• 現代ドラマ
  • SF

猫カフェにゆくぞ!の巻

この週末は久しぶりに土曜の午後からぜんぶ休みになりました!嬉!

「書かないと意欲がたまるよ」と言われたのはその通りで、何かをしたくて作りたくて書きたくて、土曜日は朝からソワソワしてました。そして仕事終わったら、いざ!いざ!勇み立ちました。

まず何からしよう? 「ドラゴンフルーツ食べてみるぞ!」も捨てがたいが(来週のチャレンジしにしますね)、ここは前から気になってた、帰り道にある「猫カフェ」に行ってみようと思ったのでした。今日は4コマも合わせて、この報告をしてみます。後で短編も公開するつもりなので、久しぶりに全部のせの休日です。ですが、んん、ちょっと間に合うかな…。

・・・

猫! 猫を題材にしたお話ならいくつか書いていますが、実物に触れるのは何年振りだろう? そしてお構いしてくれるところになんて行ったら、どんな風にしたらいいんだろう? なんだか自分の立ち位置が想像つかなくて、ソワソワドキドキします。女の子がいるお店とかに行ったらこんな風にときめくのかな。などと不埒なことを考えつつ、お店のゲートを一つ、二つと通り抜けます(注:猫脱出防止)。

まず受付で登録。30分で1200円。ドリンク一つ付きます。お昼過ぎのお店はお客さんも少なく、ちょっとホッとします。「初めてなので」などとソワソワする僕に、ベテランそうな女性の店長が優しく説明してくれます。あ、保護猫ちゃんのお店なのね、ここ。

僕は勝手に、カリカリの入った餌袋をもらって、餌付けするかの如く過ごすのかと思っていたのですが、そうではないのでした。

カラオケボックスのような窓のついた個室。餌やりの都合で、成猫(一歳以上)と子猫(未満)に分けられています。最初に成猫の部屋に入ってみたのだけど、午前中に遊び疲れていたそうで、眉毛猫ちゃんも黒猫ちゃんも、高いところでスヤスヤしていました。初めてのことでちょっとドキドキしていた僕は、その寝顔をまじまじと見つめます。

うわ、ちょっと、ほんとに猫じゃん。
スースー寝てる。

ようやく落ち着きました。そこで勇気を出して、今度は子猫部屋に行きます。

なんで最初にこちらに行かなかったのか? それはすでにその部屋には若い女性の先客がいて、きゃあきゃあ楽しそうに子猫の群れと戯れていたからなのでした。

子猫たちは跳ねる跳ねる! 5匹ぐらいのぴょんぴょんしてる奴らの真ん中で、フルフル棒を持ったお姉さんが、あんいやん可愛いとウキウキ膝立ちでお構いしています。「お邪魔してもいいですか」と頭を下げて入り口のゲートを通り部屋の中に座ります。するとお姉さんは、子猫独り占めを悪いと思ったらしく、「ほら、行ってあげて」とぴょんぴょん達をこちらに向かいけしかけてくれました。

うっわ、来る来る、子猫ちゃん達が!←ニャアニャアワールド状態(懐かしい)

ちょっと腰がひけていたのは最初だけで、僕はすぐに夢中になりました。何そのひたむきなつぶらな瞳は! 何その一生懸命なくせに気まぐれにそっぽを向く態度は! ああ、こんなに構われたくてモテたくて切ない気持ち、すごく久しぶりだよう。

子猫と言いましたが、もう結構大きいのです。んー、ちょっと抱えるくらい? 4コマに描きましたが、これ、あんまり似ていません。どの猫ちゃんももっとスリムでスタイルが良くて、そして全然無駄鳴きしないのでした(4コマでは絵的に映えるように鳴かせてしまいましたが)。

抱っこもしました! ほんと猫ちゃん達はなで肩で、くにゃくにゃのふにゃふにゃなのでした。そしてスルリと逃げる。クゥーっ、そそられるぅ。いやん逃げないでー。

そんな風に夢中になっていたのですが、気がつくと部屋はお客さんだらけになっていたのでした。実は僕はかなりの「招き猫体質」で、空いたお店に入ると混雑してくるのです。しかしこの状況は…。

僕以外全員女性で、皆さんスカートを気にもせず床にぺたん座って、いやん猫ちゃんだめよう可愛い、とメロメロになってます。うわ、ちょっと何この桃色状況。すいません皆さん、ここに男性がいますよー?おーい?ハロー?

そんなわけで、気弱な僕は存在を気づかれる前にそそくさと退散したのでした。甘いお話のヨムカクが好きな僕ですが、そこに入るのは別問題なのでした。ああ、女の人ってもう。

お店を出ると、午後の日差しはまだ明るいのです。あー、楽しかったけど、次はもっと女の子の少なそうな朝に行こう。それにしても、何じゃあの異空間は。まだドキドキしてるよ。はー疲れた。もう家帰ってルマンド食べよう。

・・・

こんな感じでした! 何か思わぬ桃色体験になってしまったのですが(本当なんです笑)、猫カフェ、思いのほか!のステキ時間でした。もしもまだ行ったことがないって方がいたらお勧めします! 無人コンビニよりか楽しいです! にゃーん!

あ、女の子ばっかりだったのは多分偶然です。気になる方は僕と一緒に行きましょうね。とりあえず満員猫カフェは体験できますよ笑。

それではまた来週! あー楽しかった!

10件のコメント

  • にゃんこだー!かわいい〜♡(←猫好き)
    私、幼い頃に実家で13匹猫を飼っていました。もう、どこにでも猫がいる状態で、賑やかでしたね(笑)でも、猫カフェには、まだに行ったことないので、いつか行ってみたいです。
    女神ちゃんのヤキモチも可愛い♡

    wazzさんのチャレンジ報告。いつも楽しみにしてます。体も休めつつ、楽しんでくださいね!
  • 雪桜さん、こんばんは。猫カフェでふにゃふにゃになってきましたー!

    猫はいいですね! なんとかその魅力をイラストに落とし込もうとするのですが、うまくいかないのでした。実物はもっとスリムで、滑らかで、かわいいです。僕がしかしリアルに寄せて描くと、エジプトっぽくなってしまうのです。今回は諦めて太めに描きました笑。

    しばらくお絵描きサボっていたら、すごい下手になっていてびっくりしました。女神ちゃんが全然可愛く描けない。仕方ないのでソファーに座らせちゃった。

    13匹の猫! すごい、それなんか絵本のタイトルにあった気がするぞ。それとも行進するんでしたっけ。ともかくそんなに家にいたら、ぴょんぴょん、目まぐるしそう! あと、常に生傷絶えなそう笑。でも昼間ねこねこワールドに浮遊してきた今、そんな猫まみれの生活も悪くないんじゃないか、そう思ってる僕がいます。

    そいつら、みんな寝てる胸の上に乗ってくるのかな? 死にそう笑。

    しばらくの間、僕の忙しさは休憩のようです。ちょっと遊んで、ちょっとチャレンジして、ちょっとカクに一生懸命になります。グニグニ悩んでる長編をどうするか決めたい。

    ラブコメのお話、明日しにいきますね。今日はもう寝ます。おやすみなさーい!
  • wazzさん、こんばんは
    (*´ω`*)

    ニャンコ可愛い(*/∀︎\*)イヤン

    wazzさんの四コマはほっこり温かく、ニマニマしてしまいます
    (*´ω`*)

    いいな〜ネコカフェ♡

    コロナ禍に入ってから私は暫く動物に触れ合っていません。
    YouTubeの癒し動画を見るだけじゃ限界があります。う〜、私もモフモフしたいようっ。

    wazzさんの四コマと文章に癒されました。(*´ω`*)
    ありがとうございます。
    スネ気味女神ちゃんも可愛い♡

    私は夜はめっちゃ早く寝る事が多いので、いつも真夜中に目が覚めた時にお邪魔しています。では二度寝します。おやすみなさい
    ヾ(*′ω`*)。゚o+。ぉゃすみぃ。+゚o。(*′ω`*)ノ゙
  • やまさん、おはようさんです! こちらはもう朝です。←どちらじゃ

    6時ってまだ暗い。そんな季節になりましたね。また寝そうになりました。

    コロナ禍。猫カフェにとっては厳しい状況だったかも。僕がいた状況は確実に密だったから(なんじゃあの状態。女子校に一人転校したら、僕は間違いなくやせ細ります。ハーレム楽しめない損な性格)。でもランニングコストかかりそうな雰囲気だったからね。実際料金は思ったよりも高い感じだったし。

    僕の行ったところは「保護猫カフェ」で、飼い主さんに譲渡しするのを一番の目的にしてます。長毛の猫ちゃんはいなくて、でもどの猫ちゃんも素直な性格だった(ああキジトラちゃんのすっとした表情が目に浮かぶ)。よい飼い主が見つかるといいな、と思いました。

    猫を描くのは難しいですね! いかにイメージで描いてるかを自覚しました。本当はもっとすっとして、くるっとして、滑らかなんです。…ああ!またエジプトの猫みたいになっちゃう!←ピラミッドの壁画のことね

    やまさんの描いた絵を思い出します。あんな風に優しさを乗せて描くのは、なかなか難しかった。

    絵ってすぐに下手になっちゃう。見てわかる分だけ、カクよりも下手になる度合いが激しいです。もちょっと毎日描くようにしよう。

    そうか、夜中に来ていただいてるのか…。じゃあ夜中に合う作品を用意しないとね。んー?ホットミルク的な? ホラーじゃないよね。

    それでは、今週も楽しく頑張りましょう!
  • 四コマ。嫉妬してる女神ちゃんが可愛いですね(*´艸`*)♪

    猫カフェ、楽しかったようで良かったです!
    良いですよねー。
    モフモフとのふれあい!
    癒やされます!!
    楽しい経験でしたねヽ(=´▽`=)ノ♪

    >無人コンビニよりか楽しい
    分かる気がします。
    無人コンビニは便利だけど無機質ですもんね。
    猫カフェとは真逆のコンセプトっぽい(笑)
  • 新巻です。

    猫ちゃん可愛いですね。
    私は割と動物に好かれないタイプなので、猫カフェだとシャーッて威嚇されそうな気がします。

    ドラゴンフルーツは当たり外れが大きいので、美味しいのにあたることを祈ってます。個人的にはホワイトよりもルビーの方が好みかな。

    インタビュー記事お読み頂いてありがとうございます。
    ハリスは渋メンになりました。
    なんか当たり前のことしか言えてなくて恥ずかしいです。
    努力が実る形になりましたが、運の要素は強いと思ってます。せっかくなので、この機会は目いっぱい堪能するつもりです。

    引き続きお付き合いくださいませ。
  • ばびぶさん、近況に来ていただいてありがとです! なんかねこねこで盛り上がってしまって、つい女神ちゃんの気持ちを走らせてしまいました。どうなるこの恋!←ノープラン(またか)

    猫カフェはねえ、実は入るのに相当勇気がいりました。入り口で躊躇して、躊躇して、たまたま別のお客さんが来た時に、引っ張られるように「えいや!」と入ったんです。「二名さまですか?」と当然聞かれました笑。しかしなんだろこの躊躇は。そんなところからすでに新鮮な、ワクワクのチャレンジでした。

    でも結構男性客って多いそうです。そのせいだからか、変な目で見られることはなかったのです。店長さん、男性の方がどハマりするような口ぶりだったなあ。どうやら彼らは女の子がメロメロするのを目当てに来ているのとは違うみたい。殺伐とした日常を癒しに来てるんだろうね、純粋に。(不純なのは僕だけか…だってさあ、あの状況!←なんか釈明したい)

    猫はねえ、本当に何考えてるか分からなかったです。よっぽど犬の方が感情豊かですね。実家で飼ってたけど(最後は逃げられた)、しょげたり嬉しがったりしますもんね。でも猫は超然としてる。媚びない。それだからこそ、甘えられたいなあと強く思ってしまうんですね。ああ、なんか操縦されてる気がする。

    無人コンビニに足りないもの。それは確かに癒しですね! ときめく仕掛けがないと、客足は遠のくだろうなあ。仕掛けか…例えば全商品を美少女に擬人化して、売上を競わせるというのはどうだろうか…。

    wz「あ、僕のイチオシ、ルイ・ボス子ちゃん(ルイボスティー)、あと少しで今週の飲料部門売上のトップ10に入りそう! 待ってて、買っちゃう買っちゃう!」←大人買い(重い)

    ああでも、チョコモナ子ジャンボちゃんも捨てがたいなあ。ばびぶさんはどの商品(こ)が好きですか? それではね!←そして妄想の夜は更ける
  • へもんさん! 晩御飯にロース、買いましたか? あ、豚じゃなくて牛を買った? うんまあそうだよね! ひーん泣!(「相手が自分と同じ金銭感覚だと思うな」マルクス)←うそ

    ハリスも渋メンになりましたが、へもんさんもこのところちょっとおすましのような? いいんです、かっちょよくなりましょう! ああでもなんだろうこの気持ち。さっきからへもんさんを見てると、胸が苦しいの。←晩飯食べ過ぎ(胃が苦しい)

    猫には嫌われそうな予感? でも、同じネコ科でよければ、ライオンちゃんとか、タイガーちゃんだったら、へもんさんが面はゆい顔で手を差し伸べれば、喜んで駆け寄ってきてくれますよ? よだれ状態で。必死!ライオンカフェ!

    ああん!ドラゴンフルーツのことはまだ内緒にしていて!情報統制中なの!(セルフで) …ってか、何、ホワイト&ルビーって? おかしいな、あれってポケモンだっけ? 謎が謎を呼ぶドラゴンフルーツ! 週末のチャレンジを乞うご期待!

    (ああちょっとはしゃぎすぎました笑。へもんさんこれからもよろしくね)
  • いーなー猫カフェ🐱🐱🐱🐱🐱🐱❤
    私も最近友達の家の猫と犬を触りに行きましたが、まーーーーーー可愛かった!!!なんか薄汚れた気持ちも浄化される感じがしますよねー。
    私も猫の出てくる話書いたことありますが、猫が人食うやつ(残酷描写)でしたので今度は可愛いやつ書きたいです。
    四コマ書けてすごいなぁ。にゅうってされた猫の顔かわいいです🐱
  • 古川さん! 読んでいただきました! まだまだねこねこの余韻に浸ってるwazzwallasisです! にゃーん!(職場ではやらないよ)

    今回のチャレンジで分かったこと。それは『実物に勝るものなし!』ということでした。僕は朝夕の通勤の道で割と毎日猫を見るのです。だから(ドキドキしてたけど)猫カフェ、猫自体にはそんなに初めて感を抱いていなかったのです。

    だけどね、違いました。

    やっぱりこちらを意識してくれて、触らせてくれて、遊んでくれて、甘えてくれて。それは見るだけとは大違いの体験でした。ああ、これが猫だった、忘れてた、ほんとに忘れてたんだよ。←♪ルルル〜(感動のBGM)

    なんか「遊んであげる・遊んでもらう」という感覚も久しぶりで、ためらいを吹っ切ったら、本当に心が浮かぶようでした。素直に笑えてたかも。ああ、これが癒されるって感覚かしら。←♪ルルル〜(感動のBGM再び)

    今まで僕が書いてた猫ちゃんのお話が、いかにイメージで書かれたものかを痛感しました。ちょっと反省。

    古川さんの「人をくった猫」のお話はすごそうですね。血みどろ?爆発?くらげ浮遊? 可愛いやつ書くなら、妹猫ロボ大爆発かな?←全部のせ(メロンパンツ忘れた) でもそろそろ新作来るかな? 楽しみに待ってます。

    あ、4コマ描いてみますか?古川4コマ見たい見たい!(焚き付けてみました)
コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン
投稿する