そこに居ます VIII

 



「私、堺さんとキスすればよかったかしら」


 いろいろ思い悩んだ晶生は、つるっとそんなことを口走ってしまった。


 晶生の部屋で適当に手に取った本を読んでいた沐生が渋い顔をして、晶生を見る。


「ああ、ごめんなさい。

 キスして、話を聞き出せばよかったかなってこと」

と言ったが、


「ごめんなさいが意味をなしてないが」

と言われる。


「堺さんがなんか言ってたのか?」

と沐生に問われた。


「キスしたら、堺さんの知ってることを話してくれるらしいんだけど」

と言うと、


「話すわけないだろ。

 お前が襲われて終わりだ」

と本に目を落としながら沐生は言うが、先ほどから、ページをめく

っているような様子はなかった。


 誤解のないように晶生は言っておく。


「別にキスを軽く見てるわけじゃないのよ。

 でも、堺さんが話そうとしていることが、私のキスなんかに見合うことではないような気がしたから」

と言うと、


「私のキスなんかってなんだ」

と渋い顔をされる。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料