイさんって年じゃないけど、と思いながら、

「真田くん、まだ時間ある?」

と訊くと、ああ……と言う。


「来るわよね。

 ほぼ、あんたのためなんだから」

と堺が真田に言っていた。


「堺さん、すみません。

 近くまででいいんで、乗せてってくれませんか?」


「あら、ついていくわよ」


「近くまででいいんで」

と晶生は繰り返す。


「私たちより、沐生についててやってくださいよ。

 また、何処の霊に人前で話しかけるかわからないから」

と言うと、


「大丈夫よ。

 台詞の練習でもしてると思うでしょ。


 台本読んでると、すぐに自分の世界に入っちゃう人だし。


 いい役者だけど、やっぱり変人よね」

と切り捨てるように言う堺に、


「いや、貴方のとこの役者ですよね……」

と呟くように言ってみた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!