『2150年鹿児島の旅』と
『修士論文『召喚魔法における召喚対象と術者の関係性について』』
を改稿のため、一旦取り下げます

『2150年鹿児島の旅』は別のところに投稿する予定です


『修士論文『召喚魔法における召喚対象と術者の関係性について』』は、関係性が曖昧だったので、『魔法大学院第三呪術研究室』に繋げて連載します。

 よろしくお願いします

トクロンティヌス