霊の居処 I



「相変わらず、綺麗ねえ、堺さん」


 玄関を入りながら、母親が笑って言う。


 ……男だけどね。


 あんな外見だけど、本当は誰より、男だな。

 しかも、肉食系、と廊下を歩きながら晶生は思っていた。


 ちらと沐生がこちらを振り返る。


「晶生、ご飯、食べるの?

 沐生も今帰ってきたから、一緒に温めるわよ」

と言いながら、母親はキッチンに向かっていった。


 廊下で足を止めた沐生が笑いもせずに言う。


「遅かったな」


「スイーツの店で、婚約者の人に出会えたの。

 被害者の霊を探してくれと頼まれたわ」

と言うと、……そうか、と言う。


 そのまま行こうとする沐生の背に向かい言った。


「ねえ、沐生だったら、死んだら何処へ行くの?」


「死んで行くのは、あの世だろ」

とだけ言い捨てて、行きかけたが、少し振り返って言う。


「……俺に他に行くところがあると思ってるのか」

 それだけ言って行ってしまう。


 それが沐生の精一杯なのかもしれないが。

 はっきり言って欲しいなと思うこともある。


 別に堺さんに揺らいでいるわけではないのだが。

 堺さんには誰よりも恩を感じているから。


 あのとき、なにも訊かずに、ただ抱き締めてくれていた堺さんには――。


 だから、堺さんに困ってることがあるのなら、手を貸してあげなければとは、ずっと思っている。


 いつか、うっかり、殺人犯になったりとか。

 うっかり事件に巻き込まれたりとかしそうな人だからな、と苦笑する。


 沐生が長い廊下の向こうから振り返った気がしたが、よくは見えなかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!