申し訳ないです。ヴァーサス・リヴァイアサンの方は消させてもらいました。
さすがに、ラノベ主体の場所で更新するのは勿体無いなと、思うようになり、本腰入れて書いてるものなので、どうせなら他の賞に出してしまった方が有益だなと。ケチが着く前に撤退しました。

 現在は他の短編の賞を見つけたので、そちらを書いてます。スター・フィッシュは引き続き載せていきますが、ちょっと時間がかかってしまうと思います。結局、まずは結果を出していくことが大事なので、そちらに集中したいです。

 カクヨムも色々回りましたが、異世界転生モノみたいなノリはどうしてもついていけないのですよね。流行りなのでしょうけど、それは若い人達に任せます。正直、こういうノリなら漫画の方が向いてると思いますし、それなら漫画を素直に描きます。もともと、自分は漫画畑の人間で、漫画表現では難しい。または、できないものを小説に求めていましたので、漫画のような小説を書いたら本末転倒(笑)

 そして、漫画では出来ない、小説しかできない表現を求めてやってきたのに、肝心のラノベは、その唯一の強みである背景描写や心理描写を極端なまで省略・排除してしまっていたので「本当に大丈夫なの?」と不安を覚えています。そこでイキってラノベは漫画よりどうのなんていうツイッターのユーザー発言を見ては、目を白黒させてます。いや、好きにすればいいけど、若気の至りって怖いなと。

 とりあえず、また応募の作品を書き終えてから、スターフィッシュの続きを書いていこうと思います。初めはラノベぽさを意識したせいで、おかしなことになっているので、少し構成を見直さないといけないなと。