外部のとある応募に間に合わせるため、連日連夜書き続けた結果、なんとか脱稿。日にちに少し余裕があるので、推敲しながら見直しをしたい。勿論、枚数制限があるので、500文字ほど余らせておいた。

 これも、カクヨムで一話一万文字以上を目安に書いてたお陰。枚数の目測が咄嗟にできたのが幸いした。途中「これだと、話が収まらないぞ??」と、機転を利かせて、前半を大幅にカットしたのが良かったと思う。個人的にもそれなりに満足できる出来になったし、あとは結果がどうであれ、自分の作品群に加えられるような短編になった。

 文章的なテクニックもついても、まだまだ伸び代が期待できそうなので、今後は参考になりそうな本や小説を読んで、言葉集めにも励みたいと思う。とりあえず、終わり次第、まずはリヴァイアサンの手直しつつ、スター・フィッシュの続きを書いていきたいと思う。