僕と若葉とサッカーボール、時々ラーメン

短編で書いたのが二年前の五月

長編化しようと思い立って続きを書き始めたのが去年の十一月

ポツリポツリと更新させて頂きながら、ようやく完結できました。

気がつけば五千文字だった短編が、十一万文字の話になりました、これもお読みいただいた皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。


長編化しようと思ったきっかけは、さだまさしさんの曲、「僕にまかせてください」を久しぶりに聴いたことでした。

カズの墓前で綾彦と若葉に将来の報告をさせるシーンを書きたいがために、長い長い話になりました。お付き合いいただいた皆様には本当に感謝いたします。


次は地味子の話を完結させねば、と思っていますが……、いつになることやらです。

6件のコメント

  • 地味子ってあの地味なヒロインのことでしょうか。
    それとも賢い人だけに見える投稿作的なものがあるのでしょうか。
    どちらにせよまずは魔王様を(笑)

  • ブハハハハ、魔王である。
    もう一年以上姿を見せておらぬが魔王である。

    我輩が知らぬあいだに平成とやらが終わるらしい
    あの作者め我輩を平成に封印し、令和とやらが始まった途端、しれっと「完結済み」のボタンを押すつもりであったらしいが、そうはさせぬわ!

    東京オリンピックまでには魔王の地位にしがみつき、開会式で恐怖のズンドコ節に落としてみせるので待っておれ、ブハハハハ



  • ユーリさま、おはようございますっ!

    と、早朝よりあたりをはばからぬ大きな声でご挨拶、つばきでございます♩

    GWをお楽しみのなか、拙作「影法師がひとつになるとき」をお目通しくださり、応援コメントに感無量なレビュー、そしてお★さままで頂戴いたしまして、誠にありがとうございます!

    と、これまた大きな声で御礼申し上げます♡

    パーフェクトに予定調和な物語。
    やはり恋愛モノは照れくそうございます。

    心より御礼申し上げます♫
    あ、これはささやくように。

  • いつも楽しく「春色のアルペジオ ORIGIN-赤い彗星前夜-」を読ませて頂いています。澤井さんが公国の公女なのに身分を隠していた訳が詳しく書かれていてとても興味深いです。若かりし頃のラルがとてもチャーミングなおっさんだったのにも好感が持てました。しかし陰謀を企てた清水くんが公告の新たな支配者として君臨していく様子には全国2億のアルオジ・ファンから抗議が上がっています。その証拠にさっき見たらアルオジ公式が炎上してました。私はそれを見てこう思いました。「なんだ、日本人って全員ロリコンじゃん」と。

    話は変わりますが、
    拙作に懇親の評レビューを頂いて有難うございましたm(_ _)m
    寝ても覚めてもサビ家に復習を誓う身として本心から感謝しています。

  • アルペジオおもしろい!!



    以上ッ。


  • 軍師どの、ありがたき幸せにござりまするm(_ _)m

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン