なんのために居るんだろうな……

 




 なにやってるんだ、こいつは、と思いながら、沐生は後ろを振り返った。


 堺はまだあの霊から逃げるようにして、壁に張り付き、見下ろしている。


 実は玄関のガラス扉を開ける前から、あの土下座する霊が見えていたのだが、堺がわざとそちらを見ないようにして隠しているようなので、見ないふりをしてやったのだ。


 今日の俺は心が広い。

 堺に邪魔されることなく、晶生と話せたからな、と思っていた。


 ちゃんと晶生を家まで送ってこれたし。


 それだけのことなのに気分がいい自分が不思議だった。


 それにしても――


 と、堺がこちらを見ていないことを確認し、もう一度、土下座する霊を見た。


 絶対追いかけてくると思っていた堺が追いかけてこないので、おかしいなとは思っていたのだが、あんな霊に懐かれていたとは……。


 それにしても、何故、あの霊の存在を隠してるんだろうな?


 特に堺には関係のない霊のような気もするんだが。


 いろいろと後ろ暗いことがあるから、思い当たる節がありすぎるとか?


 今も、堺はその霊をまるで、ゴキブリがハブかなにかのように見ながら、動けないでいる。


 ……まあ、本人がなにか言ってくるまで、放っておいてやるか、と思いながら、正面を見たとき、薄暗いスタジオの入り口の前の廊下に、その女は居た。


 ぼんやりとして、こちらを見るでもなく、見ている。


 うちのマンションに現れていた霊に似てるな、と思ったが、そもそも生きていても死んでいても、女の顔など覚えられない。


 本当に一緒かどうかはわからなかった。


 しかし、生きている人間なら、無視したり、すり抜けようとして、ぶつかったりしたらまずい、と思い、軽く頭を下げてみたが、女はまったくこちらを見てはいなかった。


 ただずっと、何処か遠くを見ている。


 ……死んでたか。


 今の誰も見てなかったろうな、とおもわず周囲を窺ったとき、近くの部屋のドアが開いた。


「お疲れさまですー。

 沐生さん、そろそろですよー」

と言いながら、揃いのジャンパーを着た若い男女のスタッフたちが現れた。


 軽く頭を下げ、スタジオに入っていくと、後ろで、

「長谷川沐生、格好いいなー、やっぱり」

と小声で話しているのが聞こえてきた。


「実物見て、がっかりなときもあるけど。

 長谷川沐生はテレビで見るより、すげえよな。

 オーラが違うって言うか」


「あの寡黙なところがいいですよねー。

 あれだけの役者さんなのに、なんの自慢もしないしー」

とまだ新人らしい彼女らが話しているのが聞こえてきたが。


 いや……。

 俺は寡黙なのだろうかな、と沐生は思う。


 単に口を開けば、うっかりな失言をしてしまいそうで、黙っていることが多いだけのような気もしている。


 今みたいに、霊に挨拶したりしてしまわないように。


 晶生に言ったら、

『寡黙でも寡黙じゃなくてもいいけど。

 肝心なことをなにも言ってくれないのは困りものだわ』

と言ってきそうだ、と思いながら、振り返る。


 堺はまったくこちらに来る気配はなかった。


 自分のところのタレントの動向に気を配る様子も見せない。


 ……あのマネージャー、なんのために居るんだろうな。


 実はただ単に、俺が晶生のところに行かないように見張るために、俺に付いてるんじゃないか? と溜息をつきながら、沐生は台本を置いていたパイプ椅子のところまで一人戻った。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!