ファラオの呪い I

 

「わ……私じゃないですっ。私じゃないんですっ。本当なんですっ」


 駆けつけた野次馬たちが、警察だ、救急車だ、と騒いでいると、村、という名札をつけた若い掃除の女が叫び出す。


「いや、貴女が犯人だとか言ってませんけど」

と言う晶生の前で、


「私じゃないですっ。

 私のせいじゃないですからっ」


 そう叫び、わっと泣き出す。


「あの、気を失ってるだけですよ、この人」

と言うと、えっ、という顔をした。


「ほら、見てください。

 トイレットペーパー、少し濡れて、服の上でくったりしてますが、よく見れば、お腹の辺り、へこへこ動いています」


 トイレの外から身を乗り出して中を見ていた村は、

「ああ……ほんとだ」

と安堵したように息を吐いた。


 晶生は、彼女が廊下の床に落としているモップを手にする。

 それを見た村が言った。


「すみません。あの、お掃除しようとして」


「そうなんですか。

 もう掃除中の看板、出してらっしゃいましたよね」


「あ、えーと……。

 出したあとで、此処のモップ、使えないって気がついて」


「使えないって、折れてたとか?」

と訊くと、


「ええ、そう」

と言う。


「じゃあ、その折れてた方のモップ、どうされました?

 まだあるのなら、見せていただきたいんですが」


 そう言うと、いきなり、村はキレる。


「なんなんですかっ。

 貴女、警察っ?」


「違いますけど」


 そこで、唐突に、沐生が、

「晶生。

 この女が犯人だ」

と言い出した。


「挙動不審過ぎる」

 ええーっ、と村が声を上げる。


 面倒臭くなったらしい。

 本当に困った男だ。


 ドラマの中では、名探偵だし。

 本人も洞察力も推理力もかなりあると思うのに。


 芝居のこと以外では、生きる気あるのか? と問いたくなるような手抜き人生だ。


「晶生っ」

と声がして、振り向くと、水沢樹里が野次馬をかき分けてやってきた。


 トイレの中のツタンカーメンを見た途端、彼女は、

「……あんた呼ぶんじゃなかったわ」

と呟く。


「なんでよ」

「だって、あんたが来ると、必ず、死体が現れるんだもの」


「待って。

 前回、あんた死んでなかったわよね。


 今回も死んでないから。


 そうだ、婚約、おめでとう。

 これはお祝いじゃなくて、手土産」

と焼き菓子を渡すと、あ、ありがとう、と言う。


 本当は違うものにしたかったのだが、学校帰りで時間がなかったから仕方がない。


 晶生は背伸びをし、トイレの中を見る。

 既に野次馬が晶生たちより前に出ていたが、ぼちぼち身長があるので、その上からでも中が見えた。


「救急車、まだなの? あのマスク、呼吸しづらそうね」

と晶生が言うと、沐生が、


「そりゃ、本来、死んだ人間にかけるマスクだからな」

と言う。


 呼吸のための穴などないか。


 でも、ミイラって本来、死者が再生したときのためのもののはずだが。

 突然、生き返ったら、どうするつもりだったんだろう。


 まあ、内蔵もない状態で、呼吸して起き上がるかとか言われると、ちょっとあれだが。


「沐生、ハンカチ貸して」

と言うと、


「持って歩け、女子」

と広げた手のひらにハンカチを叩きつけられる。


 奇麗にアイロンのかけられたそれを見て、晶生は眉根を寄せた。

「なんだ」

と言う沐生に、別に、と言う。


 樹里が、

「晶生、なにする気?」

と晶生の腕を掴んでくる。


「仮面を剥がすのよ」

 呪われるわよ、と樹里は言う。


「呪われないわ。

 理由があるの」

と言った晶生は、野次馬の隙間を潜り、あまり、足跡をつけないよう気をつけながら、トイレに踏み込んだ。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!