皆さんこんにちは。カーナビを使わずにドライブに出たら目的地とは反対の県に出てしまった、胡乱ヶ原・F・ニヘラです。

先週から始まった、大河ファンタジー小説『ジータ』、満を持して二話が更新されましたね。

そこでそこで、「早く二話が読みたい!」「一話なんて読んでられねえぜ」という方のために分かりやすく一話をまとめてみました。


ジータ=十歳くらいのお姫様が主人公です。でも、一話の時点でお姫様じゃ無くなります。ただの無力な女の子です。
彼女は王族の娘なんですが、ま、早い話クーデターに巻き込まれて落ち延びてしまうんですわ。これ、王族のつらいところね。

で、そんな女の子を助けたのは傭兵のイーヴォ。こっちも主人公です。ダブル主人公ってやつですな。まあ、スクライドみたいなもんですよ。違うか。

イーヴォはお城に雇われていた傭兵なので、クーデターを起こした奴らからすれば敵なんですね。

なんかクーデターは成功したっぽい!
戦局は不利!
となれば逃げるしかねえ!

で、そこで「逃げようとしているお姫様」と「とんずらしようとしている傭兵」が出会ってしまうわけですよ。

敵に囲まれてるよ、どーすんの?
十歳の女児とマスケット銃しか持ってない傭兵。彼らは生き残れることが出来るか……?

というのが一話のお話だったと思います。

詳しくは一話読んで下さい!

で、面白かったら二話も読んで下さい!

よろしくね!

では、来週も更新するので読んでね!

一週間なんてすぐだからな……。



今週の胡乱な格言
「一週間なんてすぐだからな」