むかし、キャラクターの名前とか、登場するアイテムとかの格好いい名称を事前に考えておこう!という運動をしたことがありました。

 小説の題名とか、登場人物とか、必要に応じて考えていると効率が悪いので、事前に格好いい造語をストックしておこうというアイディアです。

 そのとき考えた造語には、「オカルト・モード」、「オミクロン・スタイル」、「アクセル・アーマー」とかがありまして、キャラクター名では、「〇〇天狼星」、「柳生紫微斗」なんかがありました。
 天狼星に関しては、作中では比良坂天狼星という姓名ですが、このとき考えた姓は別の物です。すこし作中のネタバレになるので、ここでは伏せさせていただきます。


 で、本作の題名にもなっている「オカルト・モード」。これは「機動戦士ガンダムX」のオープニングを歌った「ロマンチックモード」というグループから取っているのは確実なんで、この運動は1997年前後のことだと思います。


 現代を舞台にして、日本刀で斬り合う。そんな話のアイディアはずいぶん前から思い付いていて、それはしかし、なかなか小説という形には成りえませんでした。
 現代人が、わざわざ日本刀で斬り合う理由がみつからないからです。

 そのため、刀でないと死なない敵を考え、その設定を作り、あれやこれやとやっているうちに、科学設定が入ってSFになり、そのたびにストーリーは複雑になり、さらに設定が増え……。物語はどんどん訳分からないものになっていきました。

 本作のもともとのアイディアである「オカルト・モード」という作品は、何度も何度もプロットを組みなおし組みなおし、膨れ上がった設定を取捨選択したものです。
 ぼくがカクヨムで公開している作品の約半分は、そのむかし、力が足らなくて小説として作品化出来なかったものを、とうとう形にできたものであり、本作もそのひとつです。

 「惑星ナヴァロンの狙撃姫」を書きあげ、そのあとに旧「フェルミオン・サーキット」を書き、そのあとに書こうとした「要塞学園オカルト・モード」。このときのとっかかりとなったアイディアは、蝉足篠の「侍を雇いましょう」でした。2008年の末から翌年にかけてのことです。

 が、一行も書くことなく、プロット段階で挫折。クライマックスの殺陣、不屍者を殲滅するテスラ・モードとの兼ね合いがどうしても組み上げられなかったのです。

 そののち、2011年にもう一度書こうとしてプロットを再考し、そのときのプロットはどこにあるのか不明ですが、それが現行のプロットの原型です。
 ただし、クライマックスをどうするかは決められませんでした。

 その2011年版プロットには、本編には出ていない小泉今日太がおり、逆に最後に作られたキャラ・市川海老奈はすでにいます。
 ただし、柳生紫微斗以外の剣魔については、つい最近考えたものです。呪禁刀の名前も、主要なもの以外は、最近考えたものです。

 あと、テスラ・ハートの設定が違っていたかな? おそらくまだ「テスラ・モード」という名前で、「テスラ・ストリーマー」、「テスラ・デバイダー」、「テスラ・ハート」という三つの超兵器というトンデモ設定だったと思います。



 今回この「刀剣オカルトMØDE」を作品として書き上げることが出来たひとつの理由として、やはり「異世界でも使える! 超適当剣術講座」を書いたことが大きいと思います。
 あの中で、改めて考察し、頭の中で整理した知識が、本作では遺憾なく発揮されています。
 あれがなかったら、「夢想剣VS西江水」なんかは、ちょっと書けなかったと思います。

 そして、いまだから書きますが、「百人斬り」。
 これはきつかった……。どこのどいつだ、こんなことやろうと思い付いたのは。ここでもぼくは、「十年前の自分にバカヤローと言いたい」です。

 本作は少しばかり、いつもとちがう調子で書きました。

 きちんとプロットを書き、物語としてのシステムを作り、その構造に則って書いています。それでも、あちこちに穴がありましたけどね。
 ただ、とにかくプロットを書いて書いて書きまくり、メモのようなアイディアから設定、とくに話の流れを文字にしたことで、クライマックスを決めることができました。逆算的に、テスラ・モードはあの形になっています。これはアイディア先行では難しかったと思います。




 本作をもって、自分が過去に書くことのできなかった作品は、すべて一応形にすることができたことになります。

 ここでひとつの区切りでしょうか?

 本作のラストシーンを書いて、ぼくにとっての「オカルト・モード」は終わりました。

 もう十分書いたし、もう思い残すこともないし、だったら書くことをやめてしまおうかという気持ちもありますが、あるいはここから更なる一歩を踏み出すのかもしれません。

 だいたい、書くのをやめてしまう人間が、なにをどうしてプロット用の万年筆を二本も持ち歩いているんだ、という話ですね。


 ということで、いずれにしろ、一本書きあげて、ほっとしています。

 そして、いまはまた、何か他のものを書きたいと、なんとなく思っています。




19件のコメント

  •  ちょっと追記します。

     冒頭に出てくる三人の襲撃者。

     名前が「一条」「二階堂」「飛葉」ですね。
     これ、共通項に気づいた人いるかもしれないですが、すべて「五代」にかかってます。

     「一条」は「仮面ライダー クウガ」の主人公五代雄介の相棒「一条さん」から。
     「二階堂」は「めぞん一刻」の五代裕作とおなじアパートの「二階堂」くんから。

     「飛葉」は「太陽戦隊サンバルカン」の後期レッド役五代高之の役名「飛羽」から。

     ちょっとした遊びが目的ではなく、すこし引っかかりのある覚えやすい名前を探して、なにかのキーワードから引っ張る手法を使いました。

     これやらないと、平凡な名前しか思いつかなくて。

  • 雲江斬太様

     こんばんは、如月仁成でございます。
     この度は拙作への過分なご評価、並びに素晴らしいレビューまで頂戴いたしましてありがとうございます!

     いやはや、拙作を超える楽しさに溢れたレビュー、堪能させていただきました!

     レビューの方でも触れていただいた、いやさ、皆様揃って、やはりそこかと突っ込まれるムルカジ君。実は拙作、ほぼ書き終えた状態で11月末を迎えていたのですが、どうにも彼を登場させたくなってしまい大改稿。同時に私生活が目いっぱい忙しくなり、結果最終話のアップが遅れてしまったという有様なのですが……、お楽しみいただけましたようで、書いてよかった^^;

     そして連載の方のストックが完全になくなり、クリスマススペシャルをほとんど寝ずに書き上げて、ようやく落ち着いたところでございます。

     実は俺俺俺の続編にあたる品をもう一本書こうと思っているのですが、それはもう少しペースをつかんでから。しばらくは拝読を進めさせていただこうと思っております。御作も、楽しく拝読させていただいております! いやあ、やはり刀は熱い! そして雷美ちゃんはどこへ行くんだ!?

     ではでは、急に寒くなってまいりましたのでくれぐれも体調など崩されませぬようお祈り申し上げます。
     改めまして、この度は本当にありがとうございました!

  • 如月仁成さま、わざわざご丁寧にありがとうございます。

     今回の「俺俺俺」は、かなり面白かったです。キャラクターも分かりやすいし、話も明快。楽しませていただきました。
     そして、全話読んだ人ならば、やはりムルカジ君には触れずにはおけないでしょう。あの登場シーンの衝撃!

     で、うちの「オカルト・モード」なんですが、あれ、雷美がどこに行くか予測ついてませんでしたか。それは失礼しました(笑)。
     行先はですね、あれは、地味ーに、「子連れ狼」へのオマージュとなっているのですが、たぶん知っている人は希少かと。

     こちらも、年末進行でなかなか体調的につらい展開ですが、どうぞ如月さまもお体お大事に。

     

  • こんばんは~(*´▽`*)

    「刀剣オカルトMODE」の解説を拝見して、「作者は頭の中に小説工房を持っている。けれども、初心者はこの工房がまだ小さい。だから、ネタがあっても、それを小説へと加工することができない。何本も書いて経験を積むうちに、工房が大きくなり、色々なネタで小説を書けるようになる」というような内容のとある小説家さんのエッセイを思い出しました。

    きっと雲江様の今までの経験が結実したものの一つが今作なのだと思います。
    連載中、毎日楽しませていただきました。

    また別の作品も楽しみにしております(*´▽`*)

    ところで、「キャラクターの名前とか、登場するアイテムとかの格好いい名称を事前に考えておこう!という運動」、素敵ですね(*´▽`*)
    ネーミングセンスの無い私にこそ、必要な気がします……(><)

  •  綾束さま、こんぱんは。

     工房の大きさ。なるほど、そんなことを書かれた小説家の方がいらっしゃいましたか。ぼくの工房が大きくなったかは分かりませんが、むかし小説化できなかったものが、いまは出来るようになったというのは、まぎれもない事実です。

     そして、あのころの恨みを晴らせて、いまのぼくは軽く成仏した感じですよ。

     「刀剣オカルトMODE」に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。正直、自分の中にあるものを吐き出すばかりの作品で、読者を楽しませる気が合ったかどうか怪しい、まさに怪作でございましたが。

     この、「事前に名前を考えておこう」運動は、最近はまったくやってないのですが、ノートに記録してストックしておくと有効ですよ。ただ、経験的に、考える速度より、消費してしまう速度が絶対に速いという法則がございます。

     また、興味がおありでしたら、いつでもどうぞ。「バイト軍師シボーさん」のシボーさんは、なんでしょう? 自分でもよく分からないのですが、すごい人気があるんですよねー、女性の方に。

     で、ですね、ちなみに最近は、ライトノベルを書こうかとアイディアを練っています。

  • 斬太さん

    おはようございますー。

    『刀剣オカルト・モード』。随分と温めてきたお話だったんですね!

    自分自身、振り返ってみて、そんなのあったかな、と考えたら……。
    あれだ。『祭礼の夜に』だ、とふと思い出しました。
    そもそも、あれ、昔書いた長編の「祭りの部分」だけ切り取って、作り替えた感じだったので……(^◇^;)

    そうそう。プロット。
    今現在、結構まじめにプロットを組んでいるんですよ。
    (いろいろ勉強させて頂きました m(__)m )
    ようやく組み終わって。
    このお正月休みに、ちょっと書いてみようと、やり始めたんですが……。

    プロットがあると、迷子にならなくていいですね(笑)

    書きながらいっつも「……えっと、この設定どうだったかな」と最初の方を読み直したり、「……あれ。このキャラ。目は何色だったっけ」と悩んだり……。カクヨムに掲載していたら、コメント欄の反応を見て、話を変更したりしていたので、当初予想と大分ラストが変わってきたり……。

    その都度、めちゃくちゃ迷走していたんですが……。
    プロットがあると、最短距離で話が書ける(笑)

    斬太さん、今度はラノベですか!? おおう……。楽しみですね!

  •  青嵐さん、おはようございます。すでに夜ですが。

     「オカルト・モード」はですね、正確には温めていたのではなく、書けなかったのです! 難しくて! プロットも迷走したのです。どうにも話になりませんでした、何年も!

     「祭礼の夜」は、たしかに前後の話がありそうな感じでしたね。ただ結果として、あそこだけ切り取ったので、その怪異さとキャラクターの関係がぐっと引き立ち、結果として良かったのではないでしょうか。

     それはそうと、プロット書きましたか。
     なんとかシートになっちゃった現象は起きなかったということですね。

     迷子にならなくていいというのは、あります。
     でも、キャラの目の色は、それはプロット以前の話ですよ!と突っ込みをいれたいところですが、ラストシーンを書くにあたって、ノートを確認したら、
    「伊勢崎町豹介」が、ノートには「伊勢佐木町豹介」って書いてあってすげー焦りました。伊勢佐木町は、横浜にある実在の地名ですね。


     えーと、ラノベはすこし事情がありまして、書いてみようと計画しています。
     が、おそらくファミ通文庫のコンテストに出すために、「電動マッッッハ!!!」の続きを書くと思うので、そちらが先かな?

     一応ラノベは、設定だけ作っておこうかなというスタンスですね。

  • こんばんは。
    「アニマライザー」への物凄いレビューをありがとうございました!
    サンバルカンの無理やりさに吹き出しました(笑)
    そして超星神シリーズの歌詞まで。感服致しました。

    見落としだったら申し訳ないのですが、地球戦隊と天装戦隊が見つからなかったような気がします。
    あと光戦隊とマスクは別々の箇所でダブってるような!

    ……そして、超百科にしか書いてなくてわかりづらいのですが、実はアニマフォンはスマホ型なのですー。

  •  ご指摘ありがとうございます。作者ご本人に校正お願いするような形になって申し訳ありません。想像以上にミスがありました。早急に訂正して、……ちょっと確認してみましたが、案外難易度が高いのですが、きちんと直して更新させていだきます。

     出来れば、本日中に。

  • 確認致しました! ありがとうございます。
    こんな本気のレビューを頂戴したので、わたしもますます本気で本編を書いていくやる気が湧きました!

  •  変にお手数かけて申し訳ありませんでした。

     レビューというのは、やはりまず作品があって、そこからエネルギーを得て書くものです。それだれのものが「アニマライザー」にあったということでしょう。
     つづき期待しております。

     レビューの最後の部分は、変に勘繰られるのもいやなので、のちほど削除いたします。

  • こんばんは~(*´▽`*)

    このたびは「碧い瞳のミネルウァ」に素晴らしいレビューをいただき、本当にありがとうございます!
    嬉しくて、何度も読み返してしまいました……!ヾ(*´∀`*)ノ

    今宵は葡萄酒でほろ酔いになってくださいませ~(*´▽`*)

  •  こんばんは、綾束さん。

     葡萄酒、すなわちワインのことだと思うのですが、蜂蜜が入ってるのですよね。ということは、サングリアが近かろうと思いまして、買ってまいりました。
     明日も朝早いのですが、今夜はこれで寝落ち予定です。

  • 斬太さん、こんばんは(^^)

    このたびは、『ちんこんかん』に楽しいレビューをくださり、誠にありがとうございます✨✨✨

    真瑠璃の鈍感ぶりをフューチャーしていただけて、ニヤニヤしながら拝読しました!

    そして、今回のノートの記事ですが、十年ごしの完成だったのですね……本当におめでとうございます✨
    剣術を軸にしてあそこまで迫力のある現代ファンタジーを作り込むのはそれ相応の技量がないとできないものだとは思ってましたが、斬太さんの様々な積み重ねが物語を完成へと導いたということで感銘を受けました!

    実は『ちんこんかん』も二年前に数万字書いてお蔵入りさせたものを大幅リニューアルしたものなんですが、以前書ききれなかったものが書けるようになったことに、多少なりとも成長してるのかなと思ったりしていたのです。

    書き続けるって本当に大事なことなんだなあとしみじみ思っていたら……ネーミング!(笑)
    五代つながりってどれだけひねってるんですか(笑)
    しかもサンバルカンの人は役名じゃなくって俳優さんの名前って、マニアックすぎます(笑)

  •  ひまわりさん、こんにちは。

     『ちんこんかん』と書いてあって、死ぬほどびっくりしました。

    「もしかして、レビューに鎮魂館《ちんこんかん》って書いたかっ!?」

     ……ちゃんと《レクイエム》になってました。焦った(笑)。でも、みなさん、いえ全員、《ちんこんかん》って打ち込んでますよね。

     レビューのお礼、わざわざすみません。ちょっとさいきん、いろいろと忙しくてレビューを書くのが遅れてます。

     以前書けなかったものが、書けるようになったのは絶対、実力が付いたからですよね。しかも描写力だけでなく、構成力と演出力とかも。

     五代つながりは、……いえそんなひねったわけではなく、一条から思い付いて、五代にいきかけるのをコラえて、ああなりました。シリアスな話なんで、遊ぶわけにはいかなくて、ですね。
     ちなみに、俳優の五代高之さんは、けっこう普通のドラマにも出ていた有名なひとなんです。

     あと、そういう遊びが好きでお暇がありましたら、ぼくが書いた板野かもさんの『アニマライザー』のレビューもチラ見してください。全戦隊のキーワードをぶちこんだんですが、正直燃え尽きました。

  • こんばんは(*^_^*)

    実はしっかり読ませていただきましたよ(笑)
    アニマライザーのレビュー!!
    私も拝読中の作品ですが、斬太さんの後にレビューを書ける気がしません(笑)

    そして、こちらのノートに板野さんが全力でツッコミにいらしているのにも吹きました(笑)
    お二人ともレッドさん(焔)ばりに熱い!熱すぎます🔥🔥🔥

    リュウソウジャーはどうなりますかねー?
    キョウリュウジャーやジュウレンジャーとの差別化をどのようにつけていくのか興味津々です(*^_^*)

  •  おお、読んでいただけましたか、ぼくの力作を。
     でもあれで、他の方がレビュー書きにくくなったら。却って邪魔でしたかね。いや、そんなことはないはず。みんなの思いはひとつですよ。

     基本板野さんは、コメント返信とかレビューのお礼とか、あんまりしない方なんですが、食いつくときは光速できますね。アニマライザーの歌詞が「セイザーXですか?」とコメントしたら、五分もたたずに返信きたときは、マジで吹きました。

     リュウソウジャーは、まだ観るかどうか分からんのですが、たぶんジュウレンジャーやキョウリュウジャーとの差別化よりも、リュウケンドーとの差別化に心を砕いているのでは?(笑)
     きっと竜騎士のイメージなんではないかな?と思っているのですが。

  • 雲江さん、こんばんは(●´∀`)

    この度は、「ブラッディ・ショコラ」にレビューをいただきましてありがとうございます。童話とか、さらにはホラーにも見えましたか? でも怪しげな雰囲気が出ていたのでしたら良かったです(笑)イメージカラーみたいな雰囲気が出ていたらなぁと思ってまして。

    ありがとうございました!

  •  こんばんは、小鳥遊さん。わざわざどうも。

     ホラーのようでもあり、童話のようでもある。なんかこういうの流行ってますね。他でも見たことあります。が、「ブラッディ・ショコラ」は時間経過が特徴的でしたね。あとはオチが。
     短編なので、レビューには書きませんでしたが。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン