異世界くるんくリン♪

作者 弥竹 八

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 一言で表現するなら、文字にガソリンぶっ込んだような作品。勢い、という武器を文字に込め、そこから一気に加速して物語に引き込む。

 作者様の上手いのは、主人公が女の子という点を上手く表現されている事だ。力や勢い、というのは男性視点だと暴力的で攻撃的になりがちだが、それを少女らしい感受性を絡める事で、トゲトゲとした空気感を上手く中和している。

 ファンタジーかSF(少し不思議)か、と聞かれたら少し悩みます(笑)
 ただ、面白くて可愛いのは確かです。興味のある方、是非読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

 普通に(……ちょっと普通でないか)暮らす乙女たちのもとに転がりこんでくる、ちょっとかわいい非日常。
 まるで、一昔前の東映不思議シリーズみたいです。
 『どきんちょ! ネムリン』
 『勝手にカミタマン』
 みたいな。
 ネムリン役の室井深雪さんや、カミタマン役の田中真弓さんの声を思い出します。
 
 ここから始まる異世界トリップ大騒動。
 次から次へと現れるモノども相手の目まぐるしい対決は、読むものを飽きさせません。

★★★ Excellent!!!

情景に対する独特な解釈から、
子供さながらの豊かな感受性が感じられて面白いです(笑)
咆哮というか大声への対抗心を剥き出しにする所も、個人的で身近な存在とダブって共感できます。
色々とためになる作品でした。感謝します。ではまた、今日もお疲れ様です。