※報告というより心情の吐露のような物ですので、そういうのが苦手な方はブラウザバックをお勧めします。














 どうもミレニあんです。

 僕がカクコン棄権してから約二ヶ月が経ちました。今の状態は……まぁよろしいかよろしくないかというと後者になるかもしれません。

 カクコンの作品を凍結したのはストーリーの不備(この辺は以前の近況ノートに書いてますのでそちらを)云々だったとは言いましたが、正直言えば目的半分でした。本当の所はエピソードを増やしていくにつれ、読者やPVの数が減っていく事に耐えきれなかった……そんな感じです。

「そんなのどの作者でも同じ」とお思いでしょうが、当作品が二十話目になって応援数2なんてという事があって……多分ですが、序盤はともかく中盤が尻窄みになっていく傾向にあるんだと思います。

 この成績がカクコン作品だけでなく以前のもそうだったので「自分の作品はその程度のレベルなんだ」と思うようになってきまして。そのせいかカクコン棄権した後、もうお払い箱だから筆を折った方がいいという考えがよぎってきました。ほぼ毎日のように。

 でもその一方でアイデアが思い浮かんでは描きたいとも思ってくる事もありました。やはりどんなにアレになっても創作者というのを捨てきれないのかなと。

 また時間を置いた事で、自分の作品の事が分かってきたと思います。色々とありますが、「作品の完成度を高める努力をしていない」という事です。

 なのでもし新作を描くことになった時、次のような決まり事をしていきたいと思います。

・以降コンテストにエントリーしない。

 改めて自分はコンテストに出場してもメリットがないと思いました。自分の実力ではコンテスト側の思う面白さを出せない、応募条件の十万文字を描くために完成度を落としてしまうなど。
 なのでコンテストには一切エントリーせず、気ままに書いた方が得策と考えています。

・誤字脱字修正、ストーリー修正は徹底的にやる。例え投稿時間に遅れても構わない。

 自分の作品、誤字脱字が多いです。これは投稿時間に間に合わせようと焦りながら推敲しているからだと思っております。また早く物語を見せたいが為に、展開がおかしくなったりもします。
 なので毎日投稿とかそういう制約を気にせず、推敲を念入りにやっていきます。

・小説執筆が苦しくなったらやめてもいい。

 上記のように読者の数が少なくて執筆に支障が出たり、苦しく感じたりしました。
 そういう時はきっぱりやめます。苦しみながら描くよりもよほど健全だと思っておりますので。またその作品をどうしても完結したい場合は一から書き直す事もします。

 こんな感じで、今までの執筆スタイルを変えていけば、以前とは違う感じになるかと僕は考えています。
 ただこのように決まり事を記した訳ですが、今の自分は未だ執筆しようという勇気が出ません。
 小説を描きたい自分、描いても意味がないと思っている自分、また現実の事を優先しようと思っている自分が争っている気分で、要は何をすればいいのか分かっていない状態です。

 なのでまだ時間が必要なんだと思います。自分の事ですから、もしかしたら答えを出せずに時が過ぎたりもする可能性もあると思いますが、それでも考えたいです。
 またこのような自分を「苦しいのはみんな同じ、自分だけ可哀そうだと思うな」「目障り」とお思うかもしれません。それに関してはそう思っても構いません……というより誰かに相談する勇気がない自分はこうやって心情を吐露するしかないと覚悟もしております。

 言うなれば「誰かに知ってもらいたい」そんな気持ちがあると思います。

 長々と書き連ねてきましたが、ここで終わりにしたいと思います。今まで通りTwitterにいますので、これからもよろしくお願いいたします。