懐古ホテル  II

 


 お利口に、かどうかはわからないが、晶生が帰って行ったあと、遠藤はひとり、ひび割れた窓から月を眺めていた。


 特にしなければならないこともないので、時間は無限にある。


 呪うとか、いろいろやることがあって忙しい霊も居るのだろうが、なんのビジョンもなく、此処に居るだけなので、暇だ。


 転生してみたら? という晶生の言葉を思い出すが、それもまた、面倒臭いな、と思ったとき、それは現れた。


 鍵が開けっ放しなので、勝手にいろいろ入ってくるな、と思っていると、その人物は自分の前に立って言った。


「こんばんは」


「こんばんは。

 お嬢さん?


 お坊ちゃんかな」


「どっちでもないよ」

と言う。


「お嬢さんじゃないし、お坊ちゃんって年でもない」

 そう美しい顔で笑う。


「いやいや、私からしたら、随分とお若いけどね」

 晶生の後をつけてたのは、お前だね、と言う。


「あのめんどくさい男前についてるマネージャー」

「堺ですよ、遠藤さん」


 遠藤は笑う。


「やっぱり、見えて聞こえてたんだな」


「側に座っても?」

と堺が訊いてくるので、


「まあ、いいが。

 なにされても、これ以上、死にようがないから」

と答えると、ははは、と笑い、階段に腰掛けてきた。


 今の堺からは、他の人間と居るときに見られる女性っぽさは鳴りを潜めていた。


 沐生に負けないくらいの美貌とオーラがあるのに、何故、この男はマネージャーをやっているのだろうな、とふと思った。


 まあ、単に、そういう仕事の方が好きなのかもしれないが。


 この男からなにも野心を感じないわけでもない。

 それを抑えるようななにかがあるということだろうか。


「別に貴方を殺すつもりはないですよ。

 生きていれば殺したいところですけどね」


 その手段がない。

 そう言い、堺は微笑む。


「なんでだ?」

「晶生に余計なことを言いそうだからですよ」


「そうか。

 でも、私に限らず、余計なことを言いそうな連中が現れることもあるだろうに。


 全部殺して歩く気か」


 あんな恐ろしい女のために、手を汚すなよ、と言うと、堺は笑った。


「恐ろしい女、か。

 そうですね。


 私も、晶生は女に見えてましたね。

 最初から」


 ちょっと子供には見えなかった、と堺は言う。


「あの霊能者も本物だったら、邪魔だなと思ってたけど、偽物でよかった」


「そうか、よかったな」

と呟き、二人で月を眺める。


「静かですね、此処は」

とくつろぎ切った様子で、堺は言う。


「そうだな」

とそのまま、二人でぼんやりしていたが、しばらくして、月を見たまま堺が言った。


「……もし、今度、晶生になにかしたら、このホテル、危険だからって、取り壊してもらうよう働きかけますからね」


 霊にまでヤキモチ妬くなよ、と思いながら、

「わかったよ。

 ない階段に腰掛けてるふりをするのは、霊と言えども、間抜けだからな」

と言うと、笑っていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料