現在は『画商のガラクタ』と『皇帝になりました。』の2作品を同時執筆中です。

2つともほとんど内容が違うので、良い気分転換になるかなと思いまして。。。

まあ、2作品で共通している点と言えば、芸術関連ということでしょうか。
『画商のガラクタ』はまさにタイトル通り美術を扱っている作品なので
芸術と聞いてピンと来る方が多いかと思いますが、
『皇帝になりました。』は少し首をかしげる方が多い気がします。

それもそのはずです。
芸術に関係しているって公言したことありませんでしたから!!

実は、『皇帝になりました。』の前作である『人質になりました。』は
かの有名なカエサルの著書、『ガリア戦記』からヒントを得て
書き始めた作品なんですよね〜〜
(結局、ガリア戦記自体は途中で挫折してしまいましたが笑笑)

そんなわけで、美術と文学、これが2作品の共通点といえば共通点です。

そうした背景にも目を向けながら読んでいただけると、
書き手としては大変嬉しいです。

それでは2作品、カメ更新だとは思いますが、
何卒よろしくお願いいたします!!