少々話題に出すのが遅い気もしますが、ロイヤルティプログラム、いよいよ開始されましたね。広告を見た時は、ついにこの時が来たかって思いました。
自分は登録していませんが、参加されている方から嬉しい報告が聞けるのをまっています(#^^#)

この取り組みで収入を得るためにはエピソードの閲覧数が重要。同じ人が繰り返し閲覧する場合は別のようですが、つまりはPVの多い作品ほど多く収入を得られるシステムのようですね。



ところでみなさん、公開している作品で、PVが一番多いのは何話ですか?
少なくとも自分は、ほとんどの作品で1話目のPVが一番多いです。あと最終話も結構伸びる事があります。
しかし、中には例外もありました。以前にも似たような事を近況ノートで取り上げたような気がしますが、今回はそれとは別の作品。自分にとって初のエッセイである、『商業高校の想い出がいっぱい』です。

これは、どういうわけか二話目のPVが一番多くなっています。しかも、次に多い一話目のPVの倍近くあります。
これが、第一話がプロローグとかならまだ分かるんです。ですがこの作品は、自分がかつて通っていた商業高校の面白おかしく、時に下らない想い出を綴った、ストーリーの流れなどまるでないものになっています。なのにいったいなぜ(´・ω・`)?

不思議に思って、改めて第二話のタイトルを見てみました。そのタイトルはと言うと……
『女子が多いとこんなことになる 体育の着替え事情』

えーっと、PVに貢献してくれたみなさん。まさかとは思いますが、もしかしてお色気的なものを想像されたのではありませんか?
こちらはあくまで自分の実体験を綴ったもの。そんなものあるわけないじゃないですか。どちらかと言うと、男子の苦労を書いた話となっています( ̄▽ ̄;)
興味を持たれた方は、一度読んでみてはいかがですか?(宣伝です)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889430161



自作の宣伝で終わるのもアレなので、最近始まった連載で気になるものの紹介を一つ。告井凪さんの、『ムーの戦士はキミのためになんでもする』です。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054891938331

木の声が聞こえるという女子高生と、ムーの戦士の生まれ変わりと言う設定を聞くだけでなんだこれと思うようなお話。どんな中二病だと突っ込みたくなりますが、それが意外な展開に……
まだ始まったばかりですが、早くもそれぞれのキャラが立っていて面白いです。

元々、作者様の書くキャラクターはどれも魅力的で、以前に書かれていた『未分類魔法クラフト部』でも、登場人物一人一人が物語を引っ張っていってました。
そんな作者様の書かれる新作、気になる方は読まれてみては?