時代劇か……

 




「君を突き飛ばしたあと、自殺でもしてたら、君の近くか、この辺に出そうだものね」

と言う晶生の言葉を聞きながら、真田は思う。


 そうか。

 霊なら、望んだだけで、その人の側に行けるものなのか。


 ならば、もし、俺を突き飛ばした人が後悔のあまり、自殺でもしていたとしたら。


 自分が死んでしまったあとで、俺が元気で生きていると知ることになるわけだ。


 晶生が少し心配そうに、

「この近くで別の事故があったみたいだから、そっちを自分がやったと勘違いしてないといいけど」

と言う。


「まあ、時間もちょっと違ったみたいだけど。

 人間、錯乱してるときは、考え込みすぎて、思考が飛んだりするものね」


 そう呟く晶生の顔を見て、

「お前でも錯乱することあるのか?」

と問うてしまう。


「……あるわよ」


 なに言ってんの、と晶生は淡々と言ってくる。


 いや、だからさ。

 いつもそんな風だから、取り乱しているお前がちょっと想像できないんだが、と思っていると、それが伝わったのか、


「はたから、どう見えてるかは知らないけどね」

と言ってきた。


「でもさ、霊も波長が合う合わないがあるんだろ?

 此処にその女の霊が居ないからって。


 たまたま俺とその女の霊が、波長が合わなくて見えないだけってこともあるんじゃないのか?」

と訊くと、


「でも、二人居るから」

と晶生は言ってくる。


「真田くんと私は波長のタイプが違いそうだから。

 二人ともに見えないとなると、ただ波長が合わないだけ、という確率は下がるわよね」


「……お前と沐生は同じ波長のような感じだな」

と含みを持たせて言ってみたが、


「いや、それが私に見えるものが沐生に見えてなかったりもするのよ。

 まあ、見えないフリをしているだけかもしれないけど」

と言って、また肩に手をやっていた。


 そして、不安そうにそこを見る。


 なんなんだ? と思ったが、晶生は、すぐにこちらを見、

「心配なら、堺さんか沐生にでも確認してもらおうか?」

と言ってきた。


「いや……結構です」

と何故か敬語で答えてしまう。


 どっちも嫌だが、より来て欲しくないのは、堺さんだな、と思っていた。


 人前では遠慮がちなうえに、シャイな感じのする沐生と違い、堺は女性風のなりをしていることもあり、晶生に平気でベタベタしてきそうだからだ。


 それとも、単に堺を苦手と感じるのは、あの容赦ないツッコミ口調のせいだろうかな、と思いながら、晶生についてあの店まで歩いた。





「あっ、うっかり……


 うっかり晶生さん、こんにちはー」

と例の店員が何故かカップ麺を手に言ってきた。


 なにかを言いかけ、晶生の顔を見て言い換えたようだが。


 うっかり晶生ってなんだ。


 うっかり八兵衛みたいになってるが、と思いながら、松木恵利という名の、ちょっと可愛らしいその店員を見た。


 晶生より年上のようだが、店員だからというだけではなく、何故か、晶生に対してへりくだっているように見える。


 こいつになにか尊敬すべき点があるだろうかな、と思いながら話している二人を眺めていた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!