面会 I


「やっぱり、水沢樹里と会いたいかな」

と晶生は階段で溜息をついた。


「なんで、犯人が沐生と似てたって言ったのか気になるし」


「ほんとに沐生と似た体格の男が居たのかもしれないぞ。

 そんな男、その辺には居ないだろうが」

と真田が口を挟んでくる。


「でも、まあ、本当に沐生が犯人なのかもしれないけどな」

と言う真田を、ちらと見たら、


「……睨むな」

と言われた。


 いや、別に睨んだ覚えはない。


「ともかく、水沢樹里に……」

と言いかけたところで、いきなり、後ろから首に腕が回ってきた。


 くえっ、とニワトリが絞められたような声を上げてしまう。


 よろけて、足が階段から外れた。


「おっ、落ちるじゃないですかっ」

と後ろの男に文句を言った。


 自分を支えている、いや、絞めている腕を掴み、振り返る。


「もう~っ、堺さんっ」


「なによ。

 心配して迎えに来てあげたんじゃない」

と堺が言う。


 いや、貴方、幾ら女言葉使っても、この腕力と身体は男ですからね、と身体を支えるのに、堺の胸に背中を押しつけられている晶生は思った。


 姿は見えず、触れた腕と胸の感覚だけだと完全に男だった。


 この人、意外に、沐生より鍛えてるかも、と思う。


 そんなことを言ったら、沐生が怒りそうだが。


「で? なんか進展したの?」

と訊いてくる堺に、


「今の短時間でなにをどうやって」

と晶生は文句を言う。


「とりあえず、水沢樹里に会いたいんですけど」

と言うと、しょうがないわね、と堺は溜息をついた。


「まあ、話は出来るみたいだし。

 あんたが会いたいって言えば、会うかもね」

と言うので、不思議に思っていると、こちらの顔を見た堺が笑った。


「ああ、そう。

 なるほどね」

とよくわからない相槌を打つ。


「どうする? そこのボク。

 帰るのなら送ってって、あげるわよ。

 貴方は樹里の病室には入れないだろうから」

と真田に言っていた。


 ……ボクって、と思ったが。

 真田も相手が男なら、怒ったのだろうが、微妙な人なので、黙っていた。


 まあ、女の病室に連れてくのもな、と思い、真田は帰らせることにした。


 やれやれ、とりあえずは帰れそうだけど、沐生はまだ戻れないし、なんの解決にもなってないな、と思っていると、遠藤が下から言ってきた。


「また明日な、晶生」


 そうして、小さく手を挙げ、

「明日も来るんだろう?」

と確認するように笑って言う。


「事件次第ですよ」

と答えていると、堺が、

「ねえ、晶生。

 そこになにが居るの?」

と訊いてきた。


「なんか男前の詐欺師みたいな人が居ますよ」

と言うと、遠藤はちょっと嬉しそうだった。


 何処がツボだったのだろう。

 詐欺師と言ったのに。


 男前のところか?


 この男だったら、生前は言われ慣れてただろうにな、と思いながら、

「堺さんて、ほんとに霊見えないんですか」

と訊くと、


「見えないわよ。

 あんたや沐生じゃあるまいし」

と言ってくる。


「でも、堺さん、いつも、うまいこと霊を避けて通ってるんですよ」


「私、勘がいいのよ。

 嫌な気配っていうかね。


 沐生やあんたと居ると、スタジオとかの霊がすうっと引いてく感じがするわ。


 怖いからかしらね」

と余計な一言を付け加える。


「そういえば、オカマの人って良く見えるって言いますよね」

と真田がうっかり言ってしまい、睨まれる。


「誰がオカマよ。

 私は言葉遣いがこうなだけよ、ねえ、晶生」


 いや、ねえ、晶生とか言われても……。


「あんたはよくわかってるでしょ」

と言われ、


「……わかりませんてば。

 もう行きましょうよ、堺さん」

と話を打ち切るように言い、振り返りもせずに、さっさと階段を下りていった。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!