あっ、うっかり探偵さんっ


 



「あっ、うっかり探偵さんっ」


 その店に入った途端、晶生は、にこやかに例の店員、松木恵利に出迎えられた。


 すると、他の店員や奥に居るパティシエの人たちまで、こちらを振り向く。


 みな愛想が良かったが、その目には、


 ああ、うっかり探偵さん、


 あのときの、うっかり探偵さん、


 なんだかこの人が来ると、事件が起きるうっかり探偵さん、


と書いてあった……。


 このままでは、うっかり探偵で固定されてしまう、と思いながら、

「松木さん、これ、約束の物です」

と白い紙袋を差し出すと、恵利はそれを受け取ったあとで、周囲を見回し、


「……恵利でいいです」

と小声で言ったあとで、そっと中を覗いていた。


 いや、そこは小声でなくていいですし。


 そういうことすると、なにかヤバイものみたいなんですけど……。


 まあ、ある意味、ヤバイものだが。


 インチキ霊媒師のサインだからな、と思っていると、恵利は早速、笹井のサインに気づき、わあ、と声を上げながら、それを袋から出してかかげる。


「すごいですよ、店長」

と後ろを振り返っていた。


「笹井さんのサインがカップ麺にっ!

 こんなの、他の店は置いてませんよっ」


 そうですね。

 世界中で、我が家と此処にしかないと思いますが、と思いながら、

「ごめんなさい。

 沐生が笹井さんに会ったとき、そんなものしか持ってなかったみたいで」

と言うと、恵利は飛んで喜ぶ。


「ええっ?

 長谷川沐生さんが、カップ麺にサインしてくれって頼んでくださったんですかっ?


 レアですっ。

 レアですよっ、これっ」


 いそいそと店長が脚立を持ってきて、上の棚にある晶生のサインの横にカップ麺を立てかけていた。


 店内のお客さんも、それを見に席を立ったりしている。


「へー、長谷川沐生がサインしてくれって頼んだサインだって」


「なにそれ。

 長谷川沐生のサインじゃないの?


 なんで、笹井さん?」

と女の子たちが話しているのが聞こえてきた。


 そのうち、『長谷川沐生さんがサインを頼んでくれた笹井さんのサイン』とか注意書きがつきそうだな、と思いながら、晶生は空いていた窓際の席に座る。


 その棚を見上げた。


 日向のサイン、はいいとして。


 うっかり探偵のサインの横に、笹井さんのカップ麺。


 素敵なスイーツの店が我々のサインにより、いいがわしい店になりつつあるようだ、と思ったあとで、メニューを眺める。


 この間頼まなかったやつを頼んでみよう、と思いながら、ふと、窓の外を見た。


 あのときの白いワンピースの女の気配を追うように。


 だが、男が刺されたその道にはなんの気配も残ってはいなかった。


 やはり、この場所についている霊ではないのか、と思いながら、見ていると、

「決まりました?」

と恵利がやってきたが、実際のところ、注文を訊きにきたわけではないようだった。


 先程から晶生の視線を追っていたようで、

「なにか見えたんですか?

 今回もパパッと解決しちゃいます?」

と笑顔で訊いてくる。


 いや……あんなこと、滅多にないですからね、と思いながら、

「じゃあ、ミルクパフェ」

と言うと、残念そうに、


「ミルクパフェですか~」

と恵利は言った。


 いやそれ、まずいんですか? と思ってしまう口調だったが、恐らく、事件の話が聞けなかったからだろう。


 だが、今のところ、話せるようなことはなにもない。


 真田くんのことも気になるし。


 やっぱり、堀田さんに協力してもらうしかないか、と思いながら、美味しいのか不安になってきたミルクパフェを待った。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!