翡翠のエンヴレイム、やはり設定が弱いなぁと最近よく思います。あとは序盤のインパクトというか、掴みですかねぇ_(:3 」∠)_出したいシチュエーション、設定が使われないまま1部が終わっちまったYO!!

そんなお悩みのせいなのか、はやすぎる五月病のせいなのか、第2部の執筆がまったく進んでいない状況なので修復が効くうちに第1部をガッツリ改訂していこうかな?なんて考えております。
タイトルどころかキャラの外見や性格まで変わってたりするかも笑
ついでに文字数も減らせたらいいな…無理かな…減らすつもりが逆に増えてたりするんだよな…妖怪のせいかな…

よーし、少しでも面白いと思ってもらえる、読み続けてくれる方を増やせるようにつんつるてんな脳みそを捻りまくるとしましょう!

でも今日はもう寝ます(´・p・`)もうねむい…
おやすみなさいまし!