第31話

○凪と雪哉

 学校の廊下で凪と雪哉が話をしているのを見つける。凪はいつものことだが、滅茶苦茶楽しそうに笑っている。雪哉は冷静にそれに応じている。

「よう」

 僕は声をかける。

「何の話してるんだ?」

「おー、スケッチ」

 凪は答える。

「いや、コスプレもののAVで全部脱がしちまうのは解ってないよなって、話だよ」

「女子高生と小学生の会話か、それ」

 おっさん同士の会話のようです。

「凪が下ネタに走るのはいつものこととしても」

 僕は雪哉を見る。

「おまえは、そよぎ姉さん一筋だからAVなんて見ません、とかいうかと思ったのに」

「幸助さん……」

 雪哉は真剣な表情で言う。

「たとえば、プロのスポーツ選手も他の優秀な選手の映像などを見ることで対策を立てたり、自分のプレイの参考にしたりしますよね。それと同じです。まさか、何の予習もなしにそよぎ姉さんとの本番を迎えるわけにはいきませんからね」

「その本番は一生やって来ないから安心しろ」

 それはイメージトレーニングだけでどうぞ。

「しかし、これだけは言っておきます! あくまでAVは勉強のために見ているのであって、ぼくはAVでは抜きません! 抜くときはそよぎ姉さんの――」

「声がでけえんだよ!」

 雪哉の声は廊下中の響き渡っていました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!